コラム

 公開日: 2017-05-06 

相続の話あれこれ~家族会議の重要性~

 ゴールデンウィークも残りわずかになりました。この間に、実家に帰って、家族水入らずで、あれこれ積もる話をされた方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。普段、一同に会する機会が減ってきている中、この機会というのは貴重な機会になってきています。
 さて、本日相続ということについて、家族で話すことの重要性についてのコラムを書きます。

1 相続のことは家族で話すべし

(1)これから先のことを決めるのは元気なうちにしかできない
 よく「私はまだ元気だから、もう少ししてから考えるよ」ということをおっしゃる方がいらっしゃいます。
 しかし、「もう少し」とはいつになるのでしょうか。
 今、元気な方でも、高齢になればなるほど、認知症等になってしまうなどして、しっかりとした判断を行うことができなくなる危険性が高まってきます。
 そして、むしろ今が元気であるからこそ、元気なうちに自らのこと、そして残される方々と、将来のことをしっかりと話しあっておく必要があります。
(2)自らが元気でなくなった後にもめないために
 厚生労働省の発表によると、日本人の平均寿命は男性80.75歳、女性は86.99歳で、過去最高を更新したとのことで、多くの人が長生きできるようになってきてはいますが、それであっても、人には誰しも寿命があります。
〇厚生労働省簡易生命表(平成28年版)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life15/index.html

【コラム】健康寿命と平均寿命

 そして、今、元気であるときに、自らのこの後の生活、そして自らが死んだあとのことを、残された家族としっかりと話し合っておくことがきわめて重要です。
 そうすることによって、残された方の間で相続をめぐる争い、よく「争族」と言われたりもしますが、これを防ぐことができます。

2 相続に関係してやってはいけないこと

 当センターにも色々な相談が来ますが、その中でもやってはいけないこととしてアドバイスをしていることをいくつか挙げてみます。 
 ①遺言を書かない
 以前は、「遺言は死を連想させるから縁起でもない」「(遺言を書けということは)私に早く死んでくれということか」などとおっしゃる方もいらっしゃったのですが、最近では、テレビで法律問題が取り上げられることなどもあり、そのようにおっしゃる方は少なくなってきています。
 残された人のために、「こうしてあげたい」という思いがある場合には、それを何かしらの形にしておくことは必要です。

 遺言がない場合、生きているうちに「実家は妻が生きているうちは妻に使ってもらいたい。その他の財産は長男にやってくれ」という希望を持っていたとしても、それを遺言などの形にしておかないと、その思いがかなえられないことも起こりうるのです。遺言が無い場合の相続については、残された相続人で話合いをして分け方を決めないといけなくなるので、どうしてももめごとになりやすいです。

 ②遺言を書いたとしても、そのことを誰にも伝えない
  遺言があったとしても、その内容を誰にも伝えない場合というのはよくあります。実は、これはもめごとにつながることがあります。
 特に自らが手書きで書く「自筆証書遺言」については、書いたあと、誰にも伝えずにしまっていたら、その後も誰も気づかない、ということになりかねないのです。専門家が「公正証書遺言」を勧める理由はここにあります。

(参考コラム)
 【コラム】遺言書の書き方
 【コラム】公正証書

 ③〇〇だけに全部財産をあげる、ということだけを書いた遺言
 よく「長男だけ(又は長女だけ)に遺言で全財産をあげる」という遺言を書きたいという相談があります。
 ただ、そうすると、長男や長女以外の相続人にとってみれば「なんで私には一円もくれないの」という不満を生むことになります。
 もし、生前に長男や長女に面倒を見てもらったから全部の財産をあげるんだ、という理由があるなら、そのことは遺言に書いていないと伝わりません(このことが書いてあれば、その他の相続人は「なるほど、そうだったのか」と思うこともありますが、書いていないと「やっぱり長男や長女だけをひいきにして・・・」となります)。
 思いがあるなら、しっかりと遺言に書いたり、生前にしっかりと伝えておいたりする必要があります。そうしておけば、いらない「争族」争いを防ぐことができるのです。

3 相続手続サポートセンターでは無料相談をやっています

(1)当センターのコラム
 当センターのコラムには色々な内容のコラムを掲載しています。
 http://www.souzoku-sc.jp/information.html
 当センターでは、判例の変更や法律の改正の動きも随時チェックしながら相談に対応しておりますので、分からないことや気になることがあればお気軽にお尋ねください(相談は無料です)。
(2)無料相談
 当センターは、相続についての相談はもちろん新しい資産承継の仕組みである「家族信託」についての相談も積極的に対応しています。分からないことがありましたら遠慮なくお尋ね下さい。

【コラム】家族信託をお考えの方へ

この記事を書いたプロ

相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所) [ホームページ]

司法書士 大野勲

広島県広島市中区上八丁堀8-26-204 [地図]
TEL:082-228-7211

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大野勳さん

相続手続・相続対策の全般をサポートする「相続の総合病院」(1/3)

 突然、相続問題が自分の身にふりかかったら何をどうすべきかご存知ですか? 経験をされた方なら、右往左往し大変な労力と時間が必要だと実感されたのではないでしょうか?「相続手続きは、誰にでも、どのご家庭にも必ず関わってくるものです」と、相続手...

大野勲プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所)
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀8-26-204 [地図]
TEL : 082-228-7211

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-228-7211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大野勲(おおのいさお)

相続手続サポートセンター広島(セブン合同事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内縁の夫婦間や同性カップル間に法定相続はあるか

 1 事実婚、同性婚の増加  最近は、家族関係の多様化が進み、事実婚や同性婚も増えてきたとされています。...

[ 相続関係 ]

法定相続分の払い戻しにかかる最高裁の判例紹介

 今回の最高裁判例について 新聞などで見られた方も多くいらっしゃると思いますが、平成29年4月6日に、法...

[ 相続関係 ]

相続に伴う「遺産整理」について

 遺産整理とは  みなさんは「遺産整理」という言葉をお聞きになったことはありますでしょうか。 「遺産整...

[ 相続関係 ]

家族信託がNHKで取り上げられました

平成29年1月27日のコラムにもあげさせていただいた「家族信託」。最近はますますよく聞くようになり、問合せ...

[ 相続関係 ]

配偶者の相続についての国の検討について

 1 国における検討  すでに新聞などで見られた方も多くいらっしゃるかもしれませんが、現在、法務省にあ...

[ 相続関係 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ