コラム

 公開日: 2015-05-28 

実質と名目に注意 実質賃金前年比-2.6%

額面だけでは判断できない

前回のコラムで取り上げたお金の価値について、前回はインフレ、デフレとして取り上げました。


インフレやデフレは良く聞きますが、ピンとこないという方も多いのではないでしょうか。

ただこの言葉は理解できなくても、お金は額面だけを見ると変化はありません。

これを名目価値と呼びます。


私は、「元本を割らなければいい」という言葉をよく耳にします。

多くの方が思われている元本を割るというのはこの名目価値の事を言われていて、実質価値で見ると元本を割っている事があるのです。


実質賃金がマイナス


今月初めに厚生労働省が発表した3月の毎月勤労統計調査(速報)によると、実質賃金は前年比で2.6%のマイナスとなり、23か月連続でマイナスとなっています。

この数字は物価の変動を考慮したものですので、先ほどの名目ではなく実質。

今年の春には、ボーナスや賃金の上昇がニュースで取り上げられていました。

ですので、手元に入ってくる額面は多くなっているのです。

しかし、実際には消費税が上がったり、物の値段が上がっているので、家計の負担は大きくなっているという事が証明された結果となっています。


目的に合った運用を・・・



先ほど「元本を割らなければいい」と言われる方が多いと言いましたが、これでは実質は元本割れを起こしている事となります。

直近で使うお金や短期的に必要なお金はある程度の安全性が必要ですので、それこそ名目でも元本確保の商品で運用しなければいけませんが、中長期で使う予定のお金に関しては、この実質の価値を考えた商品で運用をしなければいけない事になります。

運用と聞くと怖いものと思われがちですが、ルールや基本を守って運用すれば怖いものではありません。



気軽にお問合せを・・・


投資についての基本的な考え方などのご相談も受け付けておりますので、是非、気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

FP事務所 MoneySmith [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野裕一

広島県安芸高田市向原町坂106-2 [地図]
TEL:0826-46-2262

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉野裕一さん

ライフプランをベースに、資産運用を多方面からトータルにサポート(1/3)

 「生命保険、住宅ローン、教育資金、老後の年金、資産運用など、家計の診断・見直しについて的確にアドバイス。より良いライフプラン(人生設計)の実現のお手伝いをします」と話すのは、FP事務所Money Smithの吉野裕一さん。終始笑顔の吉野さ...

吉野裕一プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

資産運用を多方面からトータルにサポート

会社名 : FP事務所 MoneySmith
住所 : 広島県安芸高田市向原町坂106-2 [地図]
TEL : 0826-46-2262

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0826-46-2262

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野裕一(よしのゆういち)

FP事務所 MoneySmith

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
円安ドル高が急伸・・・

 OPEC減産合意 こんにちは。先日、開かれたOPEC(石油輸出国機構)で減産が8年振りに減産合意されました...

[ 時事ネタ ]

不安な雇用が改善

こんにちは。 有効求人倍率1.40倍/完全失業率3.0%! 厚生労働省が発表した10月の有効求人倍...

[ 時事ネタ ]

配偶者控除引き上げへ・・・・

皆さん、こんにちは。現在、配偶者控除の額を引き上げる方向で話し合いが進んでいます。ブログにて、...

[ 時事ネタ ]

トランプ相場が続いています。

アメリカ大統領選が終わり、トランプ氏が大統領となり、失望売りが起きるかと思っていましたが、市場はトランプ氏...

[ 時事ネタ ]

老後の生活が不安! 早めに対策を

 セカンドライフは大丈夫? 将来の年金があてにならないと言う言葉を良く聞きます。確かに現在の年金...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ