コラム

 公開日: 2012-10-16 

奥様の建築学(再) 16  (採光)


採光については最低これくらいは確保しておきなさいと建築基準法にも謳われています。

とにかく建物を南向きにして直射日光を採れるだけ採るというのが従来の考えでした。

近年では適切ということが見直されてきました。

太陽光は生命の源なので地表に生息するほとんど全ての生き物にとって恵みになっています。

しかし中に含まれている紫外線は色々な副作用があり、いかに紫外線から逃れるかが生物の寿命にとって大切なことだと強調され始めました。

太陽の恵みは必要最小限受けて、害からは出来るだけ避けたいという考えがでてきました。

建築ではどうでしょう。

住宅の場合 建築基準法で決められた最低限の有効な開口面積が必要ですが、有効であれば南向きと限らないのが救いです。

アトリエとか書斎や勉強部屋などは北側からの採光が明るさが極端には変わらないし、直射日光により中のものが痛まないという利点があります。

台所は東向きの窓からは朝日が射しこんで気持ちがいいし、北海道などでは西向きの部屋は貴重な西日が射しこんで喜ばれています。

隣地との間隔が無い場合は中庭や光庭からの採光が有効ですしどうしても有効な窓が採れない場合は天窓と言う手もあります。

高層の建物でも鏡を使って反射により低層部まで直射日光を取り込むと言う場合もあります。

ここ数年のように、夏の暑さが尋常ではない状態では、南側の部屋はお年寄りには酷なので、夏の間避難するための北側の部屋が必要になって来るかも知れませんね!

この記事を書いたプロ

永橋建築事務所 [ホームページ]

一級建築士 永橋越

広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL:082-242-4022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
ライフスタイルにあった家を提案してくれる住宅のプロ 永橋越さん

夢と理想を形に。ワクワクする家づくりを提案(1/3)

 家を建てるというのは、一生の中で何度もあることではありません。だからこそ、妥協することなく、夢をすべて形にして心から満足できる家にしたいもの。そんなわがままをしっかりかなえてくれるのが、広島市の中心部に事務所を構える、永橋越さんです。永橋...

永橋越プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 永橋建築事務所
住所 : 広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL : 082-242-4022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-242-4022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永橋越(ながはしわたる)

永橋建築事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビルを建てる (2)

別に相続税対策ではないのだけど、空き地にしておくのはもったいない。というケースもあります。こうい...

ビルを建てる人 (1)

ビルにも巨大なものからコンパクトなものまでいろいろあります。巨大なものは周辺を含めた壮大な計画が必要です...

家で問題を解決!

家を新築したり増改築したりする場合に、希望や理想を実現することがまず浮かびます。しかし、何か問題...

広島 建築家 (住宅の建て方)

住宅を手に入れる方法は、大きく分けて、「建てる」か「買う」かのどちらかだと思います。たまたまその土...

[ 設計・デザイン ]

広島 建築家 (設計 施工の分離Ⅱ)

設計・監理と施工を何故分離しなければならないか?先ず、工事金額、内容を誰がチェックするかと言う問題はど...

[ 設計事務所に相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ