コラム

 公開日: 2016-08-25  最終更新日: 2016-08-29

黄金町バザール2016 空間デザインコンペ 次点入賞

提案パース -屋根を解体し、緑あふれる屋上の創作スペースを提案-

提案パース -屋根を解体し、屋上のアトリエを提案-

悪名高い街からアートのまちへ

横浜市中区にある黄金町。ご存知でしょうか?

↓こんな少し変わった街並みのところです。↓

黄金町の街並み
黄金町の街並み

実はここはかつて売春・麻薬街として悪名高い街だったのですが、今世紀に入り警察による一掃作戦と地域住民の努力により、近年はアートのまちとして生まれ変わりつつあります。

若手アーティストをまちに呼び込み、地域住民とコラボレーションをすることでアートによってまちの再生を試みています。

↓試みの一環、高架下にスタジオやライブラリー、広場などをつくっています↓

高架下に付加されたスタジオ
高架下に付加されたライブラリー

その取り組みとして2008年から開催されているアートフェスティバル「黄金町バザール」。
9回目となる今年は「黄金町バザール2016 -アジア的生活-」として開催されます。
http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2016/

まちにくわえる


黄金町バザールの中では、アーティストやクリエーターによって創りだされる空間によりまちの機能を加えていくプログラム「まちにくわえる」の一環として、空間デザインの公募を行っています。

今年は、下の写真の建物(元違法風俗店舗)をアーティストのアトリエスペースへとリノベーションする作品提案を募集するものでした。

リノベーション対象の建物

育てながらつくる、つくりながら育てる


リノベーションの範囲は1区画、幅:1間(約1.8m)×奥行:3間(約5.5m)の2層分(1Fと2F)。

幅も狭い・天井も低いという既存の状況で、2階の床を撤去し2層吹抜けとして自由度を高めて仕組みなどを提案するという案が多いだろうと予測し、私たちはあえてそれとは異なる提案を行いました。

床面積は1階が3坪、2階を合わせても6坪しかありません。
とても小さいのにさらにその床を減らしてしまうことが良いことか?
また、与えられた与条件の限られた予算の中で改修範囲を限定する方が良いのでは?
と考え床を撤去しない提案としました。

床を取るのではなく、屋根を取り、壁を取る。そうすることで他とは違う外の環境の創作スペースが得られる。そう考えました。

光と風と雨の恵みがアーティストに必要な植物や生き物を育てアートを創り、そしてそのアートをまた育てる。育てて創り、創って育てる。そんな屋上はいつもまちに潤いや発見をもたらすだろうと考えました。

これは(アーティストを)育てながら(まちを)つくる、(まちを)つくりながら(アーティストを)育てる黄金町の取り組みをそのまま表しています。

結果は、最優秀には選ばれず惜しくも次点ということになりました。
次点の中でも最上段にありますので、実に惜しかったのかなとは思いますが、脆弱な造りの木造建物に対して、屋根を解体し土壌による荷重を増加させることが実現可能性が低いと判断されたのではないか(全くの推測です)と考えています。

提案断面

詳しくは下記をご覧ください。
http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2016/news/2016/08/20160802.html

ホームページ http://stado.jp/
メールアドレス shungo_takano@stado.jp

この記事を書いたプロ

高野俊吾建築設計事務所 [ホームページ]

建築家 高野俊吾

広島県広島市南区仁保新町1-7-9 [地図]
TEL:090-9377-6082

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高野俊吾プロ

機能性やデザイン重視 環境に配慮(1/3)

 “根拠をもったデザイン”をモットーにする高野さんは、設計事務所で経験を積んだ後、2013年に高野俊吾建築設計事務所を設立しました。風の流れを設計して自然換気を促し空調負荷を抑える吹き抜けや、直射日光を遮断し間接光を取り入れる窓廻りなど、ひ...

高野俊吾プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

根拠あるデザインで納得の建物を設計・提案します。

事務所名 : 高野俊吾建築設計事務所
住所 : 広島県広島市南区仁保新町1-7-9 [地図]
TEL : 090-9377-6082

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9377-6082

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高野俊吾(たかのしゅんご)

高野俊吾建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
間取り図だけでよいの?断面図の重要性
イメージ

 間取り図 小学生の頃、新聞の住宅広告に掲載された間取り図を眺めるのが好きで、分からないながらあれやこ...

[ 家づくり ]

住宅の温熱環境改善リノベーション -効果を予測するシミュレーション-
イメージ

 改善メニュー 2020年、東京で56年ぶりのオリンピックが開催されますね。それに向けて色々諸問題が発生して...

[ 家づくり ]

これどこだ?CMやドラマなどでよく見る建物
イメージ

 これどこだ? 「これあそこだな。」仕事柄、CMやドラマなど観ていると撮影した場所(建物)が分かったり、...

[ 時事 ]

カープ優勝の立役者!? マツダスタジアム
イメージ

 優勝おめでとう!! 25年ぶりの優勝!おめでとうございます!広島はカープ優勝の余韻が冷めやらない中、...

[ 時事 ]

雑誌に掲載されました
イメージ

 KJ(建設ジャーナル) 2016年10月号  9/15発売の建築専門誌 KJ 2016年10月号に弊事務所が設計...

[ 作品 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ