コラム

 公開日: 2016-10-07 

当日請求の年次有給休暇は拒否できる!?

 以前のコラムでもお伝えしたとおり、労使トラブルは私人間の基本原則(民法第1条)にもとづいて解決されるということを年次有給休暇(以下「年休」と表記)の請求をめぐるトラブル事例をあげて解説してみたいと思います。(会社も民法上は「私人」となります。)

 まず、貴社の就業規則には、“年休を取得しようとするときは取得日の3日前までに届け出なければならない”旨の定めがあり、この就業規則が周知されていたとします。
 にもかかわらず、ある日、従業員から、当日の朝になって、電話で「今日は年休で休みます。」との申し出がありました。

 このような申し出を受けた場合、貴社としては、就業規則の定めを根拠に年休の取得を拒否しますよね。

 すると従業員が、
 「それはおかしいじゃないですか! 労働基準法には、年休は労働者が請求する時季に与えなければならないと定められているじゃないですか!」
と返答してきました。

 これに対し、貴社は
「そんな事を言っても就業規則にきちんと請求期限の定めがあるのだから、それを守られていない急な年休の取得が認められるわけないだろ!」
と反論します。

 すると、少し法律を勉強している別の従業員から、
「それはおかしいでしょ! 労働基準法92条1項には、就業規則は法令に反してはならないと定められていますし、労働契約法13条にも就業規則が法令に反する場合には、それに反する部分については就業規則は適用されないと定められていますよ。」
「年休を取得する場合には3日前までに届け出なければならないという就業規則の定めは、年休は労働者が“請求する時季に”与えなければならないという労働基準法39条5項の定めに明らかに違反しているのですから、年休の請求期限を定めた就業規則のその部分は適用されないことになるはずですが。」
と言われました。
もっともらしい主張です。
 実際、書籍やインターネット上にもこのような回答をしているものがほとんどです。
さて、このように言われた場合、貴社なら(ウッ、就業規則よりも法律のほうが優先されるのは当然だし…。と、)返事に窮することになりませんか?
 もし、返事に窮するとすれば、それは労働基準法の条文だけを見て四角四面に解釈しているからです。

 労働基準法など、各種の『法律の条文は、”正当な権利の行使”の場合にのみ適用されるのであって、相手方を困らせる不当・不法・違法な権利の行使の場合には適用されない。』ということを覚えておいて下さい。
 逆に言えば、正当な権利の行使であれば、人を殺すという違法な行為であっても許されているのです。(刑法第36条:正当防衛)

 つまり、労働基準法39条5項の定めも「(正当な権利の行使の場合、)年休は労働者の請求する時季に与えければならない。」と読み替えることができるのであり、急に年休を取られると会社が困ることを知っていながら、労働者の権利だと主張して当日になって年休を取得するような不当な行為までを保護するものではないのです。

 当日になって急に年休を取得しようとする理由が、不当・不法・違法な目的や動機によるものである場合、正当な権利の行使とは言えないことから、労働基準法39条5項の定めの適用を受けることはできないと解されます。

 つまり、相手方を困らせることを知りながら行う不当・不法・違法な権利の行使(行為)こそが“権利の濫用”と言えるのです。
 私人間の関係を規定した民法第1条第3項においても労働契約法第3条第5項においても、権利の濫用は認めないことが明記されています。

 ただし、当日になって急に年休を取得する理由や目的が、自身が急病になったことによるものや、親族が急死したり、事故にあったり急病になったりしたことによる看病等のためであるのであれば、急な休暇の請求もやむを得ないと言えます。このような理由や目的による急な年休の取得はやむを得ないものであり、権利の濫用とは言い難いことになります。

 つまり、どんな場合でも当日の年休取得が権利の濫用として認められないというわけではなく、その理由や目的によって法律の保護を受けられる場合もあれば保護を受けられない場合もある、ケースバイケースであるということです。

 このように見ていけば、労使トラブルは最終的には労働基準法ではなく、以前のコラムでもご説明したとおり、民法(第1条)の原則にもとづいて解決されるということがご理解いただけたのではないでしょうか?

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人ジャスティス [ホームページ]

経営コンサルタント 高正樹

広島県呉市焼山中央1丁目1-10 TAKAMATSU BLD 203号 [地図]
TEL:0823-30-3012

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高正樹

中小企業を存続させるための最新の労務管理ノウハウを提供(1/3)

 「大切な会社を守るためのサポーターとして、常に最新の労務管理ノウハウを提供します」。そう力強く話すのは呉市焼山中央「社会保険労務士法人ジャスティス」代表の高正樹さん。「ジャスティス行政書士事務所」と「ジャスティスソリューション」の代表も兼...

高正樹プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

中小企業を存続させるための最新の労務管理ノウハウの提供

会社名 : 社会保険労務士法人ジャスティス
住所 : 広島県呉市焼山中央1丁目1-10 TAKAMATSU BLD 203号 [地図]
TEL : 0823-30-3012

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0823-30-3012

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高正樹(たかまさき)

社会保険労務士法人ジャスティス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
退職の申し出は、退職日の3ヶ月前までにしなければならないとする就業規則の規定は有効か?

貴社では、従業員が自己都合で退職しようとする場合には退職日の何日前までに会社に申し出なければならないこと...

[ 就業規則等 ]

マイカー通勤者等から申告された通勤距離の妥当性検証方法

 従業員の通勤に要する費用の全部又は一部を補填するための通勤手当、貴社でも支給されているのではないでしょう...

[ 賃金 ]

ご存知でしたか? 「65歳超雇用推進助成金」

 就業規則等で65歳以上への定年の引上げや、希望者全員を66歳以上まで継続雇用する制度の導入等を行った会社...

[ 助成金 ]

従業員代表の定義は?

 就業規則等の作成や変更について”意見書”に意見を記載したり、36協定をはじめとする各種の”労使協定書”に従業...

[ 就業規則等 ]

マスクを外さない従業員への対応

 最近、マスクを着けたまま業務に従事している人を見かけることがあります。特に接客される際に、意味もなくマス...

[ 労務管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ