コラム

 公開日: 2016-04-05  最終更新日: 2016-05-20

オリジナル床材

地域の材を活かしたリサイクル材


廃瓦テラゾタイル

少し前、廃棄すべき食材を転売して利益を得ていた業者が世間を騒がせましたが
こちらは廃棄する予定の石州瓦を再利用したテラゾタイル(擬石)。
島根県に竣工したクリニックのために製作したオリジナルの床材です。

地域の材を活かしたものが使えないかと考え、石州瓦メーカーが廃瓦の再利用を模索することに目を付けて、テラゾタイルの種石に使うことを提案し実現しました。
強度と平滑性は非常に高い製品で、石州瓦の茶とコンクリートのグレーなどが混ざり合わせた柔らかい色味を狙っています。また、外部は表面をブラスト加工し滑りにくい仕様としています。

テラゾタイルの製作メーカーが近郊で見つけられず、輸送コストがかかり結果的に石以上の単価になりましたが、一般タイル以上石以下となれば、製品化も可能だと思います。


製品化すればよいなと思います。

廃瓦テラゾタイルを使用したロビー

今回提案を受け入れ、協力いただいた石州瓦メーカーは㈱丸惣さん
http://www.kawara.co.jp/

この記事を書いたプロ

高野俊吾建築設計事務所 [ホームページ]

建築家 高野俊吾

広島県広島市南区仁保新町1-7-9 [地図]
TEL:090-9377-6082

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高野俊吾プロ

機能性やデザイン重視 環境に配慮(1/3)

 “根拠をもったデザイン”をモットーにする高野さんは、設計事務所で経験を積んだ後、2013年に高野俊吾建築設計事務所を設立しました。風の流れを設計して自然換気を促し空調負荷を抑える吹き抜けや、直射日光を遮断し間接光を取り入れる窓廻りなど、ひ...

高野俊吾プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

根拠あるデザインで納得の建物を設計・提案します。

事務所名 : 高野俊吾建築設計事務所
住所 : 広島県広島市南区仁保新町1-7-9 [地図]
TEL : 090-9377-6082

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9377-6082

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高野俊吾(たかのしゅんご)

高野俊吾建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住宅の温熱環境改善リノベーション -効果を予測するシミュレーション-
イメージ

 改善メニュー 2020年、東京で56年ぶりのオリンピックが開催されますね。それに向けて色々諸問題が発生して...

[ シミュレーション ]

これどこだ?CMやドラマなどでよく見る建物
イメージ

 これどこだ? 「これあそこだな。」仕事柄、CMやドラマなど観ていると撮影した場所(建物)が分かったり、...

[ 時事 ]

カープ優勝の立役者!? マツダスタジアム
イメージ

 優勝おめでとう!! 25年ぶりの優勝!おめでとうございます!広島はカープ優勝の余韻が冷めやらない中、...

[ 時事 ]

雑誌に掲載されました
イメージ

 KJ(建設ジャーナル) 2016年10月号  9/15発売の建築専門誌 KJ 2016年10月号に弊事務所が設計...

[ 作品 ]

黄金町バザール2016 空間デザインコンペ 次点入賞
イメージ

 提案パース -屋根を解体し、緑あふれる屋上の創作スペースを提案-  悪名高い街からアートのまちへ ...

[ プロジェクト ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ