コラム

 公開日: 2018-04-11  最終更新日: 2018-04-22

後悔しない中古住宅購入の為にする事とは?

今回は、<後悔しない中古住宅購入の為にする事とは?>についてお話をして行きます。

             写真 : 新築住宅の引渡し前「住宅診断」床下調査にて
床下の木屑
宅建法改正に伴うインスペクション業者斡旋の義務化がスタートしました。

今一番話題に登っているインスペクションに関する項目が二つ有ります。
 
①「建物状況調査」
②「安全R住宅」

この二つです。

どちらも中古住宅流通促進の為に、国土交通省が肝いりで策定したものです。

そもそもの事の成り立ちは、

空家住宅問題を解消する為に、

中古住宅流通促進をする為に考えられた施策が「インスペクション」だったはずです。

それをまとめた施策が、

平成25年6月に施行された「既存住宅インスペクション・ガイドライン」だったのです。

しかしその内容は、結果的には中古住宅流通促進の為とはとても言い難い内容になっています。

どちらも売主側(不動産業者、買取再販業者、リフォーム業者)の為の施策の様に思われます。

何故、言い切れるのか?

①の「建物状況調査」の報告書を見れば直ぐに判ると思います。

ただ単に、例えば判定基準が有るひび割れと床・壁の傾斜に関して説明しますと、

ひび割れに関しては、0.50mm以上のひび割れの有無と場所を記入しているだけ。

このひび割れがどんな原因でひび割れているのか? 

今後このひび割れはどうなるのか?

このひび割れの補修は早期に補修すべきなのかなど、

買主側にとっての知りたい情報がありません。

床・壁の傾斜に関しても、6/1000以上の傾斜の有無と場所を記入しているだけ。

その傾斜の原因が何なのか?

今後、この傾斜はどうなるのか?などが記入されていません。

傾斜に関して一番問題なのは、不同沈下の有無の項目が無い事です。

尚且つ、

既存住宅瑕疵保険の検査基準で測定方法で調査しますので、

6/1000の判定基準は、殆どクリアして、問題無しになってしまいます。

これは、大きな問題と思います。

この「建物状況調査」を元に、リフォーム工事をして売り出すのが 「安全R住宅」 なのです。

如何ですか?

劣化事象の原因までを報告すれば、中古住宅が売れなくなると思っているようです。

これでは、買主様サイドが安心して中古住宅を購入できるインスペクションでは有りませんね。

解決方法として

それでは、どうすればより安心して中古住宅が購入できるのでしょうか?

「住宅診断」の実績と経験を多く積んでいるインスペクション業者を探して、

床下・屋根裏に入っての調査を含めた「住宅診断」を依頼して下さい。

ここで注意が必要です。

インスペクション業者の中に、「建物状況調査」と「住宅診断」の違いが判らない業者がほとんどです。

依頼される時に確認する方法として、 「劣化事象の原因も調査・報告してもらえますか」 と聞いて下さい。

返事が、 「します」 と言い切る業者に依頼すれば、少しは安心です。

「住宅診断」とは

劣化事象の原因までを、目視で判る範囲で劣化事象の原因を調査し報告する事です。

「建物状況調査」は、ただ単に劣化事象の有無を調査し報告するだけで、

買主様サイドが知りたい情報(劣化事象が今後どうなるのか?早期に補修する必要が有るのか?など)が有りません。


今回は、これで終わります。

◆関連記事として
既存住宅インスペクション・ガイドラインの検証として
今後は「住宅診断」の重要性が理解される!
をご覧下さい。

ホームインスペクション(住宅診断)のご依頼、または建物状況調査のセカンドオピニオンのご依頼は、

当社ホームページのお問合せ又は電話(090-1183-5008)からお申し込みをして下さい。

この記事を書いたプロ

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社) [ホームページ]

一級建築士 菅雄治

広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL:082-273-2325

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
瑕疵・劣化事例
セメント瓦にコケが発生

瑕疵・劣化事例No.6◆今回は、築29年の木造住宅2階建ての劣化事例のお話をします。上の写真の様に、1階セメント瓦の屋根にコケが発生しています。この...

サービス料金

宅建業法改正に伴い、新しい料金設定に変更します。売主サイドが作成している 「建物状況調査」 などは、劣化事象の 「有無」 のみを調査し、報告書を作成して...

 
このプロの紹介記事
菅雄治 すがゆうじ

家を契約する前に、ホームインスペクション(住宅診断)で安心・納得の購入を!(1/3)

 皆さんは、ホームインスペクション(住宅診断)のことをご存知でしょうか?「ホームインスペクションとは、新築・中古にかかわらず、住宅のコンディションについて目視による検査を行い、その住宅の劣化状況や、補修すべき場所、またその時期などを客観的に...

菅雄治プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

ホームインスペクション(住宅診断)

会社名 : Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)
住所 : 広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL : 082-273-2325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-273-2325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅雄治(すがゆうじ)

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
③「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、前々回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。         ...

[ 買主様の為の「建物状況調査」 広島 ]

新たな「建物状況調査」の疑問?
イメージ

今回は、分譲マンションの「建物状況調査」の疑問についてお話をしてみます。            下の写...

[ 買主様の為の「建物状況調査」 広島 ]

②「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、前回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。          ...

[ 買主様の為の広島建物状況調査 山口 ]

①「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。            下の写...

[ 買主様の為の広島建物状況調査 山口 ]

中古住宅を購入する時の注意点その五
イメージ

今回は、中古住宅を購入する時の注意点その五として、住宅設備の各給水栓からの漏水の有無を簡単に確かめる方...

[ 買主様の為の住宅診断広島 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ