コラム

 公開日: 2016-07-29 

相続人に認知症の人がいる場合

「認知症の人は相続人になれますか?」
稀にこのようなご相談を頂きます。今後、超高齢化社会になっていく日本では、いまは“稀”であっても、少しずつそのようなケースが増えてくるかもしれません。

今回はその場合についての相続をご説明していきます。

遺産分割協議は法律行為であるため、判断能力に欠く人、例えば認知症の人などが単独でした遺産分割協議は無効になります。それは、他の相続人のいいように決められてしまう可能性があるからです。判断能力を欠く状態かどうかの判断基準は、自分の行為が法的にどのような結果を生じさせるのかを理解できるかどうかをいいます。

すなわち、未成年者の場合と同様に、遺産の理解やその評価、取得した場合、どのようなことになるか理解できているかどうかです。意思能力が疑われる人がいる場合は、その人の意思能力の程度に応じて下記のような制度が設けられています。

成年後見制度
成年後見制度のなかでも、本人の判断能力のレベルによって支援する人の権限を「後見」「保佐」「補助」という3つのレベルに分けています。この制度は日常生活においても有効な制度ですが、遺産分割協議を行う際は不可欠となります。

後見 : 本人の判断能力がほとんどない状態
本人の精神の障害の程度が著しく、判断能力を欠く状況にある場合の制度
保佐 : 判断能力が著しく不十分な状態
精神上の障害により、判断能力が著しく不十分な場合の制度
補助 : 判断能力は乏しいが、後見・補佐より軽い状態
精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な場合の制度

 [成年後見制度による遺産分割協議の場合]
後見の場合は、成年後見人が代理人として遺産分割に参加します。保佐、補助の場合は、本人が遺産分割に参加するものの、代理人を設け遺産分割の内容について同意をもらう必要があります。また、成年後見人等は被後見人等の財産保護をするために選ばれていますので、不利な分割には合意できません。よって遺産分割協議では、法定相続分以上を確保する必要があります。

成年後見人、保佐人、補助人は、本人・親族や利害関係人等の申立てにより、家庭裁判所が選任します。多くの場合、弁護士などの専門家や同居の家族が後見人となっています。同じ相続で、相続人の立場と後見人の立場の両方を有する人がいる場合があります。そのような場合は、中立な立場とならないため、さらに相続人ではない第三者である特別代理人を家庭裁判所で選任してもらわなければなりません。

推定相続人の中に判断能力に欠く人がいる場合は、できるだけ遺産分割協議をしなくてもいいように、細かく所得を指定した遺言書を作成しておくなど、生前に準備しておくとよいでしょう。

この記事を書いたプロ

税理士法人パートナーズ広島支社 エルピス会計事務所(中谷公認会計士事務所) [[[ホームページ http://elpis-accounting.com/ ]]]

税理士 中谷有希

広島県広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビルディング7F [地図]
TEL:082-962-8885

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中谷有希プロ

法人から個人の資産税に関する相談まで幅広く対応(1/3)

 原爆ドームの目の前にある広島商工会議所ビル(広島市中区基町)の7階に、公認会計士・税理士の中谷有希さんの事務所があります。ドアを開けると、中谷さんが親しみやすい笑顔で迎えてくれます。 2013年夏、東京からUターンして広島でエルピス会...

中谷有希プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

公認会計士の視点からも顧客をサポート

会社名 : 税理士法人パートナーズ広島支社 エルピス会計事務所(中谷公認会計士事務所)
住所 : 広島県広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビルディング7F [地図]
TEL : 082-962-8885

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-962-8885

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中谷有希(なかたにゆうき)

税理士法人パートナーズ広島支社 エルピス会計事務所(中谷公認会計士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
贈与税の納め方

贈与税の納め方 1.贈与税の申告と納税 贈与税の納税は贈与税の申告期限までに金銭で一時に、国に納める必...

[ 相続・贈与 ]

遺言で可能な行為:認められること、できないこと

民法により、遺言で認められる事項は決められています。以下に、その内容を記していきます。  財産処分...

[ 相続・贈与 ]

相続人に未成年者がいる場合について

相続人に未成年者がいる場合について、ご説明します。 遺産分割協議をするにあたり、相続人の中に未成年者がい...

[ 相続・贈与 ]

財産の評価の概略について

今回は財産評価の概要について簡単に綴っていきます。相続や遺贈、贈与は、財産をタダでもらうことと同じです...

[ 相続・贈与 ]

贈与税の配偶者控除の特例とは

贈与税の配偶者控除の特例とは、配偶者が居住用不動産の購入または、その建築資金を贈与されたときに贈与さ...

[ 相続・贈与 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ