コラム

 公開日: 2012-02-25  最終更新日: 2014-07-04

【県産材を使った木の家づくり】は、都会に森を作ることと同じ?

地元の材木を使った木の家を作るということは、都会に森を作ることと同じだという考えがあります。
何のことだか「?」と思われるかもしれませんね。

【丸太製材】
【丸太製材】


木は誰でも知っている通り成長する過程で二酸化炭素を吸って酸素に変えるかわりに炭素化合物を吸収しています。
これを「炭素を固定する」と言い、この機能を利用して、大気中の二酸化炭素を削減することが考えられています。
切り出して建築材として利用されても、木材は炭素を固定しています。建築材として利用するために新たにCO2を排出したりしません。
これが、木の家が「都会の森林」といわれる所以です。

一方の「新建材」は、化学的に加熱や合成・精錬・加工などのプロセスを行いますので、相当のエネルギー消費が掛かります。合板には接着剤が使われ、鉄やアルミニウムの生産には莫大なエネルギーが必要です。
エネルギーが掛かるという事は、それだけ二酸化炭素を排出し、自然環境に負荷を掛けているということです。
二酸化炭素を発生させないだけでなく、貯蔵できるというのは、木材だけの特徴なのです。

仮に木材を燃焼させてCO2を排出したとしても、それはもともと木が吸収して固定していた炭素が酸素と結びついてCO2になったのであり、プラスマイナスゼロだと言われています。
そういった意味でも木材は環境にやさしい建材だと言えるのです。

【間伐体験の取り組み】
【間伐体験の取り組み】


木造住宅を建てるには、床面積の10倍の森が必要とされています。
たとえば50坪の木造住宅を建てるには500坪の森が必要です。
木造住宅を建てたときの材木代金は今後500坪の森林の維持費に使われます。
そして約5トンの二酸化炭素を建物の中に貯蔵してくれるのです。

木材の循環を図り木の家が出来れば出来るほど木によってCO2は固定され、空気中にCO2を排出することはありません。
町が山の森と同じ役割を果たすことにつながります。


室内にもふんだんに木を使えば森のように室内の空気も美味しくなります。
それが都会に森をつくることなのです。


【広島県産材を使った住宅】


広島県は、県産材の利用拡大を図り、県内の健全な森林づくりを推進するため、広島県産の材木を使用した住宅の新築または購入に対する助成金制度を行っています。
現在この制度は多く活用され、地域の木を使う事で環境への負荷の少ない建築が広がっています。

地元の山の木に囲まれ伝統的な手法を取り入れた木の家は、確かな都会の森作りになっていくと思います。
広島の木を使った木の家づくりで、「木の家」という森が増えて行く事を目指しています。



 ホームページにはその他の事例もたくさん載せています
http://rurban-design.jp


------------------------------------------------------
一級建築士事務所ラーバン
Email:info@rurban-design.jp
Tel:082-926-4188
住所:広島県広島市佐伯区五日市町石内943-1
------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

株式会社ラーバン [ホームページ]

一級建築士 下田卓夫

広島県広島市佐伯区五日市町石内943-1 [地図]
TEL:0829-26-4188

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
リフォーム 事例集
イメージ

ご家族4人の夢と想いがつまった、築85年の古民家のフルリノベーション。ただ綺麗にするだけのリフォームじゃもったいない!古民家だけが持つ魅力を存分に引き出したい...

新築 事例集
イメージ

「芝屋根効果と遮熱で夏も涼しい、人と環境にやさしい木の家」こだわりポイント■ 子供も走り回れるひろびろ芝屋根(屋根全体が土、芝がのってます)■家全体をやさし...

 
このプロの紹介記事
下田卓夫さん

お客さまの夢や思いをさらに進化させ、理想を実現(1/3)

 自身の手で再生させたという築70年以上の古民家を事務所として活動する、建築設計事務所ラーバンは、広島市郊外の佐伯区五日市石内にあります。事務所名のラーバンとはrural(田園の)とurban(都市の)の合成語で、“自然と共存しながら、住む...

下田卓夫プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社ラーバン
住所 : 広島県広島市佐伯区五日市町石内943-1 [地図]
TEL : 0829-26-4188

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0829-26-4188

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田卓夫(しもだたくお)

株式会社ラーバン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ラーバンの感謝祭2012 今年も開催しました。
イメージ

毎年恒例の夏の感謝祭を、今年は9月8・9日に開催いたしました。ラーバンはおかげ様で設立17年を迎えました。これ...

[ 雑記 ]

「古民家で楽しむ子育て」古民家リノベーションが完成しました
リビング

ご家族4人の夢と想いがつまった、築85年の古民家のフルリノベーションが完成しました。ただ綺麗にするだけのリ...

[ リフォーム施工事例 ]

【店舗設計】古民家の古材を再利用・炭焼万作えびす通りがOPEN
古材を使った店舗設計・広島 万作 えびす通り 外観

設計・施工を一級建築士事務所ラーバンが手がけた飲食店「万作」が、2012年4月27日、広島えびす通りにオープンし...

[ 古民家再生 ]

建築士のまちづくり講座「実例に学ぶ!まちづくりの地域提案の手法」尾道商業会議所記念館にてフォーラムを行いました。
広島建築士のまちづくり講座

平成24年3月3日(土)、尾道商業会議所記念館(市重要文化財)にて行われた広島県建築士会が主催する、建築士の...

[ 受賞・メディア出演・フォーラム ]

【木の家づくり】家族を見守る大黒柱
イメージ

昔は、大黒柱のある立派な日本家屋が沢山ありました。大黒柱で支えている日本家屋では、1本1本の柱が梁などの横...

[ 設計・家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ