コラム

 公開日: 2018-02-17 

住宅診断で「サッシ・木製建具」の何を調査するのか?

今回は、ホームインスペクション(住宅診断)で「サッシ・木製建具」を調査する時は雨戸なども一緒に調査しますので、

サッシ・木製建具、雨戸などの何処の何を、どの様に、調査して行くのか?を、実例の写真で説明していきます。

サッシ・木製建具、雨戸などの調査する項目として

以下の項目意外にも有りますが、実情に即した項目です。
◆玄関ドア、勝手口の開閉具合の調査  (開閉作動による)
◆サッシ・木製建具の開閉具合の調査  (開閉作動による)
◆雨戸の開閉具合、窓手摺固定の調査  (開閉作動などによる)

今回は、この3項目について説明します。

◆玄関ドア、勝手口の開閉具合の調査として
主に見る箇所はドアチェックです。ここの調整が悪いとドアがバタンと閉まったり、最後まで閉まらない事が有ります。
ドア自体が枠との擦りの有無、そして玄関引き違い戸の場合は、枠との上下の隙間を調査していきます。

①これは、玄関ドアのドアチェック部分の写真です。
ドアチェック

②この写真は、リフォーム後の勝手口ドアのアームストッパーの施工未済の事例です。
ドアストッパー

③この写真は、勝手口ドアで一番よく見られる瑕疵事例です。
勝手口ドア開閉不良
勝手口ドアを閉めるのに、両手を使わないと閉められない場合がたまに有ります。
特に勝手口の場合は、開閉調査を見逃す事が有りますので、必ず開閉をしてみて下さい。

④この写真は、玄関引き違い戸の上下の隙間の事例です。
左下に隙間
玄関引き違い瑕疵
右上に隙間
玄関引き違い瑕疵
原因は柱が6/1000右に傾斜していた事です。



◆サッシ・木製建具の開閉具合の調査として
縦枠とサッシ、戸の上下の隙間の開き具合が違えば、縦枠又は敷居に傾斜が有る瑕疵の可能性が高いです。
他のサッシ、建具も同じ方向に隙間が発見されるようで有れば、不同沈下の可能性も出てきます。

①サッシ及び内障子が同じように左下に隙間が有る写真です。(反対の方は右上が同じように隙間が有りました。)
サッシの写真
サッシ左下隙間

内障子の写真
内障子左下隙間
ここの場合は、敷居が左に9/1000傾斜していました。
畳の部屋は、床の傾斜計測ができませんので、
敷居で床の傾斜の傾向を診ていきます。

②サッシの調査をする時に発見できる瑕疵の事例として
この写真は、サッシの結露による水シミ跡の事例です。
結露のシミ
窓枠の水シミの原因として他に考えられるのは、雨漏りです。
雨漏りの水シミ跡か、結露による水シミ跡かは、サッシの廻りの状況も考慮に入れなければなりません。

この写真は、サッシの結露の後にカビが発生した事例です。
結露によるカビ
こまめに掃除をしていればカビまでは発生しないのですが、
カーテンに隠れて発見されにくい所では有ります。

③ドアの扉が鴨居、敷居に擦るなどの事例です。
この写真は、扉の下が敷居に擦る事例です。
敷居の擦り
この様に敷居と擦る原因は、丁番が緩んでいる時以外の場合は、
床に傾斜沿って敷居も傾斜しますので、床の傾斜の瑕疵を想定して床の傾斜測定に注意を払います。

この写真は、戸襖が湿気及び、戸の表裏の温度の違いで反ってしまい、柱と擦っている瑕疵の事例です。
戸襖擦り



◆雨戸の開閉具合、窓手摺固定の調査として
①雨戸の開け閉めの瑕疵の多くは、長い間開閉していない事が原因ではないかと考えます。
なので、サビが発生している雨戸も少なくはありません。

この写真は、よく見かける鍵が作動しない瑕疵の事例です。
雨戸鍵

この写真は、雨戸の補強スチール材のサビの事例です。
雨戸サビ

②窓手摺の固定状況を調査して行きます。
この写真は、窓手摺の壁との固定部分の写真です。
窓手摺

今回の内容はどうでしたでしょうか?

次回は、住宅設備機器についての予定です。


今回は、これで終わります。

◆関連記事として
住宅診断で「外部取付金物・給排水」の何を調査するのか?
広島県の「住宅診断」はY&Y住宅検査に!
をご覧下さい。

ホームインスペクション(住宅診断)のご依頼、または建物状況調査のセカンドオピニオンのご依頼は、

当社ホームページのお問合せ又は電話(090-1183-5008)からお申し込みをして下さい。

この記事を書いたプロ

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社) [ホームページ]

一級建築士 菅雄治

広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL:082-273-2325

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
瑕疵・劣化事例
セメント瓦にコケが発生

瑕疵・劣化事例No.6◆今回は、築29年の木造住宅2階建ての劣化事例のお話をします。上の写真の様に、1階セメント瓦の屋根にコケが発生しています。この...

サービス料金

宅建業法改正に伴い、新しい料金設定に変更します。売主サイドが作成している 「建物状況調査」 などは、劣化事象の 「有無」 のみを調査し、報告書を作成して...

 
このプロの紹介記事
菅雄治 すがゆうじ

家を契約する前に、ホームインスペクション(住宅診断)で安心・納得の購入を!(1/3)

 皆さんは、ホームインスペクション(住宅診断)のことをご存知でしょうか?「ホームインスペクションとは、新築・中古にかかわらず、住宅のコンディションについて目視による検査を行い、その住宅の劣化状況や、補修すべき場所、またその時期などを客観的に...

菅雄治プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

ホームインスペクション(住宅診断)

会社名 : Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)
住所 : 広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL : 082-273-2325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-273-2325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅雄治(すがゆうじ)

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
③「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、前々回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。         ...

[ 買主様の為の「建物状況調査」 広島 ]

新たな「建物状況調査」の疑問?
イメージ

今回は、分譲マンションの「建物状況調査」の疑問についてお話をしてみます。            下の写...

[ 買主様の為の「建物状況調査」 広島 ]

②「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、前回に続き「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。          ...

[ 買主様の為の広島建物状況調査 山口 ]

①「建物状況調査」を上手に利用しよう!
イメージ

今回は、「建物状況調査」を上手に利用しよう!についてお話をして行きます。            下の写...

[ 買主様の為の広島建物状況調査 山口 ]

中古住宅を購入する時の注意点その五
イメージ

今回は、中古住宅を購入する時の注意点その五として、住宅設備の各給水栓からの漏水の有無を簡単に確かめる方...

[ 買主様の為の住宅診断広島 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ