コラム

2016-01-26

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「後遺障害等級に不満があるのですが…」

2016/1/25(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「後遺障害等級に不満があるのですが…」
後遺障害 広島 相談 弁護士

後遺障害等級に不満があるのですが…

Q: 今月は、「交通事故」をテーマに、番組に寄せられました手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日もよろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は、31歳の男性からのお悩みです。

 「交通事故で後遺障害が残り、その認定を受けましたが、その等級に納得がいかず、毎日悩んでいます。
 弁護士事務所にも行きましたが、納得の行く結果が出ていません。
 私が無茶を言っているのでしょうか?
 私の事例を聞いていただき、これから先のアドバイスをいただければと思い、メールしました。
 私は昨年、出勤中に事故に遭いました。私がバイクで相手は軽自動車です。
 私が直進、相手が右折をしてきて衝突しました。
 この事故で、私は大ケガをし、入院。
 リハビリを経てある程度は歩けるようになりましたが、右足の関節の自由が利かなくなりました。
 現在は、職場復帰もしていますが、後遺症が残っているため、以前と同じ仕事は出来ず、事務的な仕事に就いています。
 これまで相手方の保険会社と交渉をして、提示があった損害賠償金は330万円。
 1ヶ月以上も休んだ上、後遺症も残り、ましてや元の職場に帰ることもできず、正直給料も減っています。
 賠償金額に納得ができず、知り合いから紹介された法律事務所に相談に行きました。
 そこでは交通事故紛争処理センターへの手続きを行ってもらいました。
 しかし、そこから出てきたあっせん案も450万円、もちろん納得がいきません。
 正直がっかりしています。
 江先生、私はこの提示金額で納得せざるを得ないのでしょうか?」

という内容です。
 この方、保険会社の提示に納得がいかず、一度は法律事務所へも相談にいかれていますが…
 120万円程度しか賠償金額が増えていませんね。
 どうしてなのでしょうか?

A: 確かに法律事務所へ相談に行かれていますが、この法律事務所での対応が「交通事故紛争処理センター」での示談交渉で止まっている…というところがポイントですね。
 センターは、自動車事故の被害者と加害者が契約する保険会社との示談をめぐる紛争を解決するため、被害者と保険会社等との間に立って法律相談、和解あっ旋及び審査手続を無料で行ってくれるところです。これについては以前、この番組でもお話しましたね。

Q: そうでしたね。
 ただ、ここから提示された賠償金も納得できないのでは、せっかく弁護士に依頼したのに…不満がでても仕方ありませんね。

A: 丸子さん、弁護士が力を見せるのは、ここからです(笑)
 というのはちょっと言いすぎかもしれませんが…。
 ようするに、交通事故紛争処理センターからのあっせん案に納得ができない場合は、審査請求をするのも一つですが、訴訟を提起することにあると思います。
 裁判で解決するということです。

Q: なるほど。そうすると…どうなるのですか?

A: 相談者の現在の症状、職種、交通事故前と後の仕事の内容など、詳しいお話を伺っていないのでなんとも申し上げられませんが、少なくとも、業務・日常生活における細々とした支障などを詳細に主張して、労働能力喪失、喪失期間、後遺障害の等級などの見直しをしていくことになるでしょうね。

Q: 弁護士による、これらの指摘や主張によって、損害賠償金額が大幅に変わる…可能性があるというわけですね。

A: そうですね。
 争い方によって結果が異なることが多々あります。
 さらに私たち弁護士は、被害者の立場に立って、交通事故前と後の生活や業務における違いや、身体の違いなどにも細かく寄り添うようにしています。
 どんな方にも将来があるわけですから、一度の交通事故によって、これから先の人生が暗く辛いものにならないよう、納得して前向きに歩んでいける!と思っていただける解決へと導きます。

Q: 心強いお言葉ですね。
 このような考え方を持っている弁護士に依頼する!というのも、大切なポイントですね。

A: いえいえ、弁護士は、みんな同じ気持ちで依頼を受けているはずですから、安心していただいていいと思います。
 それより、交通事故に遭った場合は、弁護士に相談する!という気持ちを強く持っておいていただきたいですね。
 交通事故は本当にイヤなものです。
 そのイヤなことから早く離れたいという気持ちもわかります。
 しかし、焦って示談に応じる、ということだけは避けるようにしてください。
 また、ひとりで考えても良い答えは出ないはずです。
 イヤなことだからこそ、話したり、相談したりして、分かち合ってもらうという行動に出ていただきたいですね。
 その相談相手として、弁護士を選んでいただけるといいと思います。

Q: そうですね。
 相談者のこの方も、一度は法律事務所に依頼をしているわけですから、その弁護士さんとお話して訴訟を起こしてもらうといいかもしれませんね。
 ちなみに江さんの事務所でも、保険会社からの提示金額に納得がいかないといって、相談にこられる方は実際、いらっしゃいますか?

A: いらっしゃいますね。
 多くの方がそのようなケースです。
 交通事故での相談件数も、年々増えています。
 そこで山下江法律事務所では、ホームページにて交通事故専門サイトを開設しています。
 年間の相談件数や受任件数、当事務所での多数の解決事例、そして依頼者の声・相談者の声、また、各弁護士の経歴などを詳細に掲載していますので、一度、チェックしてみていただけると嬉しいですね。

Q: ホームページといえば、かなり見やすくなりましたね。
 特に交通事故は、事例も沢山載っていますし、後遺障害の部位別に掲載されていますから、障害部位のところをクリックすれば、参考になる事例をすぐ見ることができますね。

A: ありがとうございます。
 事例の多くは、今回のご相談と同じように、後遺障害の認定に不満がある…というところからのものが結構あります。
 この点についてですが、後遺障害の認定を受けた後…ということになり、その認定に納得できないからと、異議申し立てをして、一旦認定された後遺障害等級を覆さなければなりません。
 異議申し立てが上手く行けばいいのですが、一旦認定されると、それを覆すのは結構大変なことなんです。
 ですから、交通事故にあってしまったら、とにかく早く、弁護士に相談してもらえるといいですね。
 認定前に相談にこられると、始めから適切な後遺障害認定が行われように、注意点などについて弁護士から援助することができるからです。

Q: そうですね。
 もろもろお任せできるでしょうし、治療に専念できたり、ストレスを感じずに過ごせたり…と、自分の負担も軽減されるかもしれませんね。
 さらに、山下江法律事務所では交通事故に関しての相談料や着手金は無料ということですから、安心してたずねてみてください。
 それではここでフリーダイヤルをお伝えしておきます。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「後遺障害等級に不満を抱えている」相談者の悩みに答えていただきました。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ
「女性の再婚禁止期間が100日となったようですが」について
2016/2/1 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■交通事故専門サイト「後遺症(後遺障害)とは」

■バックナンバー(交通事故)
「事故後、集中力がなくなった夫」 2016/1/19OA
「本当に弁護士に頼むと保険金が増額するのですか?」 2016/1/11OA
「交通事故に強い弁護士とは?」 2016/1/4OA
「交通事故後、妻に笑い発作が…」 2015/7/28OA
「交通事故を弁護士に依頼すると保険金が増額できるのはなぜ」 2015/7/21OA
「弁護士費用特約をつけるべきか」 2015/7/14OA
「自転車交通違反の罰則強化とは」 2015/7/7OA
「認定された後遺障害に納得できない」 2015/1/19OA
「自分に過失がない時は保険が使えない?」 2015/1/19A
「交通事故チームがあると聞いたのですが」 2015/1/13A
「自転車事故に備える保険はあるのですか」  2015/1/5OA
「交通事故、保険金請求はいつまで可能?」 2014/7/28OA
「交通事故、弁護士と行政書士の違い」 2014/7/21OA
「交通事故、【赤い本】とは何ですか。」 2014/7/14OA
「交通事故、弁護士に依頼すると裁判になるのでは」 2014/7/7OA
「弁護士費用特約を使うと翌年保険料が上がる?」 2014/1/27OA
「交通事故で請求できる損害について教えて」  2014/1/20OA
「高次脳機能障害とはなんですか?」  2014/1/13OA
「交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来る?」  2014/1/6OA
「交通事故、弁護士に依頼した時の費用は?」 2013/7/29OA 
「相手の保険会社と交渉したくない場合」 2013/7/22OA
「後遺障害認定に異議がある時はどうすればいい?」 2013/7/15OA
「交通事故紛争処理センターについて」 2013/7/9OA  
「交通事故保険金の計算方法に二重基準がある?」 2013/7/2OA  
「整骨院での治療費は認められるか」 2013/4/29OA
「元々持病があった場合の損害減額」 2013/4/22OA
「顔に傷が残った場合の損害(後遺症)」 2013/4/15OA 
「後遺障害における逸失利益の計算方法」 2013/4/8OA
「後遺障害の認定手続き」 2013/4/1OA
「便利な弁護士費用特約」 2012/10/29OA 
「事故後、夫がいらいらして怒りっぽくなったのですが。」 2012/10/22OA
「新車がぶつけられた。買換費用を請求できるか。」 2012/10/15OA
「交通事故の相談手続き その②」 2012/10/8OA
「交通事故の相談手続き その①」 2012/10/1OA
「交通事故、弁護士に依頼した場合の事例」 2012/2/27OA 
「交通事故の相談は、誰にすべきか?」 2012/2/20OA
「交通事故の責任は自分にあるが、賠償金をもらえるか」 2012/2/13OA
「従業員が交通事故でけが、会社に損害が出たが…」 2012/2/6OA
「バイクに乗せてもらった娘が事故で大けがを…」 2011/8/29OA
「病院の駐車場で当て逃げされた」 2011/8/22OA
「息子が私の車を無断運転で事故。私の責任は?」 2011/8/15OA
「保険金請求権の時効は」 2011/8/8OA
「自損交通事故に保険は出ますか」 2011/8/1OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「もしかしてうちの相続揉めるかも・・・」ほか
イメージ

 法人会全国青年の集い北海道大会 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です☆遂に...

[ 相続アドバイザー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ