コラム

 公開日: 2016-04-02 

構造は温熱省エネよりも大事です

省エネや温熱のことばかり書いていると
それしか能がないようなので(笑)
構造について書きます。

これも温熱同様様々な工法が開発されていますが、
基本戸建て住宅は地域材を使った在来軸組工法にすべきと考えています。
ただ、この戸建て住宅というのが問題で、
本来構造計算を行い、安全性を確認するというのが建築のステップなのですが、
4号建築物と言われるますが、
これは「建築士が設計した場合は確認申請の審査が簡略」されます。

広島市の場合は中間検査があるので、
4分割法という筋交いなどの耐力壁の配置とバランスを確認するための
構造図が確認申請に必要です。
しかし、お隣の山口県は中間検査がないため、構造図の提出さえ不要となります。
ですが、あくまでも建築士が設計した場合の審査が簡略化されるだけで、
構造のチェックはしなくてはいけないのですが、
「構造を検討しなくてもよい」と考える不届きな建築従事者も存在するので
注意が必要です。

文字ばかりだとわかりにくいと思いますので
木造の構造の考え方を追っていきます。





私は木造軸組み工法をダンボールに例えます。
ダンボールに蓋が閉まっていない状態で、横から力を加えると
長方形のダンボールが菱型に変形します。
これが地震力や風圧力を受けたときの力の流れです。
これにより阪神大震災後は在来軸組工法はツーバイフォーに比べ、
地震に弱いと言われてきました。




ですが近年剛床工法といって構造用合板を横架材に張ることにより、
水平剛性を高める工法が主流になっています。
つまりダンボールの蓋をがっちりガムテープで張っているわけです。

ですがこれで万全というわけではありません。





4分割法という考え方は建物のそれぞれ1/4のところに
床面積、外壁見付面積に応じた耐力壁をバランスよく配置することになっていますが、
上記写真の図の通り、1/4のところに耐力壁を配置しただけでは
地震時に破壊される可能性があります。




また、実際の建物には吹抜や階段などがあり、
床合板が晴れない(ダンボールの蓋に穴が開いている)場合もあります。
この場合も地震力や風圧力には弱いと言わざるを得ません。

その場合は吹き抜けの近くに耐力壁を直交方向に配置したり、
小屋梁面(ロフトの高さ)に2階床合板とは別に構造用合板などを配置することにより、
地震力に対応します。

私は普段様々な会社の図面を見る機会がありますが、
4分割法も考えていない
吹き抜けを考慮していない
など様々な図面があります。

意匠デザインももちろん大事ですが、
構造はもっと大事です。
私は温熱などの省エネを得意としていますが、
構造は温熱よりも再優先だと考えています。

構造計算になれば、専門の設計事務所に外注するのは仕方がないとは
思いますが、床倍率程度までは自分自身でチェックできる
工務店や設計事務所が信頼できるといえます。

逆にお客様のいいなりに「なんでもできます!」
という実務者は信頼できないと考えて良いです。

経験上複雑なプランになればなるほど、
構造的な矛盾が発生しやすく、工事価格が高くなる傾向があります。

本当にお客様のことを考えている人を見る力をつけましょう

この記事を書いたプロ

一級建築士事務所 Pleasant Design [ホームページ]

一級建築士 川端順也

広島県広島市中区大手町二丁目7-7 [地図]
TEL:050-3553-4034

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川端順也

環境と省エネルギーに配慮した価値ある家づくりを提案(1/3)

 広島市中区大手町、広島電鉄「袋町」電停より徒歩1分の場所に「一級建築士事務所 Pleasant Design」はあります。畳を壁のアクセントにし、カラフルな障子を使った和モダンな雰囲気の室内は、清涼感あふれる木の香りがいっぱいにたちこめて...

川端順也プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

快適、健康、安全、低ライフコストを基本とした設計

会社名 : 一級建築士事務所 Pleasant Design
住所 : 広島県広島市中区大手町二丁目7-7 [地図]
TEL : 050-3553-4034

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3553-4034

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川端順也(かわばたのぶや)

一級建築士事務所 Pleasant Design

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
着物のような住まいを〜広島のっぽの設計事務所が見る未来〜
イメージ

お盆前はとても忙しかった私ですが、いまはゆっくりと過ごしています。そんな状況で気づいたことが、...

[ 家づくりの前に ]

「エコハウスとライフプラン」 広島 のっぽの設計事務所がみる未来
イメージ

実は9月に大手サッシメーカーからの依頼で愛知県岡崎市で講演することになりました。100名規模の講演は私...

[ 家づくりの前に ]

木造住宅 耐震性能のウソ  広島のっぽの設計事務所が見る未来
イメージ

先日、SNSで下記のような情報が流れてきました。「耐震等級3をとるための追加費用は30万円ほどだから、取らな...

[ 家づくりの前に ]

地域地震係数
イメージ

熊本の地震から二週間。被災地を思うと、なかなかブログを書こうと思えずにいました。まだ余震が続く中、...

[ 家づくりの前に ]

○○工法より大切なこと
イメージ

私の前職でこんなことがありました。「川端くん、この家 冬は暖かいけど、夏は暑いんよね。」そのころ、全国...

[ プレゼントデザインの家造り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ