コラム

 公開日: 2014-08-21 

広島 建築家 (よいもの、本物)


世の中には安いもの、高いもの、良い物、駄目なもの、本物、偽物・・・・・・・いろいろあります。

そして、大概 良い物、本物は高く、駄目なもの、偽物は安いと言う事になっているのではないでしょうか?

しかし高いけど駄目なものもあるし安いけどそんなに悪くないというものもあります。

そしていつも不思議に思う事はどうして良いものや本物は高いのかと言う事です。

私なりに考えてみると良いものや本物と言われているものは時間や手間が掛かっているということです。

多くの工程を必要としたり工夫を重ねたり手間を掛けたり心を込めたりして作られたものは人の心を打ち 「良い物、本物」 と言われるようになるのではないでしょうか?

でも、時代や技術の進歩によって昔だったら良い物という評価をもらえるのではないかというものが今は比較的安く手に入るということもあるので、相対的な比較ということもあるかもしれませんね!



ところで建築の世界で 「安くて良い物」 と言うものはあるのでしょうか?

乱暴な言い方をすれば、安くて良い建物はありません。

安いけれど本物というのはある意味可能だと思います。

例えば設計事務所に頼めば 「安くて良い建物」 ができますよという話は本当は、「他の方法に比べれば」 という言葉を付けておかなければウソになってしまいます。

ハウスメーカーは展示場やカタログや宣伝や営業マンなどに莫大な経費が掛かるため設計事務所に頼む方法より相当高くなるし、競争のない状態の大工や建設会社は取りたいだけ経費、利益を確保するだろうから設計事務所により競争させられる場合よりかなり高くなるという現象が起こっているに過ぎません。

ですから純粋な意味では安くて良い建物など存在しないのです。

ただ予算が限定されている中で、建てぬしと設計者が一体となり努力をし知恵をしぼって作り上げた建物は 「本物」 と呼ぶに相応しいものができる可能性はあると思います。



みなさん、どうにかなる場合は他の予算を少しでも建物の予算に廻してください。

その予算の数倍も建物が良くなりますよ!

この記事を書いたプロ

永橋建築事務所 [ホームページ]

一級建築士 永橋越

広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL:082-242-4022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
ライフスタイルにあった家を提案してくれる住宅のプロ 永橋越さん

夢と理想を形に。ワクワクする家づくりを提案(1/3)

 家を建てるというのは、一生の中で何度もあることではありません。だからこそ、妥協することなく、夢をすべて形にして心から満足できる家にしたいもの。そんなわがままをしっかりかなえてくれるのが、広島市の中心部に事務所を構える、永橋越さんです。永橋...

永橋越プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 永橋建築事務所
住所 : 広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL : 082-242-4022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-242-4022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永橋越(ながはしわたる)

永橋建築事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビルを建てる (2)

別に相続税対策ではないのだけど、空き地にしておくのはもったいない。というケースもあります。こうい...

ビルを建てる人 (1)

ビルにも巨大なものからコンパクトなものまでいろいろあります。巨大なものは周辺を含めた壮大な計画が必要です...

家で問題を解決!

家を新築したり増改築したりする場合に、希望や理想を実現することがまず浮かびます。しかし、何か問題...

広島 建築家 (住宅の建て方)

住宅を手に入れる方法は、大きく分けて、「建てる」か「買う」かのどちらかだと思います。たまたまその土...

[ 設計・デザイン ]

広島 建築家 (設計 施工の分離Ⅱ)

設計・監理と施工を何故分離しなければならないか?先ず、工事金額、内容を誰がチェックするかと言う問題はど...

[ 設計事務所に相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ