Q&A(このプロの回答)

増築を検討しています
マイベストプロ始めて見ました。こんなサイトがあるんですね。
父が来年、退職金を使って戸建ての実家の庭スペースを潰し、一部屋分ほど増築できないか検討しています。
その新しい部屋をリビングとして活用する予定と聞いているのですが、まだ発注や相談をどこにもしてません。
内装外装、その他も含めて事前に意識しておくべき点などあったら教えてください。
漠然としていてごめんなさい。よろしくお願いします。
投稿日時:2010-12-08 19:33:26
住宅

下田卓夫 しもだたくお

下田卓夫の回答

増築を考える際に重要なポイントは

はじめまして、一級建築士の下田と申します。

増築を検討する上で忘れがちなポイントがあります。

それは、建築基準法上で増築部分が、10.0m2を超えるかどうか?です。

増築する場合10.0m2を超えると確認申請が必要となります。

その場合、既存の住宅部分にも、現行の建築基準法が適用されます。

具体的には、筋交いや基礎など現行建築基準法規上の耐震性能が求められ、元々のお宅の築年数(当時の構造等の基準)によっては大規模な工事となります。

ちなみに、10.0m2というと約6帖の部屋程度です。

この6帖(10.0m2)を目安におく事がポイントです。

今回のご相談の場合、ご希望の増築を検討する上で、リビングのプランや現況の住宅とのつながりなど使い方や広さを事前によくご家族でご相談した上で、10.0m2を超えない様な方法を検討されると良いかも知れません。

その他、容積率や建ぺい率といってその土地に建てられる建物の大きさが決められています。こちらは、土地の立地や諸条件によって緩和がありますので、お気軽にご相談下さい。

回答日時:2010-12-10

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
リフォーム 事例集
イメージ

ご家族4人の夢と想いがつまった、築85年の古民家のフルリノベーション。ただ綺麗にするだけのリフォームじゃもったいない!古民家だけが持つ魅力を存分に引き出したい...

新築 事例集
イメージ

「芝屋根効果と遮熱で夏も涼しい、人と環境にやさしい木の家」こだわりポイント■ 子供も走り回れるひろびろ芝屋根(屋根全体が土、芝がのってます)■家全体をやさし...

 
このプロの紹介記事
下田卓夫さん

お客さまの夢や思いをさらに進化させ、理想を実現(1/3)

 自身の手で再生させたという築70年以上の古民家を事務所として活動する、建築設計事務所ラーバンは、広島市郊外の佐伯区五日市石内にあります。事務所名のラーバンとはrural(田園の)とurban(都市の)の合成語で、“自然と共存しながら、住む...

下田卓夫プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社ラーバン
住所 : 広島県広島市佐伯区五日市町石内943-1 [地図]
TEL : 0829-26-4188

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0829-26-4188

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田卓夫(しもだたくお)

株式会社ラーバン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ラーバンの感謝祭2012 今年も開催しました。
イメージ

毎年恒例の夏の感謝祭を、今年は9月8・9日に開催いたしました。ラーバンはおかげ様で設立17年を迎えました。これ...

[ 雑記 ]

「古民家で楽しむ子育て」古民家リノベーションが完成しました
リビング

ご家族4人の夢と想いがつまった、築85年の古民家のフルリノベーションが完成しました。ただ綺麗にするだけのリ...

[ リフォーム施工事例 ]

【店舗設計】古民家の古材を再利用・炭焼万作えびす通りがOPEN
古材を使った店舗設計・広島 万作 えびす通り 外観

設計・施工を一級建築士事務所ラーバンが手がけた飲食店「万作」が、2012年4月27日、広島えびす通りにオープンし...

[ 古民家再生 ]

建築士のまちづくり講座「実例に学ぶ!まちづくりの地域提案の手法」尾道商業会議所記念館にてフォーラムを行いました。
広島建築士のまちづくり講座

平成24年3月3日(土)、尾道商業会議所記念館(市重要文化財)にて行われた広島県建築士会が主催する、建築士の...

[ 受賞・メディア出演・フォーラム ]

【県産材を使った木の家づくり】は、都会に森を作ることと同じ?
【丸太製材】

地元の材木を使った木の家を作るということは、都会に森を作ることと同じだという考えがあります。何のことだか「...

[ 設計・家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ