コラム

 公開日: 2011-10-03 

事例 「成年後見人の選任」

遺言書がない為、相続人全員での話し合い(遺産分割協議)が必要。
  しかし、相続人Dが認知症(意思決定能力がない)であり、遺産分割協議ができない状況にある。
  
 このケースの手続き的な処理の仕方は、
↓続きはこちら↓
http://www.souzoku-sc.jp/inheritance_case02.html

この記事を書いたプロ

相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所) [ホームページ]

司法書士 大野勲

広島県広島市中区上八丁堀8-26-204 [地図]
TEL:082-228-7211

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大野勳さん

相続手続・相続対策の全般をサポートする「相続の総合病院」(1/3)

 突然、相続問題が自分の身にふりかかったら何をどうすべきかご存知ですか? 経験をされた方なら、右往左往し大変な労力と時間が必要だと実感されたのではないでしょうか?「相続手続きは、誰にでも、どのご家庭にも必ず関わってくるものです」と、相続手...

大野勲プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所)
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀8-26-204 [地図]
TEL : 082-228-7211

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-228-7211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大野勲(おおのいさお)

相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事例 相続人は妻と亡夫の兄弟!

亡夫Aの兄弟から「亡夫A名義の不動産は先祖代々受け継がれてきた土地であり、お墓も仏壇も全てそこにある。先代の...

事例 連絡の取れない相続人を「直接訪問」!

死亡した夫と妻との間には、2名の子がいた。(長男と次男)しかし、長男はすでに死亡しているため、その子供が相...

事例「急死した妻に子供がいた!」

妻が急死。夫からの依頼により、預金の手続や不動産相続の手続をするために相続人の調査を行った結果、妻には離...

事例「失踪宣告の申し立て」

失踪者Aは遺書を遺し失踪。警察が現場捜査するも発見できず、現在まで音沙汰なしに7年が経過していた。問題とな...

事例 「自筆証書遺言の検認と遺言執行者の選任」

不動産の名義変更をするためには、法務局で「登記手続」が必要です。不動産の登記手続においては、「相続させる」...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ