コラム

 公開日: 2012-03-27 

建築雑感(再) 14  (木材)


昔は学校と言えば木造校舎というのが一般的でした。

それが、戦後しばらく経ってから鉄筋コンクリートに全て取って代わられました。

鉄筋コンクリートといえば強くて高級ですばらしいものという雰囲気で木造の校舎がどんどん壊されてコンクリートの建物に替わって行ったのです。

しかしここに来て木造は安物で燃えやすくて駄目なものというイメージがガラットかわって、親しみやすくて人間の感性に訴えるものがありコンクリートよりも高級なものとして見直されてきました。

木材は材料として優れた点も多いものですが、何よりもその色合い、肌ざわり、風合いが何物にも変えがたい親しみやすさと味があることが人気の秘密となっています。

材料としてもその重量当たりの強さは群を抜いていますし、圧縮にも引張りにも強く、保温性断熱性も優れたものを持っています。

大断面の木材は火事に対して鉄骨よりも強いと言うことは驚くべき事実ですね!

割り箸の事がよく問題になりますが、建築用にならない部分が使用されていることは勿論です。

世界中から色々な資材を運んで来て建築用に使われていますが、わざわざ遠くから燃料を使って運んでこなくても国産の木材をどんどん使えばどれだけ省エネに貢献できる事でしょう!

そもそも木材というものは生えている場所で使うのが一番良いとされています。

北欧の木材は北欧で使えばすばらしい性能を発揮しますが、日本で使えばすぐ腐ったり不具合が生じたりすることもあります。

たぶん日本の木材で北欧に建築しようとしたら何らかの不具合が発生するに違いありません。

昔の大工は、柱を建てる時、木を生えていた方向にあわせたそうです。

そうすると狂いも少ないし長持ちするそうです。

少々の値段の差を上回るメリットがあるとすれば、国内産できれば地元産の木材をどんどん使うべきではないでしょうか!

そうすれば省エネあるいはエコになるし地元の山も荒れないで済むし花粉症などもへってくるのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

永橋建築事務所 [ホームページ]

一級建築士 永橋越

広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL:082-242-4022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
ライフスタイルにあった家を提案してくれる住宅のプロ 永橋越さん

夢と理想を形に。ワクワクする家づくりを提案(1/3)

 家を建てるというのは、一生の中で何度もあることではありません。だからこそ、妥協することなく、夢をすべて形にして心から満足できる家にしたいもの。そんなわがままをしっかりかなえてくれるのが、広島市の中心部に事務所を構える、永橋越さんです。永橋...

永橋越プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 永橋建築事務所
住所 : 広島県広島市中区中町4-22 [地図]
TEL : 082-242-4022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-242-4022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永橋越(ながはしわたる)

永橋建築事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ビルを建てる (2)

別に相続税対策ではないのだけど、空き地にしておくのはもったいない。というケースもあります。こうい...

ビルを建てる人 (1)

ビルにも巨大なものからコンパクトなものまでいろいろあります。巨大なものは周辺を含めた壮大な計画が必要です...

家で問題を解決!

家を新築したり増改築したりする場合に、希望や理想を実現することがまず浮かびます。しかし、何か問題...

広島 建築家 (住宅の建て方)

住宅を手に入れる方法は、大きく分けて、「建てる」か「買う」かのどちらかだと思います。たまたまその土...

[ 設計・デザイン ]

広島 建築家 (設計 施工の分離Ⅱ)

設計・監理と施工を何故分離しなければならないか?先ず、工事金額、内容を誰がチェックするかと言う問題はど...

[ 設計事務所に相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ