コラム

 公開日: 2016-06-16 

窓が取れない洗面所

間取りをいろいろ考えたけど、洗面やトイレがどうしても窓が取れないところになってしまうなんてことはよくありますよね。

居室(常に人がいる室)と比べるとどうしても優先順位が下位になってしまう洗面やトイレの窓。もちろん通風や換気も取りたいですが、窓があることによる明るさ感や開放感は居心地に大きな違いを生み出します。

欄間越しに外光を取入れる


窓のない洗面所に外光を取入れるガラス欄間を設けた例。
天井がつながることで広がりを感じます。視線と音と臭いは遮断し、光だけを洗面所に取り込みます。ガラス欄間がなければいつも薄暗い場所となりますが、外光が入ってくれば全く印象が異なります。

視線を遮断するフィルム付ガラス壁



窓のないトイレに外光を取入れるためガラス壁とした例。
ガラスには視線を遮る乳白色のグラデーションフィルムを貼っています。視線高さ以下ではシルエットもほとんど分かりませんが、天井あたりはほぼ透明となっています。(1枚目:トイレの中から、2枚目:トイレの外から)

ガラスフィルムは住友3Mなどのメーカーが様々な透過性や意匠のものを販売しています。透過性などの確認は、実際建築途中に現地でサンプルをあててみて確認することをお勧めします。

直射日光を入れないトップライト


窓のないキッチンにトップライトを設けた例。
トップライト上部はガラス屋根がかかったサンルームとなっていて、直射日光が射し込まず漏水リスクが非常に小さい作りとしています。照明を使用していない状態でもキッチンをほんのり明るくしてくれています。




「うーん、どうしても窓を設置できないな・・・。」
諦めなくて大丈夫です!
工夫すれば外光を取り込み明るい居心地の良い場所にすることができますよ。

この記事を書いたプロ

高野俊吾建築設計事務所 [ホームページ]

建築家 高野俊吾

広島県広島市南区仁保新町1-7-9 [地図]
TEL:090-9377-6082

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高野俊吾プロ

機能性やデザイン重視 環境に配慮(1/3)

 “根拠をもったデザイン”をモットーにする高野さんは、設計事務所で経験を積んだ後、2013年に高野俊吾建築設計事務所を設立しました。風の流れを設計して自然換気を促し空調負荷を抑える吹き抜けや、直射日光を遮断し間接光を取り入れる窓廻りなど、ひ...

高野俊吾プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

根拠あるデザインで納得の建物を設計・提案します。

事務所名 : 高野俊吾建築設計事務所
住所 : 広島県広島市南区仁保新町1-7-9 [地図]
TEL : 090-9377-6082

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9377-6082

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高野俊吾(たかのしゅんご)

高野俊吾建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住宅の温熱環境改善リノベーション -効果を予測するシミュレーション-
イメージ

 改善メニュー 2020年、東京で56年ぶりのオリンピックが開催されますね。それに向けて色々諸問題が発生して...

[ シミュレーション ]

これどこだ?CMやドラマなどでよく見る建物
イメージ

 これどこだ? 「これあそこだな。」仕事柄、CMやドラマなど観ていると撮影した場所(建物)が分かったり、...

[ 時事 ]

カープ優勝の立役者!? マツダスタジアム
イメージ

 優勝おめでとう!! 25年ぶりの優勝!おめでとうございます!広島はカープ優勝の余韻が冷めやらない中、...

[ 時事 ]

雑誌に掲載されました
イメージ

 KJ(建設ジャーナル) 2016年10月号  9/15発売の建築専門誌 KJ 2016年10月号に弊事務所が設計...

[ 作品 ]

黄金町バザール2016 空間デザインコンペ 次点入賞
イメージ

 提案パース -屋根を解体し、緑あふれる屋上の創作スペースを提案-  悪名高い街からアートのまちへ ...

[ プロジェクト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ