コラム

2016-03-18

弁護士コラムvol.121 「物損事故の評価損(格落ち)とは」 小林 幹大

山下江法律事務所 弁護士 小林幹大

物損事故の評価額(格落ち)とは

1.交通事故に遭い、幸いにして怪我がなかったとしても、自動車の修理についての問題は避けて通れません。車は、修理をすれば綺麗にはなりますが、事故で、俗に言う「キズモノ」にされたのだから、修理代を払ってもらっただけでは納得できないと考える人もいるでしょう。これが、評価損や格落ちといわれる問題です。

2.事故で被った損害を加害者に請求できるのは、加害者が不法行為に基づく責任(民法709条)を負うからであり、交通事故によって交通事故の前よりも、自動車の財産的価値が下がったということができれば、その下がった分を賠償してもらえます。
 思い入れのある車を壊され、慰謝料を請求するということも考えられなくはないのですが、裁判所は、物を壊されたという精神的苦痛に対する慰謝料の支払いを、基本的に認めません。

3.これを前提として、どのような場合に評価損の請求が可能なのか、考えてみます。
① まず、適切な修理をしたが、技術的限界から、性能や外観が事故前よりも低下した場合には、それによって価値が下がった分の請求は可能と考えられます。人間でいう、後遺症が残った場合に似ています。外観にゆがみが残った、走行中振動が出る等、がこれにあたります。
② また、修理を行いその時点では外観・性能に問題がなくとも、将来的に不具合が生ずるおそれが残った場合も、耐久性という性能が低下したといえますので、価値低下分の請求は可能でしょう。
③ では、性能に問題はないが、修理をしたことによって「修復歴」のある車両となってしまった場合はどうでしょうか。
 日本での自動車取引では、「修復歴」がある車両は、「修復歴車」として告知され、修復歴のない車両よりも取引価格が低くなりますから、取引価格が低下した部分は、財産としての価値が低下しており、評価損として請求可能と考えられます。
 ただし、「修復歴」とは、車体の骨格部分(おおまかに言えば、溶接で組み立てられている部分)に修復があることを言いますから、ボルトを緩めれば取り外せる部分(ボンネットやドアパネル)だけを交換したような修理では、「修復歴車」にはあたりませんので、評価損を請求することは難しいでしょう。
④ 性能に問題もなく、取引価格の低下もないが、単に事故に遭って縁起が悪いといったような場合は、賠償を請求することは難しいといえるでしょう。

4.修理費だけでなく、評価損も請求したいと考える場合には、適切な根拠に基づく相手方との交渉や、場合によっては訴訟も必要です。また、車両の年式、程度によっては、評価損にこだわらず、適切な修理費を請求するほうがよい場合もあります。ぜひ当事務所にご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 小林 幹大 (広島弁護士会所属)

弁護士 小林 幹大のプロフィール

■交通事故専門サイト「弁護士に相談するメリット

■弁護士コラムバックナンバー【交通事故】
・vol.100 「交通事故で顔に傷が残ったら」 齋村 美由紀 2015/5/29
・vol.95 『交通事故被害における「症状固定」とは?』 柴橋 修 2015/3/20
・vol.79 「交通事故被害に遭って自動車が壊れたら・・・」 久井 春樹 
・vol.75 「自転車事故における損害の填補」 松浦 亮介 2014/6/6
・vol.74 「交通事故の過失割合について」 蔦尾 健太郎 2014/5/23
・vol.64 「交通事故の損害賠償の算定について」新名内沙織  2013/12/20
・vol.63 「交通事故の損害賠償請求の相手方は?」榎本紀子  2013/12/6
・vol.11 「日常生活におけるトラブル(交通事故)」上土井幸始 2011/11/4

弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ