コラム

2016-02-09

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「夫がセックスに応じてくれない…」

2016/2/8(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「夫がセックスに応じてくれない…」
セックスレス 離婚 相談 広島

夫がセックスに応じてくれない…

Q: 今月は、「離婚・男女トラブル」をテーマに、番組に寄せられました手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日もよろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は、36歳の女性の方から、メールをいただきました。

 「江先生、丸子さん、こんにちは。
 今月は離婚についての相談を募集していると聞いてメールをしました。
 私は3年前に結婚をしました。
 夫とは趣味も合い、仲良く過ごしているのですが、ただひとつ、困ったことがあります。
 それは、もう1年以上、セックスレス状態が続いていることです。
 昨年、夫が転職しました。
 最初は仕事に慣れず疲れているからだろうと私もあまり気にはかけていなかったのですが、さすがに職場にも慣れ、仕事も軌道に乗っているようです。
 浮気を疑ってみたりした時期もありました。
 しかし、特に気になる様子もなく、夫婦間の会話も休日の過ごし方も以前と少しも変わらないのです。
 ただひとつだけ…変わったこと、それが性交渉を持たなくなったという点です。
 私も既に36歳、今、妊娠できたとしても高齢出産になります。
 結婚をした以上は子どもを持ちたい…私の夢のひとつでした。
 このままの状態が続くと、子どもを望むことも諦めなければならないかもしれません。
 夫のことは今でも大好きですし、別れたいわけではないのですが、子どもを持つ夢も捨て切れません。
 悩みに悩んだ結果、現状に変わりがないのであれば、離婚も視野に入れて考えなければ…と思うようになりました。
 以前、一度、勇気をだして「私と離婚を考えているの?」と聞いたことがあります。
 その時は「ないない。なんの不満もないし、大好きだし、絶対離婚なんてしないよ。もし離婚なんて言い出したら慰謝料もらうからね。」と笑って言っていました。
 このままだと、離婚すらすんなりできないような気がしています。
 いざとなると、セックスレスを理由に、離婚することは、可能なのでしょうか?
 教えてください。」

と、いう内容です。
 最近、仲はいいけどセックスレスで…という夫婦のお悩み、よく聞きますね。
 今週のお悩みも、セックスレスを理由に離婚ができますか?ということですが、これは、できる。ということでしたよね?

A: そうですね、可能です。
 以前も、同じようなお悩みに応えたことがありますね。
 今日は、もう一度、セックスレスと離婚について、お話しましょう。

Q: よろしくお願い致します。

A: まずは「セックスレス」の意味から見ていきましょう。
 ただ単に、性交渉が無い男女の関係をイメージしがちですが、そうではなく、どちらかが望んでいるのに、何らかの理由によりセックスをしていないカップルを指します。
 これは夫婦はもとより、恋人同士にも使われる言葉です。

Q: たしか、性交渉がなくても、お互いがそれで納得していれば、何の問題もないということでしたよね。

A: そうです。
 今回のご相談のように、一方的にどちらか片方が性生活を拒否しているような場合において、「セックスレス」と言い、問題となるのです。
 その理由としては、夫婦間の性生活は、結婚においては当然両者間で合意がなされているものと想定されているからです。

Q: 夫婦間の性生活について法律の規定があるということはないのですか?

A: 特に条文はありませんが、セックスレスは『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたるとして、離婚を認めた最高裁判所の裁判例があります。

Q: 『婚姻を継続し難い重大な事由』というのは、民法で決められている離婚原因のひとつですよね。

A: そうです。
 民法で決められている、相手方に対して離婚を請求できる理由は全部で5つありましたね。
 一つ目は『配偶者の不貞行為』
 二つ目は『悪意の遺棄』
 三つ目に『3年以上の生死不明』
 四つ目は『不治の精神病』
 そして五つ目に先ほど申し上げた『婚姻を継続し難い重大な事由』が挙げられます。
 裁判の事案は、男性の方に性交能力がなく、結婚から1年半経過した夫婦の場合でした。
 最高裁判所はセックスレスを「若い女性である妻として、忍び耐えないものである」とした上で、「夫婦の性生活が婚姻の基本となるべき重大事項である点」を考えれば、先ほど申したように、離婚原因のひとつとなる『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたると判断したわけです。

Q: この場合は男性の方に性交能力がないということでした。
 今回のご相談者の旦那さまは、性交能力がないとは限りませんが、大丈夫でしょうか?

A: 性交能力がある無しに係らず、妻との性交渉を拒否しているということは、婚姻の基本たる夫婦の性生活がないことにかわりはないので、離婚原因のひとつである『婚姻を継続し難い重大な事由』に違いないと判断していいと思います。

Q: なるほど。
 現時点では、旦那さまは離婚する気もないようですが、離婚に応じてもらえなくても、法の力で離婚ができる可能性はあるということですね。

A: はい。
 離婚は可能だと思います。

Q: ちなみに、ご相談者のメールにあったように、離婚を考えていない旦那さまに、セックスレスを理由に離婚を切り出した場合、慰謝料を請求されることはあるのでしょうか?

A: いえいえ、逆です。
 男性側の性交拒否が原因で婚姻が破綻したわけですから、その破綻によって精神的な損害を被っているのは、離婚を切り出した妻の方となります。
 ですから、旦那さんから慰謝料を請求されるのではなく、旦那さんに対して離婚請求と慰謝料請求ができるのです。

Q: なるほど。
 ちなみに、このような場合の慰謝料の金額はどのくらいになりますか?

A: 一概には決まっていません。
 慰謝料については、資産や収入状況、相手方の責任の大きさ、妻側には責任はなかったのか…など、様々な面を考慮して判断されるのが一般的です。
 まぁ、多くて数百万円といったところでしょうかね。

Q: なるほど…、夫婦になった以上、性交渉は円満な生活を送るのに必要不可欠な行為であることも確かですよね。
 お互いが合意の下であればいいのですが、どちらか一方が自分勝手な行動をし続けていると、いつかは破綻してしまう上に、慰謝料まで請求され兼ねない、という事実があることも、頭の隅に置いておかなければいけませんね。

A: そうですね。
 今回のご相談者は、旦那さまと揉めているわけではないですし、お互いに好意は抱いているようですから、できれば離婚ではなく、話し合いによって、もとの鞘に落ち着いて、新しい家族のカタチを築いていただきたいですね。
 離婚は最後の手段として…、それまでに、お互いに話し合ったり、相手の気持ちに寄り添ったりして、解決できることを期待したいですね。

Q: そうですね。
 そして、ご自分たちで解決できなければ、是非、山下江法律事務所に相談していただきたいですね。

A: 離婚や男女トラブルの相談のうち、今回のセックスレスによる相談は、なかなか切り出しにくいお悩みかもしれません。
 しかし、一人で悩んでいても、良い解決方法はみつからないと思います。
 当事務所では、女性弁護士も3名所属しております。
 同性だからこそ話せることもあると思いますので、是非、気負うことなく、お電話ください。

Q: それではここで、フリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「夫がセックスに応じてくれず、離婚をしようかと悩んでいる」というお悩みに、答えていただきました。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ
「息子が親の承諾無しに結婚していた」について
2016/2/15 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■離婚・男女トラブル問題専門サイト「裁判離婚の5つの離婚事由」

■バックナンバー(離婚・男女トラブル)
「女性の再婚禁止期間が100日となったようですが」 2016/2/1OA
「不倫相手から慰謝料を取りたい」 2015/9/29OA
「離婚は弁護士に依頼した方が良い?」 2015/9/22OA
「10年別居中、離婚できますか?」 2015/9/15OA
「離婚後の子の姓と相続の関係」 2015/9/4OA
「家に金を入れない夫と離婚できるか」 2014/8/11OA
「夫の同性愛は不貞行為になりますか」  2014/2/25OA 
「夫と話すことなく離婚手続きを進めたい」  2014/2/17OA 
「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」  2014/02/10OA 
「暴力と浪費の夫と離婚したいが」  2014/2/3OA 
「熟年離婚,年金分割について知りたい…」  2013/9/30OA 
「宗教にはまった妻と離婚したい…」 2013/9/23O 
「婚約不履行、どこまで損害賠償できる?」  2013/9/16OA 
「セクハラ被害で訴えたいが、恥ずかしくて行動に移せない」  2013/9/9OA 
「金遣いの荒さが原因で離婚できるか?」  2013/9/2OA 
「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25O 
「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA 
「養育費の決め方」 2013/2/4OA 
「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA 
「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA 
「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA 
「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA 
「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA 
「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA 
「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA 
「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA 
「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA 
「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA 
『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA 
「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA 
「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA  
「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA 
「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ