コラム

 公開日: 2016-09-14 

窓を考える 〜広島のっぽの設計事務所が考える未来〜

先日、YKK APさんからの依頼で、

愛知県岡崎市で100名の工務店さん向けに講演をしてきました。

20人規模の省エネセミナーは過去に経験があるのですが、

今回は過去最大で、それなりの準備をしていきました。





その時の写真ですが、思ったほど緊張せずにお話することができました。

窓メーカーのYKKAPでの講演なので、

それなりに調べたりしたのですが、

その中でも一般向けの方のお話を紹介します。



「24時間、365日窓を閉めて、エアコンをつけっぱなしにしてください。」

打ち合わせ中のお客様が、あるハウスメーカーから言われた言葉です。

建物の外皮性能、窓・断熱材が上がってくると

一つ問題が起きます。それは夏対策。

私は常々言っているのですが、

「家はパッシブ、住む人はアクティブ」

パッシブデザインが現在、注目を浴びていますが、

これは家の周辺環境を読み、太陽や風に逆らわず、

うまく受け入れることにあります。

パッシブデザインの最初のステップは周辺環境の読み取りであり、

次に重要なのは、自然環境をうまく受け入れるための「窓の設計」にあります。

ここで、窓についておさらいです。




西洋のwindowの語源は風の目、つまりどのように風を室内に取り入れるか。





日本の窓は間の戸、紙と木で作られた日本の住まいは何重にも間戸を設置し、

バッファゾーンを作りながら、外と中をつなげています。





特に日本人は四季を意識した家づくりをしており、外の景色だけではなく、

四季折々の香りも楽しんだのではないでしょうか?

つまり外と繋がらない窓は窓ではないのです!



ではなぜ、そのハウスメーカーは窓を開けるなといったのでしょうか。

その会社は高性能住宅で高評価を受けています。

これは知られていることですが、建物の高性能化は冬対策。

四季がある日本ですが、冷房よりも暖房エネルギーのほうが圧倒的に使う量は多いので、

建物の高性能化が必要とされています。

つまりそのままでは夏暑い家になってしまうので、必要な暑さ対策に

日射遮蔽対策があります。

庇などもこれにあたりますが、実はガラスにも種類があります。





日射を遮るガラス、日射を取り入れるガラス。

パッシブデザインの基本的な考えでは、

南側は太陽高度が夏冬変わるので、窓は日射取得型を使い、冬あたたかい日差しを家の中に取り入れ

夏は庇によって日射を遮る。

西側は帰宅後強烈な日差しが入るのと、太陽高度が低く、庇が効かないので、日射遮蔽型のガラスを使い、

夏重視の窓とします。

これが敷地を読んだ窓の設計です。

しかし、そのハウスメーカーではすべての営業または設計担当者に敷地を読むスキルがないので、

全国的に同一品質の家をつくるため、すべて遮熱型(夏型)のガラスを入れます。

それに加え、窓を開け閉めのポイントも施主に伝えれないと

「夏暑い」というクレームが来るので、「窓を開けずにエアコン」という説明になります。

私は正直、その会社の外皮性能はすごいと思っていたので、ショックでした。

住まいは「シェルター」ではありません。

加えて外とのつながりを無視した家づくりは未来につながりません。




窓を内から外のつながりだけではなく、街の景観をつくります。

街は決して「ひとごと」ではなく、あなたが住む街の価値はあなたの資産でもあります。

断熱性能は家の評価の一つでしかありません。

ぜひ、窓の意味をもう一度考えてみてください。

この記事を書いたプロ

一級建築士事務所 Pleasant Design [ホームページ]

一級建築士 川端順也

広島県広島市中区大手町二丁目7-7 [地図]
TEL:050-3553-4034

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
川端順也

環境と省エネルギーに配慮した価値ある家づくりを提案(1/3)

 広島市中区大手町、広島電鉄「袋町」電停より徒歩1分の場所に「一級建築士事務所 Pleasant Design」はあります。畳を壁のアクセントにし、カラフルな障子を使った和モダンな雰囲気の室内は、清涼感あふれる木の香りがいっぱいにたちこめて...

川端順也プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

快適、健康、安全、低ライフコストを基本とした設計

会社名 : 一級建築士事務所 Pleasant Design
住所 : 広島県広島市中区大手町二丁目7-7 [地図]
TEL : 050-3553-4034

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3553-4034

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川端順也(かわばたのぶや)

一級建築士事務所 Pleasant Design

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
着物のような住まいを〜広島のっぽの設計事務所が見る未来〜
イメージ

お盆前はとても忙しかった私ですが、いまはゆっくりと過ごしています。そんな状況で気づいたことが、...

[ 家づくりの前に ]

「エコハウスとライフプラン」 広島 のっぽの設計事務所がみる未来
イメージ

実は9月に大手サッシメーカーからの依頼で愛知県岡崎市で講演することになりました。100名規模の講演は私...

[ 家づくりの前に ]

木造住宅 耐震性能のウソ  広島のっぽの設計事務所が見る未来
イメージ

先日、SNSで下記のような情報が流れてきました。「耐震等級3をとるための追加費用は30万円ほどだから、取らな...

[ 家づくりの前に ]

地域地震係数
イメージ

熊本の地震から二週間。被災地を思うと、なかなかブログを書こうと思えずにいました。まだ余震が続く中、...

[ 家づくりの前に ]

○○工法より大切なこと
イメージ

私の前職でこんなことがありました。「川端くん、この家 冬は暖かいけど、夏は暑いんよね。」そのころ、全国...

[ プレゼントデザインの家造り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ