Q&A(このプロの回答)

300日問題について
はじめまして。
10月29日に協議で離婚が成立しました。
元夫は単身赴任してたのですが帰省してる間も別部屋で寝てました。
1年以上は性交渉もありません。
10月7日ごろから新しく私の名義で借りたマンションへ子供たち3人と引越しました。
そして29日に離婚が成立。

本題はここからですが、今月11月中旬ごろ妊娠が判明しました。
現在付き合ってる人の子供で間違いありません。

来年、5月頃には入籍予定です。
しかし生まれてくる子供の戸籍が心配です。
元夫には知られず戸籍を作る方法は無いのでしょうか?
と言うのも知られた場合、慰謝料請求とかの問題がでてくるからです。
そして元夫の戸籍にはどうしても入れたくありません。

投稿日時:2012-11-28 21:58:52
法律

山下江 やましたこう

山下江の回答

300日問題~元夫には知られず子どもの戸籍を作る方法はあるのか~

ご質問いただいた300日問題については、以前も回答しています。
コチラをご参照ください↓↓↓
http://mbp-hiroshima.com/q/39/

 相談者さんは現在妊娠されているということですが,出産が離婚から300日以内ということであれば,現状のまま新しい夫の子供として届け出ようとしても受け付けてもらえません。 

 仮に,婚姻の解消(=離婚の時)以降に妊娠したのであれば,医師に「懐胎時期に関する証明書」を発行してもらい,推定される懐胎の時期の最も早い日が離婚より後である場合には,前の夫を父としない出生の届出をすることができます。

 次に,この方法をとることができない場合に,相談者さんの希望に一番沿う形で手続きを進められる可能性があるのは,実の父親に対して認知を求める調停をおこし,合意に変わる審判(家事審判法23条)をもらう方法です。

 しかし,この方法をとった場合でも,裁判所は当事者の合意の正当性を判断する必要がありますから,そのために元夫に対する事実調査が必要だと判断されれば,結局調査の過程で元夫に事情が伝わってしまう可能性があります。

 また,相談者さんの事案では,「嫡出の推定が及ばない」場合にあたるのか,というところも問題があると思います。「嫡出の推定が及ばない」とされるためには,妻が子を妊娠したであろうと予測される時期に夫婦間に性的な関係を持つ機会がなかったことが明らかであるなどの事情が必要になります。今回,元夫は単身赴任中であったとはいえ,帰省していた事もあるというお話なので,妊娠された時期との関係では,嫡出の推定を受けると判断される可能性もあり,実の父親に対して認知を求めるという方法が許されない可能性もあります。 

 その場合,結局元夫の協力を求めるしかないという事になります。嫡出否認の調停は元夫が子供の産まれたことを知ってから1年以内に申立てなければならないという期間制限がありますので(嫡出の推定が及ぶ場合に期間制限を徒過してしまうと,法律上,元夫の子であることを覆せなくなってしまいます),早い段階で元夫に相談された方が良いでしょう。

 婚姻期間中,婚姻関係破綻前に不貞行為があったのであれば,慰謝料の発生事由となり,元夫から請求されれば妥当な額の慰謝料を支払う必要があります。しかし,産まれてくるお子さんのことを考えれば,早く正しい戸籍が作られるのが望ましいと思われますので,正直に事実を告げられることも検討された方が良いかと思います。

回答日時:2012-12-04

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんのお知らせ「空き家、相続・贈与税対策 無料セミナー」
イメージ

専門家が教える<不動産>のアレコレが満載!マエダハウジング不動産と山下江法律事務所が共同開催する、今年...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの『「卍(まんじ)じゃね」 ?!?!』ほか
イメージ

 「卍(まんじ)じゃね」 ?!?! 昨日(30日)朝の「めざましテレビ」(フジテレビ)で、女子高生流行語...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「平成27事務年度における相続税の調査の状況」ほか
イメージ

 弾丸トラベル国内篇 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です。先週末は、大移動...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「個人再生なら家を残せますか?」
イメージ

2016/11/28(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの『企業法務セミナーで「金コイン」プレゼント(堤田貴金属工業株式会社様』ほか
イメージ

 企業法務セミナーで「金コイン」プレゼント(堤田貴金属工業株式会社様提 11月25日(金)夜、当事務所横...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ