コラム

 公開日: 2011-09-12 

大切な命を守るには… ~マネーの母の今日の一言~

9月10日は世界自殺予防デー。
それに伴い、10日~16日までは自殺予防週間として、各地で相談会が
実施されています。

毎年3万人以上にも上る自殺者。
20歳代・30歳代では死亡原因の1位となっており、特に今年
4月~6月の自殺者数は、東日本大震災の影響からか、前年同期の
5~21%ほど増えており、自殺のリスクは高まっていると言えます。

自殺の原因は大きく分けて3つ
●健康上の問題
●経済・生活上の問題
●人間関係

ただ、多くの自殺者は、心の中では「生きたい」という気持ちとの間で
激しく揺れ動き、心理的に追い込まれていく中で、救いが入るのを
待ち望む心が下記の【自殺のサイン】となって表れており、
いかに早くそのサインに気付き、それぞれ問題に応じた専門家に
相談させるかが、命を救う結果に繋がります。

 【自殺のサイン】
1.気分が沈む・自分を責める・仕事の能率が落ちるなどうつ病の症状がある
2.原因不明の身体の不調が長引く
3.酒量が増す
4.安全や健康が保てない
5.仕事の負担が急に増える・大きな失敗をする・職を失う
6.職場や家庭でサポートが得られない
7.本人にとって価値あるもの(職・地位・家族・財産)を失う
8.重症の身体の病気がある
9.自殺を口にする
10.自殺未遂に及ぶ

また、身近に相談できる人や場所があれば、「自殺をしたい」と思っても、
深刻な状況になる前に、解決できる事でしょう。
しかし、意識調査の中で、自殺をしたいと思った事がある人の中で、
相談した事がない人が60%と、相談する事への抵抗や、精神疾患や
精神科医療に対する誤解や偏見が根強く存在するのが現実です。

自殺は防ぐことができます!

皆さんの周り(あなた自身)でサインを出している人はいませんか?
見つけたら、すぐ相談・受診を促してください。
一人一人が自殺予防の主役となる事が大切なのですから…。

この記事を書いたプロ

ゆとりすと [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 朝原奈津枝

広島県広島市南区段原南2丁目3-28 AKビル202 [地図]
TEL:082-298-3700

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

浪費家なので、貯めれず困っていましたが、紹介して頂き、どこに出費が多いのか、改めて考える事が出来て、良かったです。朝原さんに、表にしていただいたり、保険の...

 
このプロの紹介記事
家計を元気にするプロ 朝原奈津枝さん

主婦の視点で家計をコンサルティングする「マネーの母」(1/3)

 マイホームが欲しい、貯金を増やしたい、子育てや老後の費用のことなど、誰もがかかえるお金の悩み。「ゆとりすと」の朝原奈津枝さんは、そんな私たちのお金に関する悩みを解決してくれるFP(ファイナンシャルプランナー)。南区段原にある独立系FP達...

朝原奈津枝プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

屋号 : ゆとりすと
住所 : 広島県広島市南区段原南2丁目3-28 AKビル202 [地図]
TEL : 082-298-3700

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-298-3700

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

朝原奈津枝(あさはらなつえ)

ゆとりすと

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
本当の金銭教育とは?

私事ですが・・・この仕事を始め14年目となりました。お客様の中にも、相談を始めて10年を超え、『ゆとりある...

[ 金銭教育 ]

お金の知識の有無で将来大きな差となる!

私事ですが…マネーバランスクリニックでの相談業務も13年目となり、 近頃は社会人になられたお客様のお子さまの...

[ 金銭教育 ]

国家財政と家計との関係

何やら難しいタイトルに拒否反応を示す方もいらっしゃると思いますが、是非最後までご覧頂き、ご自身の家計の未...

結婚も収入次第?

昨日、内閣府から発表された『結婚・家族形成に関する調査』は、「今」を反映しとっても興味深い結果となって...

人生100年?

昨日 世界保健機関から発表された「2011年版世界保健統計」によれば、09年時点の日本の男性の平均寿命は80歳...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ