コラム

 公開日: 2016-12-08 

なぜ賞与を出しても従業員のやる気が上がらないのか

 従業員の仕事へのモチベーション(やる気)は業績に直結します。このことについて異論がある経営者の方は少ないと思います。

 従業員のモチベーションを上げるためには、どのようなものが考えられるでしょうか?

 一番始めに考えられるのは、給与や賞与の金額アップではないでしょうか?

 多くの経営者の方が「無理をしてでも賞与を出したのに従業員から感謝の言葉はない。むしろ不満さえ聞こえる。」という思いを持たれているのではないでしょうか?

 では、なぜ賞与の支給や昇給が従業員のモチベーションアップにつながらないのでしょうか?

 人は良い行動が出た後に、すぐに褒められると(褒め方は様々です)、その行動の出る確率やその行動が維持されることが多くなることが証明されています。
 たとえが動物で恐縮ですが、テレビで見る麻薬探知犬は、麻薬を探知してその隣に座ると即座に餌を与えられ褒められています。その結果その行動は維持されているのです。
 これを人に置き換えると、たとえば、「会議で発言する→褒められる→会議で積極的に発言する」というようになるでしょう。
 一方、「会議で発言する→空気を読めと怒られる・頭ごなしに否定ばかりされる→会議で発言してもムダ」となって会議で発言する行動は減るでしょう。
 従業員の行動は案外、”行動直後の周囲からのフィードバック”に左右されているのです。

 ただし、従業員は人なので動物のように即時フィードバックだけで左右されているわけではありません。人は、言葉があるため言葉で「先週のあの行動よかったよ。」と褒めることができるのです。

 ここからが大切なところなのですが、言葉によるフィードバックにも”有効期限”があるのです。
 言葉によるフィードバックの有効期限は、心理学的には”最長2週間”と言われています。

 鋭い経営者の方であれば、ここで「なるほど!」とおっしゃっていただけると思います。

 そうです、賞与は良い行動を起こしたとしても、通常半年後に褒められる(支給される)のです。
 昇給も同じです。多くの会社で年に1回褒められる(昇給される)のです。
 これだとどのような行動をして、褒められているのか(賞与がもらえたのか、昇給してもらえたのか)を従業員は自覚できないのです。
 ですので、ただ単にわずかな賞与がもらえた、わずかな昇給があった、という金額面の事実だけを捉えるため、何のモチベーションアップにもつながらないのです。

 ではどのようにすればモチベーションアップにつながるのでしょうか?

 方法はいろいろと考えられますが、良い行動が起きたらすぐに褒められる環境になっていることが大切と言われています。

 有名な例ですと、某アトラクション施設ではよい行動を見つけた社員はその場で褒めるカードを渡します。そこには具体的な行動が記載され、その後の人事評価にもつながります。
 毎週面談をして、具体的な行動ができていたか、できていなかったかのフィードバックをすることがオススメです。

 始めは「そんな面倒なこと出来ない。」だとか「そんな時間はない。」などという声が聞こえてくるのですが、習慣づけると案外ラクだったりします。
 それどころか、「最近、部下とのコミュニケーションが円滑になった。」とか「幹部が管理職意識を持つようになった。」などという声も聞こえてきたりするものです。

 大切なポイントは、会社として、従業員が望ましい行動をした時にできるだけ早く適切に褒められる状態・環境になっているかどうかです。
 そういう意味で言えば、一般的な人事評価・フィードバックの期間である半年や1年というのでは、望ましい行動を継続させるモチベーションアップには全くつながっていないと言えます。

 このポイントでぜひ社内の評価のあり方などを見渡していただければと思います。

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人ジャスティス [ホームページ]

経営コンサルタント 高正樹

広島県呉市焼山中央1丁目1-10 TAKAMATSU BLD 203号 [地図]
TEL:0823-30-3012

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高正樹

中小企業を存続させるための最新の労務管理ノウハウを提供(1/3)

 「大切な会社を守るためのサポーターとして、常に最新の労務管理ノウハウを提供します」。そう力強く話すのは呉市焼山中央「社会保険労務士法人ジャスティス」代表の高正樹さん。「ジャスティス行政書士事務所」と「ジャスティスソリューション」の代表も兼...

高正樹プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

中小企業を存続させるための最新の労務管理ノウハウの提供

会社名 : 社会保険労務士法人ジャスティス
住所 : 広島県呉市焼山中央1丁目1-10 TAKAMATSU BLD 203号 [地図]
TEL : 0823-30-3012

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0823-30-3012

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高正樹(たかまさき)

社会保険労務士法人ジャスティス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「明るい職場」は作れない!?

経営者の方と話をしていて時々出てくるのが、「うちの職場、雰囲気が暗いんだよねぇ。」「どうすれば明るい職...

[ 労務管理 ]

最低賃金額などを周知していなければ罰金!?

 貴社では、最低賃金の概要を常時作業場の見やすい場所に掲示するなどして労働者に周知していますか? 「え...

[ 賃金 ]

従業員は命じられた時間外労働や休日労働を拒否できるか?

 時間外労働や休日労働を命じたとき、「終業時刻後は自分の自由な時間だから」とか、「休みの日にまで出勤したく...

[ 労務管理 ]

退職の申し出は、退職日の3ヶ月前までにしなければならないとする就業規則の規定は有効か?

貴社では、従業員が自己都合で退職しようとする場合には退職日の何日前までに会社に申し出なければならないこと...

[ 就業規則等 ]

マイカー通勤者等から申告された通勤距離の妥当性検証方法

 従業員の通勤に要する費用の全部又は一部を補填するための通勤手当、貴社でも支給されているのではないでしょう...

[ 賃金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ