コラム

 公開日: 2017-08-02 

無垢材フローリングの日常のお手入れ方法

マンションのリノベーションにより、憧れの無垢材フローリングを実現したものの、その後のお手入れの方法がわからずに、傷や汚れでいっぱいになってしまっていませんか?

無垢材の持つ風合いや快適な肌触りを維持するには、日常的なお手入れが非常に重要です。
そこで今回は無垢材フローリングを傷や汚れから守る塗装仕上げの種類、そして日々のお手入れ方法についてご紹介します。

塗装仕上げの種類

無垢材フローリングを守る方法として塗装があります。無垢材の風合いや肌触りを損なうことがないのは無塗装ですが、当然、傷や汚れには弱くなってしまいます。長く使っていくためには、何らかの塗装をすることをおすすめします。以下に主な塗装をご紹介します。

(1)ウレタン塗装
塗装剤の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料です。無垢材フローリングの表面を薄い膜で覆うような塗装のため、艶や光沢が出て高級感のある仕上がりになります。また撥水性に優れているため、メンテナンスが楽です。

デメリットとしては、表面を膜で覆ってしまうため、無垢材の持つ快適な肌触りは失われてしまいます。また無垢材が茶や黒系の濃い色の場合、塗装に傷がついた際に白く目立ちます。さらに表面に傷がついてしまうと、専門の業者などに補修を依頼しないときれいには直りません。

ちなみにウレタン塗装にはウレタンUV塗装というものもあります。これは紫外線から無垢材を守ってくれるという意味ではなく、紫外線を照射することで塗装を乾かす塗装方法ですのでご注意ください。

(2)オイルやワックスなどの塗装
表面をコーティングする塗装方法に対し、こちらはオイルやワックスを無垢材フローリングに浸透させる塗装方法です。コーティングするわけではないため、無垢材の風合いや肌触りは残りますが、傷から守ることはできません。またオイルやワックスに天然由来のものを選択すれば、化学物質に敏感な人への負担軽減も可能です。

デメリットとしては、コーティング塗装に比べ、頻繁に塗り替えが必要になること、汚れや傷がつきやすいことが挙げられます。

日常のお手入れ方法

次に無垢材フローリングを長くきれいに、そして快適に使用するための方法として、塗装別に日常のお手入れについてご紹介します。

(1)ウレタン塗装のお手入れ方法
ウレタン塗装は、一度塗装してしまえば、状況にもよりますが、長期に渡って塗り替えの必要がありません。日常のお手入れも通常のフローリングと同様に掃除機や雑巾がけで十分です。
汚れなどを取る場合は雑巾で水拭きをします。ただし、しっかりと絞っておかないと、目地などから水が入ってしまう可能性もあります。これを放置していると木材が膨張することで反りや割れの原因となることもあり得ます。

また頻繁な塗り替えは必要ありませんが、ウレタン塗装の艶や光沢を保つためには、1~2年に1回程度、ワックスがけを行うようにしてください。

(2)オイルやワックスなどの塗装
ウレタン塗装と同様に、日常のお手入れは掃除機や雑巾での乾拭きです。ただし汚れがついた場合などでも、できれば水拭きは避けるようにしてください。

オイルやワックスでの塗装は無垢材をコーティングしていないため、水分を含んでしまうとすぐに膨張してしまいます。また化学雑巾や化学薬品を含むウェットタイプのモップでの掃除は、薬品によって無垢材が変色してしまう可能性があるため、これも避けたほうがよいでしょう。

再塗装もウレタン塗装同様に1~2年に1回程度で十分です。あまり頻繁にやりすぎるとかえって汚れが付きやすくなってしまうので気を付けてください。

またウレタン、オイル・ワックスどちらも台所など汚れやすい場所で使用している場合は、半年に1回程度はワックスがけをすることをおすすめします。

傷、汚れのお手入れ方法

フローリングにコップや食器を落としてしまう。家具を移動する際に引きずってしまう。お子さんがおもちゃなどで叩いてしまうなど、日々生活をしていれば、どうしても傷や汚れはついてしまいます。

そこで最後に傷や汚れがついてしまった際のお手入れ方法についてご紹介します。

ウレタン塗装に傷がついてしまった場合、程度にもよりますが、基本的には専門の業者などに補修を依頼することをおすすめします。汚れに関しては、油汚れであれば中性洗剤、黒ずみや飲食物の場合は水性のクリーナーワックスなどで拭き取ります。その際、必ず乾拭きすることを忘れないでください。

オイルやワックスなどの塗装に傷がついた場合、濡れタオルを置き、その上からアイロンを当てる、もしくはスチームアイロンを使ってもある程度は傷が元通りになります。

擦り傷の場合は、サンディングを行い、擦り傷部分の木材を削り、のちに再塗装を行います。ただしどちらの傷も程度によっては、自分でやるよりも専門の業者に依頼したほうがよいでしょう。

オイルやワックスなどの塗装で汚れた場合のお手入れ方法ですが、基本的にはウレタン塗装の場合と同様です。ただしウレタン塗装よりも汚れがつきやすいため、汚れたらすぐに対応するようにしないと、落ちなくなってしまいますので注意してください。

問い合わせはお気軽に

 最後までコラムをお読みいただきありがとうございます。
マンションのリフォームやリノベーションでは、完成イメージのご要望は同じでも、物件毎に様々なクリアすべき問題や使える工法が違ってきます。うちの場合はどうなのか?費用面はどうなのか?など、もっと詳しくお知りになりたい方はお電話か問い合わせフォームでご連絡ください。まずはお話だけでも構いませんよ。

この記事を書いたプロ

工房住空間 建築デザイン株式会社 [ホームページ]

インテリアコーディネーター 城代博

広島県広島県広島市中区小町1-1 木村ビル3F [地図]
TEL:082-258-1701

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施工事例
イメージ

お一人で暮らされるということで、部屋をあまり仕切らず開放感のある空間にリノベーションしました。キッチンのカフェカウンターが印象的です。洗面とトイレは一つ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
城代 博さん

シンプルで良質なリノベーションの良き併走者でありたい(1/3)

 都心の中古マンションを自分好みにリノベーションして住む。そんな新しいライフスタイルが注目されています。あえて新築のマンションではなく、中古マンションをリノベーションするという選択は「ある意味、注文住宅を建てるのと同じくらいの自由度がある」...

城代博プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

設計から予算組み、施工までをトータルにご相談頂けます。

会社名 : 工房住空間 建築デザイン株式会社
住所 : 広島県広島県広島市中区小町1-1 木村ビル3F [地図]
TEL : 082-258-1701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-258-1701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

城代博(じょうだいひろし)

工房住空間 建築デザイン株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

凄く満足してるから、引きこもり主婦になってしまいました(笑)

●最初に、今回リフォームを決意されたきっかけを教えてくださ...

広島市中区T
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マンションリノベーションでリビング扉にオリジナル性を出そう
イメージ

ここ最近のマンションリノベーションでのご要望に多いのが、リビング入口扉のオーダー製作です。因みに扉のこ...

[ デザイン ]

アクセントウォール
イメージ

ここ最近の現場からアクセントウォールに焦点を絞ってご紹介します。西区井口鈴が台の築40年の分譲住宅。...

[ デザイン ]

マンション用L45直貼りフローリングを無垢フローリングに張り替える工法その1
イメージ

今回はマンション用L45直貼りフローリング又はカーペットから無垢フローリングに張り替えるために必要不可欠な下...

[ 工法 ]

リフォームの時に木製カウンターの塗装もリフレッシュしませんか
イメージ

 木で作られたカウンターは汚れていく リノベーションや大きくリビングをリフォームする時は良いのですが、...

[ 補修方法 ]

マンション入居20年以上の方へ、そろそろ内装リフレッシュの時期ですよ。
イメージ

春めいた日が続くようになってきました。もう春は目の前といった感じですね、ポカポカ日和が続くとなんだか色々...

[ 工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ