コラム

2016-08-02

学資保険は必要か?人生最大の贅沢?

子供が生まれたら学資保険


以前、子供が生まれたら学資保険と言われるくらい、子供が生まれると必ずと言っていいほど学資保険に加入する時期がありました。


その当時は日本も高度成長期で保険自体の予定利率も高い時代でした。

昭和60年代では6%前後あったのです。



72の法則




私たちがFPでは一般的ですが72の法則というある金額が倍になる期間や利率が分かる法則があります。


72÷金利=倍になる期間

72÷期間=倍になる必要な利率

こういった計算式です。


仮に昭和60年前後の6%の利率のものに預けたとすると12年で倍になっていたという事になります。




実際の利回りはもっと低い


現在の予定利率は1%とされている保険会社が多いと思います。


しかしインターネットサイトでも保険のシミュレーションが出来る保険会社が多いですが、実質の利回りは1%を下回っているものが多いのではないでしょうか。


それは運用に回しているお金に対しての利回りを言っており、保険料に対しての利回りではないからです。



人生における大きな贅沢?無駄遣い?



教育資金に対してはよくご相談を受けますが、よく言われることが元本確保のもので多少でも増えるものがよいという言葉です。


しかしこれは額面の数字だけが元本割れをせずに増える事で、実質の価値は減ってしまう事もあります。



過去の授業料



この表は文部科学省が発表している過去の授業料等の推移ですが、この表で見ると平成27年の18年前の平成9年の公立の授業料は463,629円、入学料が373,893円の合わせて837,522円となっています。

この当時にこの数字を参考に教育費の準備をしたとして、平成27年度の授業料は537,857円、入学料が397,721円の合計935,578円で、上昇率は111.7%となっています。


この期間はデフレと言われ、物価が上昇しない時期であったり、給与が増えない方や減額された方も多かった時期です。

それでも10%以上増えています。

この期間に10%以上の学資保険に入っておられればある程度の足しとなっていると思いますが、それ以外にも付随する費用がありますよね。


今ほど金利も低くなってしまうと更に学資保険に加入する意味があるのかと疑問に思ってしまします。


今後、景気が回復すると預金金利も上昇する可能性もありますし、株式などの価額も上昇するでしょう。


学資保険は保険会社が販売しやすい様に付けた名前で、教育費は学資保険以外にも良い方法があると思います。

この記事を書いたプロ

FP事務所 MoneySmith [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 吉野裕一

広島県安芸高田市向原町坂106-2 [地図]
TEL:0826-46-2262

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉野裕一さん

ライフプランをベースに、資産運用を多方面からトータルにサポート(1/3)

 「生命保険、住宅ローン、教育資金、老後の年金、資産運用など、家計の診断・見直しについて的確にアドバイス。より良いライフプラン(人生設計)の実現のお手伝いをします」と話すのは、FP事務所Money Smithの吉野裕一さん。終始笑顔の吉野さ...

吉野裕一プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

資産運用を多方面からトータルにサポート

会社名 : FP事務所 MoneySmith
住所 : 広島県安芸高田市向原町坂106-2 [地図]
TEL : 0826-46-2262

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0826-46-2262

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉野裕一(よしのゆういち)

FP事務所 MoneySmith

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
年金の受給要件を10年へ・・・
イメージ

 年金受給資格 20歳以上の国民が必ず納付しなくてはいけない年金保険料ですが、20歳から40歳までの全...

[ 年金 ]

大学の教育資金が足りないご家族が増えています!!
イメージ

 実例を基にした話です。 皆さん、こんにちは!ご相談を頂いたご家庭でアドバイスをさせて頂いて...

[ 教育資金 ]

マイナス金利が広がる

 超低金利とマイナス金利 既に欧州の数国で行われているマイナス金利政策ですが、今年1月29日に日本でも...

[ 時事ネタ ]

終活の前に生活と老活を・・・・

 終活ブームとなっていますが・・・ 少し前まで、エンディングノートという言葉やノートを見聞きする事が多...

[ ライフプラン ]

目標は3%以上の運用を・・・

 日銀から今後の方向性を観る 先日、日銀の今後の方針を決める日銀決定会合か開かれました。決定会...

[ 資産運用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ