コラム

 公開日: 2018-04-06  最終更新日: 2018-04-08

「建物状況調査」の意義を追求した結果として

今回は、平成25年6月に国土交通省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を検証し、

「建物状況調査」の意義を追求してみました。

「既存住宅インスペクション・ガイドライン」の検証として

今回のガイドラインの対象としているのが、

下記の、見取図で分かり易くしている国土交通省が作成したポンチ絵を見て頂き、
ガイドラインポンチ絵
その中の一次的なインスペクションである既存住宅現況検査が、黄緑色の範囲です。

その下の主な利用場面に、赤い線で囲っている「中古住宅の売買時に補修工事の必要性等を把握しようとするとき」に注目して下さい。

※この文章の内容は、とても重大な事を秘めています。

補修工事の必要性等を把握しようとする行為は、

補修工事の必要な箇所の有無を調べる事です。

その箇所が、補修工事が必要かどうかの有無を調べる事は、

その原因を突止めてから、補修が必要かどうかの判断になるはずです。

分かり易く言いますと、

劣化事象が確認された場合、その劣化事象が経年劣化によるものか? 

または、何かの瑕疵が原因で劣化を起こしているか等によって、補修工事の必要性等の有無が変わってきます。

ここ迄調査する事で、初めて補修工事の必要性等を把握する事になると考えます。

この事を頭に入れておいて、

下記の赤い四角で囲っている中のアンダーラインを読んで下さい。
ガイドライン基本
現況検査には、「瑕疵の有無を判定すること」を要しないと書いています。

しかし、劣化事象の原因を調べて行けば、自ずと瑕疵かどうかの判定をする事になります。

この二つの相反する矛盾を、どの様に解釈したら良いのだろうか?

上記のポンチ絵の二次的なインスペクションで有る「既存住宅診断」を新たに依頼して

劣化事象の原因を把握してから補修しなさいという事なのだろうか?

このポンチ絵から判断すると、その様に理解せざるを得ませんね。

でもこの考えには無理が有ります。

ポンチ絵には、二次的なインスペクションの例に、「耐震診断等」が挙げられています。

例えば、ひび割れの原因をインスペクションする事と、耐震診断をする事が同列にするのは疑問に思います。

■この事を解決する方法として

劣化事象の原因を調べる方法を、

目視を基本とした非破壊でインスペクションする方法までを一次的なインスペクションとして、

一次的なインスペクションで原因が分からない場合には、

特別な機器など又は調査に必要な部分を破壊するインスペクションを二次的なインスペクションにすれば、

耐震診断と同列にしても違和感が無いのではないでしょうか。

つまり、「既存住宅現況検査」を失くし、一次的なインスペクションを「既存住宅診断」にして、

二次的なインスペクションを「詳細住宅診断」にすれば、

全てが明快に解決し、買主サイドに取っても財布に優しくなる為に、

既存住宅流通促進に拍車がかかると思われます。

現状の考え方として

「既存住宅現況検査」から「既存住宅状況調査」になった経緯は、

検査資格を建築士だけに絞る為に名称が変わりましたが、

元々の、既存住宅インスペクション・ガイドラインの基本は変わっていません。

つまり、「建物状況調査」も、最初に説明した矛盾のまま宅建業法改正が施行されています。

建物状況調査の結果の概要の裏面の「注意事項(共通事項)」には、

「1.本調査結果は瑕疵の有無を判定するものではなく、瑕疵がないことを保証するものでも有りません。」と書かれています。

本当に、「建物状況調査」は、劣化事象の有無だけの調査の様です。

結論として

平成25年6月に国土交通省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を作成する最初の頃は、

純粋に、中古住宅流通促進の為のインスペクションは、瑕疵の有無を判定する迄と考えていたのではないでしょうか?

それが段々、お役人様の天下り先の企業からの要望を入れ始めたが為に、

何の意味も持たない、「建物状況調査」になってしまったのではないかと推測します。


今回は、これで終わります。

◆関連記事として
「建物状況調査」は「まやかし」そのもの!
「建物状況調査」の結果報告書の見方について
広島県の「住宅診断」はY&Y住宅検査に!
をご覧下さい。

ホームインスペクション(住宅診断)のご依頼、または建物状況調査のセカンドオピニオンのご依頼は、

当社ホームページのお問合せ又は電話(090-1183-5008)からお申し込みをして下さい。

この記事を書いたプロ

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社) [ホームページ]

一級建築士 菅雄治

広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL:082-273-2325

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
瑕疵・劣化事例
セメント瓦にコケが発生

瑕疵・劣化事例No.6◆今回は、築29年の木造住宅2階建ての劣化事例のお話をします。上の写真の様に、1階セメント瓦の屋根にコケが発生しています。この...

サービス料金

宅建業法改正に伴い、新しい料金設定に変更します。売主サイドが作成している 「建物状況調査」 などは、劣化事象の 「有無」 のみを調査し、報告書を作成して...

 
このプロの紹介記事
菅雄治 すがゆうじ

家を契約する前に、ホームインスペクション(住宅診断)で安心・納得の購入を!(1/3)

 皆さんは、ホームインスペクション(住宅診断)のことをご存知でしょうか?「ホームインスペクションとは、新築・中古にかかわらず、住宅のコンディションについて目視による検査を行い、その住宅の劣化状況や、補修すべき場所、またその時期などを客観的に...

菅雄治プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

ホームインスペクション(住宅診断)

会社名 : Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)
住所 : 広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL : 082-273-2325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-273-2325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅雄治(すがゆうじ)

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
③「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、前々回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。         ...

[ 買主様の為の「建物状況調査」 広島 ]

新たな「建物状況調査」の疑問?
イメージ

今回は、分譲マンションの「建物状況調査」の疑問についてお話をしてみます。            下の写...

[ 買主様の為の「建物状況調査」 広島 ]

②「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、前回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。          ...

[ 買主様の為の広島建物状況調査 山口 ]

①「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。            下の写...

[ 買主様の為の広島建物状況調査 山口 ]

中古住宅を購入する時の注意点その五
イメージ

今回は、中古住宅を購入する時の注意点その五として、住宅設備の各給水栓からの漏水の有無を簡単に確かめる方...

[ 買主様の為の住宅診断広島 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ