コラム

 公開日: 2010-12-20 

カバチタレ!!のつぶやき


   【カバチタレ-若き頃は裏稼業??】
 週刊モーニングで、先週一つの章が完結した・・・
 このお話のつぶやき・・・

  初秋の頃だったか、『特上カバチ!!』の原作者田島くんからの電話あり。

 田島-『今度大野先生の若い頃を題材にしてカバチを書きたい』とのこと・・

『ついては極貧の生活から7つの異業種を転職し一念発起して資格を取ったと言う、単なる波乱万丈の成功物語では漫画としては面白く ないので、行政書士・司法書士に成る前のその仕事は裏稼業の事件屋として名を馳せ、加えて奥様にも 水商売で貢がせるような~~の設定としたいのですが如何でしょうか?』


大野-『フィクションの世界だとはいえ、一般の読者はある程度までは事実だと思い込んでしまう部分もあるんよね・・
こないだも得意先の若い営業マンが、-先生のところは相続手続きや登記関係で結構お忙しいのに、カバチタレに出て来るような仕事をこなすのはすごいですね-』
と感心されてしまったのには苦笑いしたが、『私の若い頃を裏稼業の事件屋にするのは100歩譲って何とかOKだが、妻の水商売で ウンヌンは絶対にダメだよ。』


田島-『分かりました、それでは奥様に替えて恋人で許可してもらえませんでしょうか?』


大野-『うぅん・・・まあそれならOKとしょうか・・・』


田島-『有難うございます-面白い連載にします』
 

こんなやりとりで始まった連載『大野所長の過去』は、漫画としては確かに面白い・・・
読者を引きつけるものが確かにある・・
しかし、やはりである!
とある得意先主宰の忘年会での複数参加者からこんな声があった。
『大野先生は凄いですね。』
『若い頃は凄まじい生き方だったんですね。』
『事件屋をされていたとは知りませんでした。だから迫力が違うんですね。』
などウンヌンと・・
 
大野-『一寸試してみませんか?例えば貴方から相続手続きサポートの依頼を受けて鳥瞰図的かつ、適格に処理する私のその生の姿を見て頂ければ、案外親しみ易い等身大の大野の姿が見えるとおもいますよ・・
と酒席ならではの軽い受け流し方をしたものである。
   
いずれにせよ、漫画カバチタレのモデルとなったことによってその認知度UPは間違いない事実なれど、これらの事はある種、笑って甘受すべきことなんだよなーと日々微苦笑する最近のカバチタレこと大野であります。


 この章を見逃した方は、単行本を・・・ 

この記事を書いたプロ

相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所) [ホームページ]

司法書士 大野勲

広島県広島市中区上八丁堀8-26-204 [地図]
TEL:082-228-7211

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大野勳さん

相続手続・相続対策の全般をサポートする「相続の総合病院」(1/3)

 突然、相続問題が自分の身にふりかかったら何をどうすべきかご存知ですか? 経験をされた方なら、右往左往し大変な労力と時間が必要だと実感されたのではないでしょうか?「相続手続きは、誰にでも、どのご家庭にも必ず関わってくるものです」と、相続手...

大野勲プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所)
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀8-26-204 [地図]
TEL : 082-228-7211

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-228-7211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大野勲(おおのいさお)

相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事例 相続人は妻と亡夫の兄弟!

亡夫Aの兄弟から「亡夫A名義の不動産は先祖代々受け継がれてきた土地であり、お墓も仏壇も全てそこにある。先代の...

事例 連絡の取れない相続人を「直接訪問」!

死亡した夫と妻との間には、2名の子がいた。(長男と次男)しかし、長男はすでに死亡しているため、その子供が相...

事例「急死した妻に子供がいた!」

妻が急死。夫からの依頼により、預金の手続や不動産相続の手続をするために相続人の調査を行った結果、妻には離...

事例「失踪宣告の申し立て」

失踪者Aは遺書を遺し失踪。警察が現場捜査するも発見できず、現在まで音沙汰なしに7年が経過していた。問題とな...

事例 「成年後見人の選任」

遺言書がない為、相続人全員での話し合い(遺産分割協議)が必要。  しかし、相続人Dが認知症(意思決定能力が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ