コラム

2014-06-07

広島 建築家 (建物はユニクロ化できない?)


衣料系のユニクロ、家具系のニトリに代表されるように、「安くてほどほどのもの」や「お値段以上のもの」が大人気です。



しかし、安値追求の是非が論じられてもいます。



大量生産のものだけかと思っていたら、いつの間にか建築の世界も安値追及の波が押し寄せて来ていました。



それで、度々いろいろな質問をうけます。

今まで何度も書いてきたことの繰り返しですが・・・・



何十年も前から建物のプレファブ化、工場生産化は研究されてきました。



現在は一部あるいは単品はそうなってきました。



しかし、建物をブロック化して工場から持ってきて据え付けるだけというタイプはメジャーな存在とはなっていません。



敷地の形状や大きさがマチマチだという理由ばかりでもないようです。



やはり、家というのは一つ一つオーダーメイドでつくるというのが人間の本能や日本の事情に合っているのではないでしょうか?



ところで安価な家の話しです。



X社やY社がよく目に付きますが実情はどうなのでしょう?



業界の噂によると、X社はすごい宣伝をしていますが、余り良い話はききません。

宣伝と実際できるものが、買った人から見ると、大きなズレがあるのでしょう!



訴訟も多いと聞きます。


べらぼうに安くて、しかも品質の良いものなど、簡単に存在するはずがありません!

しかも、本当に謳い文句のとおりに安いのかどうかも疑問視されています。



Y社の方はユニクロやニトリの路線を狙っているという話も聞きますが、なんせ大量生産の利かない建物の話ですから、どれだけユニクロやニトリに近付けるか多いに疑問です。



無駄を省いて工事費を下げるという考え方は大いに賛成ですが、手間を省く事で頭が一杯になり、現場で注意力が欠けたり、手間の質が落ちたりしたのでは元も子もありません。

それでは、ユニクロやニトリとは似ても似つかない代物になってしまいます。

つまり、安かろう悪かろうか、安くも無い普通のものかになるということです。


両社とも、あれだけ宣伝して価格に跳ね返ってこないのだろうかという大きな懸念が、

皆さんに涌いて来たとしても仕方ありません。

この記事を書いたプロ

永橋建築事務所 [ホームページ]

一級建築士 永橋越

広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL:082-242-4022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
ライフスタイルにあった家を提案してくれる住宅のプロ 永橋越さん

夢と理想を形に。ワクワクする家づくりを提案(1/3)

 家を建てるというのは、一生の中で何度もあることではありません。だからこそ、妥協することなく、夢をすべて形にして心から満足できる家にしたいもの。そんなわがままをしっかりかなえてくれるのが、広島市の中心部に事務所を構える、永橋越さんです。永橋...

永橋越プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 永橋建築事務所
住所 : 広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL : 082-242-4022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-242-4022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永橋越(ながはしわたる)

永橋建築事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビルを建てる (2)

別に相続税対策ではないのだけど、空き地にしておくのはもったいない。というケースもあります。こうい...

ビルを建てる人 (1)

ビルにも巨大なものからコンパクトなものまでいろいろあります。巨大なものは周辺を含めた壮大な計画が必要です...

家で問題を解決!

家を新築したり増改築したりする場合に、希望や理想を実現することがまず浮かびます。しかし、何か問題...

広島 建築家 (住宅の建て方)

住宅を手に入れる方法は、大きく分けて、「建てる」か「買う」かのどちらかだと思います。たまたまその土...

広島 建築家 (設計 施工の分離Ⅱ)

設計・監理と施工を何故分離しなければならないか?先ず、工事金額、内容を誰がチェックするかと言う問題はど...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ