コラム

 公開日: 2017-09-13 

珪藻土の効果とは?壁材として選ばれる理由

近年は、珪藻土を使ったバスマットが販売されるなど、吸水性が良く、濡れてもすぐに乾くといった速乾性が珪藻土の特徴として広く知られるようになりました。

珪藻土は、小さな穴(孔)を無数に持つ多孔質の素材で、水分を吸収したり放出したり、調湿作用があります。

珪藻土は、漆喰同様、自然素材の壁材としても多くの住宅、マンションで使用されています。

今回は珪藻土の基礎知識から、壁材としての効果、どういった方におすすめなのかについてご説明します。

壁材としての珪藻土とは

自然素材の壁といえば、まずは漆喰を思い浮かべるのではないでしょうか?

冒頭でも触れたように、珪藻土は最近になってバスマットなどで注目を浴びるようになったので、珪藻土が持つ特性についても広く知られるようになったと思います。

実はコンロや七輪の素材として、古くから私たちの身近にあったものなのです。

珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石からなる堆積物(堆積岩)であり、食べられる土としても有名です。実際、熊本城では籠城した際に食物がなくなってもよいように、食べられる土である珪藻土を内壁材として使用したという逸話も残っています。

珪藻土は大きく分けて海水産のものと淡水産のものがあります。一般的には海水産の珪藻土の方がさまざまな不純物を含んでいる割合が高く、淡水産の珪藻土の方が品質が良いと言われています。これは内壁材として使う際であっても同様です。

珪藻土はこんな人におススメ

マンションであっても、自然素材を使ったリノベーションは十分可能で、珪藻土の壁はおすすめです。

マンションの壁などに使われているクロスには、アトピーやシックハウス症候群の要因にもなる化学物質が含まれており、気密性の高いマンションなどでは、こういった化学物質による体調不良が問題になっています。

自然素材の珪藻土には化学物質は含まれませんので、健康面に不安を持つ方には検討していただける素材のひとつだと思います。

小さなお子さんがいるご家庭、高齢者の方が住まう場所には、珪藻土の壁をおすすめします。お子さんや高齢者層は化学物質などに敏感です。そのため、ビニールクロスなど化学物質を使った素材はできるだけ避けたいものです。

また、これまで家の結露に悩まれていた方にも珪藻土の壁はおすすめです。珪藻土はバスマットにも使われていることからもわかるように、吸水性の高い素材です。この吸水性の高い珪藻土を壁に使えば、空気中の水分も吸水し、家の中の結露の原因となる空気中の水分を減らすことが可能になります。

体にやさしい住空間を目指す場合は、珪藻土など自然素材を用いたリノベーションをおすすめします。

珪藻土の効果

珪藻土は吸水性が高いだけではなく、非常に優れた調湿性能を持つ素材でもあります。

単に吸水性が高いだけであれば、家の中に必要な水分もすべて吸い取ってしまうことになります。しかし、珪藻土は家の中の湿度が40%を割ると逆に湿気を吐き出し、ちょうどいい適度な湿度を保つ力を持っています。

その性能は備長炭や竹炭よりもはるかに高いと言われています。そして、それ以外の珪藻土の効果には次のようなものがあります。

(1)消臭効果
珪藻土には、家の中の嫌な臭いを吸い取る消臭効果もあります。タバコや生ごみ、生乾きの洗濯もの、ペットなどの臭いのほとんどの原因は、水溶性の分子に付着します。吸水性の高い珪藻土は、水分を吸い込むのとあわせて、イヤな臭いも吸い込んでくれるのです。

(2)耐火性
珪藻土は融点が1200度以上と言われており、高温になっても燃えにくい素材です。七輪やコンロに珪藻土が使われているのも、こういった理由からです。
そして自然素材からなる珪藻土は、万が一、火災が発生しても煙や有害ガスを発生しないため、一酸化中毒などの二次災害を防ぐことができます。

(3)断熱性能
珪藻土は多孔質で細かい穴が無数に開いています。そのため熱伝導率が低いという性能があり、高い断熱性能も備えています。
高い断熱性能と調湿性能、このふたつの性能により冷暖房の使用をおさえられる珪藻土は、省エネ効果も高い素材だといえます。

(4)自浄効果
調湿性能によって家の中の湿度を適度に保つ珪藻土は、油分やお茶、醤油などをひっかけてしまっても、それさえも吸い込み、吐き出していくことで汚れをきれいにしていく自浄効果の性質も持ち合わせています。

さらに電気を帯電しないという力もあります。これによりホコリを吸い寄せることもなく、掃除も簡単です。

単なる自然素材というだけではなく、これだけの効果を期待できる珪藻土です。珪藻土にもいろんなタイプがありますので、より良い効果を得るためにも専門家に相談しながら、快適な住まいづくりをしていきましょう。

問い合わせはお気軽に

 最後までコラムをお読みいただきありがとうございます。
マンションのリフォームやリノベーションでは、完成イメージのご要望は同じでも、物件毎に様々なクリアすべき問題や使える工法が違ってきます。うちの場合はどうなのか?費用面はどうなのか?など、もっと詳しくお知りになりたい方はお電話か問い合わせフォームでご連絡ください。まずはお話だけでも構いませんよ。

この記事を書いたプロ

工房住空間 建築デザイン株式会社 [ホームページ]

インテリアコーディネーター 城代博

広島県広島県広島市中区小町1-1 木村ビル3F [地図]
TEL:082-258-1701

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施工事例
イメージ

お一人で暮らされるということで、部屋をあまり仕切らず開放感のある空間にリノベーションしました。キッチンのカフェカウンターが印象的です。洗面とトイレは一つ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
城代 博さん

シンプルで良質なリノベーションの良き併走者でありたい(1/3)

 都心の中古マンションを自分好みにリノベーションして住む。そんな新しいライフスタイルが注目されています。あえて新築のマンションではなく、中古マンションをリノベーションするという選択は「ある意味、注文住宅を建てるのと同じくらいの自由度がある」...

城代博プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

設計から予算組み、施工までをトータルにご相談頂けます。

会社名 : 工房住空間 建築デザイン株式会社
住所 : 広島県広島県広島市中区小町1-1 木村ビル3F [地図]
TEL : 082-258-1701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-258-1701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

城代博(じょうだいひろし)

工房住空間 建築デザイン株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ただ新しくなればと思ってたけど、欲が出ました(笑)

*最初に、今回リフォームを決意されたきっかけを教えてくだ...

広島市中区K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マンションリノベーションでリビング扉にオリジナル性を出そう
イメージ

ここ最近のマンションリノベーションでのご要望に多いのが、リビング入口扉のオーダー製作です。因みに扉のこ...

[ デザイン ]

アクセントウォール
イメージ

ここ最近の現場からアクセントウォールに焦点を絞ってご紹介します。西区井口鈴が台の築40年の分譲住宅。...

[ デザイン ]

マンション用L45直貼りフローリングを無垢フローリングに張り替える工法その1
イメージ

今回はマンション用L45直貼りフローリング又はカーペットから無垢フローリングに張り替えるために必要不可欠な下...

[ 工法 ]

リフォームの時に木製カウンターの塗装もリフレッシュしませんか
イメージ

 木で作られたカウンターは汚れていく リノベーションや大きくリビングをリフォームする時は良いのですが、...

[ 補修方法 ]

マンション入居20年以上の方へ、そろそろ内装リフレッシュの時期ですよ。
イメージ

春めいた日が続くようになってきました。もう春は目の前といった感じですね、ポカポカ日和が続くとなんだか色々...

[ 工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ