コラム

 公開日: 2011-02-22 

参議院は必要ないか?-その1


衆議院と参議院のねじれ現象が問題になっています。
民主党と野党がそれぞれ、衆議院と参議院で多数を占めている関係で、予算関連法案が成立しないのです。

また、参議院というのはそもそも無用なのではないかという意見があります。
政治評論家などそのような意見をメディアで主張している人もいるようです。

この参議院無用論というのは、実は昔からあるのです。
シェイエスという学者が言った有名な言葉があります。
「第二院(日本で言う参議院)が何の役に立とうか?」
「仮に、それが第一院(衆議院)と同じなら無用であり、反対なら有害である。」

「なるほど!」という感じですよね。
実に明快な立論です。

しかし、現実には、第二院を持つ国家は結構あります。
それは、その国の歴史に根ざしている場合が多いのです。

では、日本においても参議院は無用でしょうか?
「今の日本の参議院の現状を前提とする限り」という限定付きであれば、確かに無用論者の主張は理解できます。

参議院も政党の党議拘束により、衆議院の亜流となっているからです。
ただ、「今の日本の参議院の現状を前提と」しても、私は参議院が必要だと思うのです。

といのは、衆議院議員の任期は4年であり、しかも解散があるのでもっと短い任期しか保証されません。
そこで、法案を審議するための勉強がどうしても不足がちになるのです。

これに対して、参議院議員は、6年間という任期があり、しかも解散がないためじっくり法案を勉強する時間が取れます。

以前、民主党の江田五月氏が参議院議長をしていたとき、弁護士政治連盟の人たちと参議院議長公邸を訪問したことがあります。
そこで、江田議員(当時参議院議長)は、衆議院から送られてくる法案の未完成さを嘆いたのです。

現在の参議院が、このままでよいとは私も思いません。
しかし、だからといって参議院を廃止してしまえというのは、暴論ではないでしょうか。

皆さんは、参議院を無用だと思われますか?

この記事を書いたプロ

中根・車元法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中根弘幸

広島県広島市中区上幟町3-3 三浦ビル2F [地図]
TEL:082-224-0297

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
中根弘幸 なかねひろゆき

個人相談から企業トラブルまで公正・中立の立場で対応します(1/3)

 企業法務を中心に家事、民事事件の相談にも対応する広島市中区の中根・車元法律事務所。「ここ数年多いのは、債務整理や事業再生などの相談ですね」。と話すのは代表の弁護士、中根弘幸さん。中でも事業再生に関して広島では実務経験の多い数少ない弁護士...

中根弘幸プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

法人、企業、病院等の団体の運営にまつわる法律問題

事務所名 : 中根・車元法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上幟町3-3 三浦ビル2F [地図]
TEL : 082-224-0297

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-224-0297

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中根弘幸(なかねひろゆき)

中根・車元法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
アルピニスト野口健氏の講演を聴いて

2,3年前、アルピニストの野口健氏の講演を聴く機会がありました。野口氏は、軽妙な語り口で話の内容が面白く、一...

ディズニーリゾートの思い出

5月8日午後10時から放送されているMrサンデーというテレビ番組で、ディズニーリゾートのことを取り上げていました...

自我に目覚めたとき

私が自我に目覚めたのは、確か小学校3年生の夏休みのことでした。夏休みは、毎日小学校のプールへ行き、友達と一...

原発は廃止すべきか?

現在福島の原子力発電(以下では「原発」といいます)の事故によって、原発そのものの存続が議論されています。...

将棋に没頭した日々

私は、今から30年ほど前、東京に住んでいました。東京の都下、八王子という町です。八王子の近くに立川市があり...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ