コラム

 公開日: 2013-03-05 

リフォーム 業者選びのポイント ⑨ 「見えない部分はどうする?」

「見えない部分だからこそ大切」

 「床をはぐって見たら下地が使えなくて追加料金が発生した」「お風呂を壊したら、土台や柱が腐っていて補修費用が追加になった」こんな話は意外に耳にする話です。

 リフォームの場合、事前に調査して隠れている部分も推測しながら見積もりを出す事が主流です。それでも、いざ工事が始まると予測不可能な事が起き、業者もそのまま塞ぐことができないため、追加費用のお願いをすることがあります。

 そこで事前見積もりにどこまで入っているかが問題になったり、追加費用についてのトラブルになったりします。はたして、見えない部分はやってみないと本当にわからないのでしょうか?

 これは、本当にやってみないとわからない時とやる前にある程度推測できる場合があります。経験の浅い業者さんならわからない時も多いでしょう。それに対し、経験が豊富な業者さんは、ある程度推測できる事もあります。

 しかし、推測をすべて見積もりに網羅すると大半が予算をかなりオーバーする事になります。何故なら、一般の方は推測できず表面的な設備機器や内装で予算を見ているケースが多いからです。

 見積もりを複数取る場合、同じ工事範囲でも業者によって表面的な範囲の工事内容で出してる業者とリスクを考えて下地などを推測で見積もりしている業者は合計金額にかなりの差が出ます。その事自体は、問題はありませんが、施主さんがその違いを理解したうえで決定をされるかどうかが問題なのです。

 「この見積もりは、下地から上の範囲であり、もし剥ぐってから下地補修が必要な場合は別途これくらい必要である」と事前にわかっていればそれはあまり問題はありません。

 よく「一式見積もりは注意」と言われるのは、「高いから注意」と言う事ではなく「範囲がどこまで入っているかわからない」から注意なのです。つまり、表面的な仕上げ工事だけなのか、下地工事も入っているのかわかるかどうかです。

 ですから、事前に聞いてみてください。ただし、「これは全部入っているんでしょうね」と言うような聞き方ではあまりにも抽象的なのでお勧めできません。例えば「お風呂を壊した時の土台や柱が腐っていた時は?」「床をはいだ時の下地が痛んでいた場合は?」などです。

 業者さんによっては見積書に「土台、柱補修」とか「根太取替え」「床組み取替え」等の明細が入っているケースもあります。もちろんそれにも範囲がありますからどこまで入っているのか事前に見積もりの段階で聞いてみると安心でしょう。また、これ以外で「考えられる追加費用は何がありますか?」と聞いてみるのもいいかもしれません。

 もちろん、通常では考えられないような現象があることもたまにあります。その時はすべて業者に押し付けるのではなくその都度お互いが協議しながら、時には譲歩しながらいい方法を探していく方がよいでしょう。

 何故なら、それからが業者さんとの付き合いの始まりであり、今後「いい関係」を続けていく事がお互いにとってプラスだからです。そのためにもしっかりと話し合いをしてみてください。

この記事を書いたプロ

株式会社 マエダハウジング [ホームページ]

宅地建物取引士 前田政登己

広島県広島市安芸郡府中町鶴江1丁目22-6 マエダビル [地図]
TEL:082-285-8510

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

友人の知人がマエダハウジングの五日市店長だったことが縁で、お付き合いが始まりました。以来、住宅機器やリフォーム事例などのイベントに参加。スタッフが若いの...

施工事例
イメージ

両親が暮らしていた築百年の純日本家屋。 当主のOさんは、しばらく眠っている館を 何とかして目覚めさせたいと思っていた。 そんな折、さまざまな文化を愉しむ場にと...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「マエダハウジング」。社長の前田政登己さん

家族を幸せにするリフォームのチカラ(1/3)

 府中のイオンモールソレイユから車で1分のところに位置する「マエダハウジング」。社長の前田政登己さんは、高専卒業後マツダに入社。何か違ったことに挑戦したいと大手のリフォーム会社に転職します。新規顧客獲得だけを求められる日々に疑問を感じた前田...

前田政登己プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 株式会社 マエダハウジング
住所 : 広島県広島市安芸郡府中町鶴江1丁目22-6 マエダビル [地図]
TEL : 082-285-8510

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-285-8510

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田政登己(まえだまさとみ)

株式会社 マエダハウジング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

まるでひとつの部屋のようなトイレ ドアも常に開け放しています

4年前に車椅子の母のために浴室と洗面脱衣室をリフォームしま...

K・D
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
中国新聞「安心・安全最前線」に掲載されました
イメージ

今朝の中国新聞の「安心・安全最前線」の紙面に写真が大きく出ていました。『家族を守る暮らしの要  耐震・...

[ メディア ]

中国新聞 ちゅーピー住まいる 「中古物件のリノベーション」
イメージ

3月に入りましたね。2月は「にげる」と言いますが、あっという間の1月だったように思います。 今日の、中国新聞...

[ 中古+リノベーション ]

TSS「そ~だったのかンパニー」で放送されました
イメージ

日曜日にTSS「そ~だったのかンパニー」の放送がありました。去年の秋から、約4カ月間密着していただき、お客様...

[ メディア ]

明日AM9:30 TSS「そ~だったのかンパニー」に出演します
イメージ

明日日曜日朝9:30にTSS「そ~だったのかンパニー」にて、弊社の模様が放送されます。「そ~だったのかンパニ...

[ メディア ]

本日「広島の安心安全リフォーム」発刊記念 「失敗しないリフォームセミナー」開催
イメージ

「広島の安心安全リフォーム 13号」が好調なようです。今回は、「コダテ持家 全面改装」特集。コダテの全...

[ イベント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ