コラム

 公開日: 2017-11-09 

新築分譲住宅を購入する時の注意点とは?

床下大引のカビ

今回は、新築分譲住宅を購入する時の注意点について、分かり易くお話していきます。

ごく最近までは、住宅を購入しようかなっと考え始めた人が最初にする事は、

住宅展示場に行き、有名どころのハウスメーカーの住宅などを見に行き、

素晴らしい住宅設備などを見学して夢を膨らませます。

しかし、現実問題(注文住宅の値段、実際の予算など)にすぐに直面します。

注文住宅に手が届かないと思った方が次に行うのは、

不動産業者が建てて売る、新築の分譲住宅のチラシなどを見て、

自分の予算と住みたい地域が合致する分譲住宅を探し、実際に見学しに行きます。

ここで一つ考えて欲しい事

地域性にもよりますが、広島では特に、不動産業者自身が建てて売る事は珍しく、

ほぼ、建売住宅を専門に建てる工務店に依頼して建てます。

つまり、人気の工務店は年間100棟とか150棟を建てています。

新築の分譲住宅の販売価格は、ほぼ相場が決まっている事が多く、

不動産業者が分譲住宅用の土地を仕入れる時は、販売価格を想定して土地を購入します。

えぐった言い方をしますと、分譲住宅に適している土地は競争が激しく、

少々値段の高い土地を購入してでも分譲住宅を販売しないと、不動産業者のお金が回らなくなります。

先にお話した様に、地域地域で分譲住宅の相場が決まっていますので、

高い土地を購入したシワ寄せはどこに行くと思いますか?

そうです。

工務店に分譲住宅を発注する金額にシワ寄せが行きます。

不動産業者に人気の工務店は、他の工務店より安く建てる事が出来るのです。

と言うか、多くの分譲住宅を発注してもらう事を条件に安く請け負うのです。

この事が、次の問題を引き起こしています。

現状の建築業界の問題として

工務店は、仕事が増えるので、現場監督を新しく募集します。

しかし、住宅業界で特に分譲住宅の現場監督の仕事は、「きつい」「汚い」「辛い」のです。

つまり、現場監督を募集しても、若手中堅の現場監督は来ないのが実情です。

今いる現場監督の人数で、多い現場をやり繰りしなくてはなりません。

これが何を意味しているか? お分かりですね。

多くの分譲住宅現場の実情として

実際の問題として、

現場監督が、それぞれの現場全体を見切れない状態なのです。

職人に任せきりの状態が増え、それが普通(麻痺してしまい)になってしまい、分譲住宅は完成しています。

職人は職人で、安い単価なので、それなりの仕事になってしまう事を、

注意する現場監督がいないのです。

また、現場の納まりなどを聞きたいと思っても、現場監督がいないから自分流になってしまいます。

大袈裟な事と思われているかもしれませんが、これが現実なのです。

新築分譲住宅を購入する時の注意点として

新築の分譲住宅で、比較的まだ良いと思われる建物は、後から手直しが出来る雑な工事までです。

建築基準法違反とか、フラット35仕様になっていない工事とか、

瑕疵保険の推奨する納まりになっていない工事をしているのを気付かずに購入している方がいます。

これらの事を少しでも事前に分かる様にする為には、

契約する前に、ホームインスペクション(住宅診断)を依頼して下さい。
(契約した後では、解約しようと思っても違約金を支払う事になります。)

特に、床下・屋根裏に入っての詳細検査を依頼する事です。

新築住宅だから安心ではないのです。

ホームインスペクション(住宅診断)のご相談は、ここををクリックしてお問合せに書き込み送信して下さい。

この記事を書いたプロ

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社) [ホームページ]

一級建築士 菅雄治

広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL:082-273-2325

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
瑕疵・劣化事例
セメント瓦にコケが発生

瑕疵・劣化事例No.6◆今回は、築29年の木造住宅2階建ての劣化事例のお話をします。上の写真の様に、1階セメント瓦の屋根にコケが発生しています。この...

サービス料金

■安心・納得して中古住宅 ( 耐火建築物以外 ) 購入の為のセット料金として ◆築20年を超える場合 ( 「既存住宅瑕疵保険」に加入する事で「住宅ローン減税」を...

 
このプロの紹介記事
菅雄治 すがゆうじ

家を契約する前に、ホームインスペクション(住宅診断)で安心・納得の購入を!(1/3)

 皆さんは、ホームインスペクション(住宅診断)のことをご存知でしょうか?「ホームインスペクションとは、新築・中古にかかわらず、住宅のコンディションについて目視による検査を行い、その住宅の劣化状況や、補修すべき場所、またその時期などを客観的に...

菅雄治プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

ホームインスペクション(住宅診断)

会社名 : Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)
住所 : 広島県広島市中区江波西1丁目6-35 [地図]
TEL : 082-273-2325

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-273-2325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅雄治(すがゆうじ)

Y&Y住宅検査 (運営会社:Y&Y株式会社)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
インスペクションに対する宅建士様の認識として
イメージ

今回は、宅建業法改正を間近にしている宅建士様の間違った認識のお話をして行きます。私が、今年の8月か...

[ 建物状況調査 ]

インスペクション専用の賠償責任保険について
イメージ

今回は、来年4月に宅建業法改正に伴うインスペクション業者の斡旋 ・ ・ ・ に対するインスペクション...

[ ホームインスペクション(住宅診断) ]

中古住宅を購入する前の知識として

今回は、中古住宅(既存住宅)を購入する前に、知っておきたい情報を分かり易く説明して行きます。是非、購入後...

[ ホームインスペクション(住宅診断) ]

売主側のインスペクションって大丈夫なの?
イメージ

今回は、「売主側のインスペクションは大丈夫なの?」についてお話をして行きます。来年4月に宅建業法改正...

[ ホームインスペクション(住宅診断) ]

インスペクションと言っても色々有るけど、違いは何?
イメージ

今回は、インスペクションと言っても、色々有りますが、中古住宅に関連したインスペクションについて説明して...

[ ホームインスペクション(住宅診断) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ