プロへのQ&A

広島・山口で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:法律

300日問題

長女が2013年12月に産まれましたが、前夫の子ではなく、今の彼との子です。
私は2012年12月に前夫からDV被害を受けてシェルターに入っていました。調停離婚したのは2013年4月です。
アリバイと言いますが、長女が前夫の子では無いことが証明できます。それで、前夫から私の戸籍に戻すにはどうしたら良いでしょうか?
今の彼と入籍はしておりません。

投稿日時:2014-05-24 10:44:44 | 最終回答日時:2014-05-28 15:55:42 | 回答件数:1

法律

この質問の回答受付は締め切られました。

中田憲悟

中田憲悟の回答

親子関係不存在確認の調停・審判・裁判

調停離婚が2013年4月,お子さんが生れたのが2013年12月ということで,約9か月(約270日)の間に出生されたことになりますね。
離婚から300日以内に生れた子は,民法772条で前夫の子と推定されます。そのために,出生届を出したら前夫の戸籍に子として入っているはずです。
相談者がイニシアティブをとって,この父子関係を否定するためには,前夫を相手方として家庭裁判所に親子関係不存在の調停申立てをして,前夫の同意を得て,家庭裁判所の審判を受けるか,調停不調となれば親子関係不存在確認の訴えを提起するしかないでしょう。
審判,あるいは判決が確定すれば,その旨,役場に戸籍訂正の申請をして前夫の子とされている記載を削除し,母である相談者の子として戸籍に記載してもらうことになります。
今の彼を父とするには認知の届出をしてもらうことになります。

回答日時:2014-05-28 15:55:42

このプロの回答一覧を見る

中田憲悟(離婚、相続…家族をめぐるトラブル解決のプロ)

はばたき法律事務所

  • 電話:082-502-3915 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:月~金 9時~18時 (日時調整の上、時間外でも面接しています)
    TEL:082-502-3915
  • 定休日:土、日曜日・祝日 (同上)

このプロに問い合わせたい資料を請求したい

 

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
家事
グルメ・料理
防災・防犯
ブライダル
葬祭
オーダーメイド・贈り物
生活雑貨
ビジネス
会計税務
法務・人事・労務
会社設立・起業支援
事業再生・承継
各種コンサルティング
ビジネススキル・キャリアアップ
転職
IT
翻訳・国際業務
法律
弁護士
司法書士
行政書士
税理士
公認会計士
社会保険労務士
弁理士
趣味・ライフスタイル
旅行・アウトドア
クルマ・バイク
スポーツ
ペット
リサイクル
写真・カメラ
芸術
住宅
建築・設計
設備・リフォーム
不動産
インテリア・内装
エクステリア・外装
稽古事・資格
資格
マナー
習い事
ファッション・美容
コスメ・美容
ファッション
リラクゼーション
フィットネス
出産・子育て
出産・乳幼児
受験・進学
マネー
保険・年金
投資・運用
家計・ライフプラン・ローン
税金・相続
医療・健康
歯科医療系
各種医療系
介護・福祉
マッサージ・各種療法
健康
メンタル・カウンセリング
家族・夫婦関係
こども、学校生活
ビジネス・職場
シニア
その他
その他
ページの先頭へ