コラム

2015-11-24

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「自己破産すると戸籍に残るのでは」

2015/11/16(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「自己破産すると戸籍に残るのでは」

自己破産 相談 広島 弁護士

自己破産すると戸籍に残るのでは

Q: 今月は、借金や過払いをテーマに、みなさまから番組に寄せられました手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は29歳の女性からメールをいただいています。

 「私は先月29歳になった、OLです。
 大学を卒業し、一度は広島の会社に就職しましたが、昔からの夢であったデザイナーへの憧れがどうしてもぬぐいきれず、親の反対を押し切って6年前に上京しました。
 学生時代にデザインの勉強をしていたわけでもないので、とりあえず、バイトとしてアパレル関係のショップ店員になりました。
 仕事は楽しく、開いた時間に、デザイナーとしての勉強もはじめ、充実した毎日を送っていました。
 しかし、勉強をしながらのバイト生活、収入も少ないのに家賃は高い、しかもファッションに携わる仕事をしているため、服飾にかけるお金も今までとは桁外れに上がり、収入と支出のバランスをあっという間に崩してしまいました。
 そしてとうとう、消費者金融でキャッシングをしてしまいました。
 難しい手続きがあるわけでもなく、いとも簡単に現金が手に入るキャッシングは、借金という感覚よりは、預金を下ろしているみたいで、気付いたときには、多額の負債を抱えていました。バイトだけでは到底返せない金額なんです。
 来年30歳を迎えるにあたって、現在の生活を見直そうと、先輩に相談をしたところ、まずはその債務をきれいさっぱり終わらすことが大前提だと言われました。
 先輩からは、新たにスタートを切るという意味でも、自己破産をして出直すことを勧められましたが、これから結婚もするでしょうし、その時、昔、自己破産をしたことがあるなんてことがバレたら、破談になってしまうのでは…と不安もあります。
 自己破産をするべきか、他に手立てがあるのか…教えてもらえませんか?
 自己破産をすると、戸籍に残ると聞いたこともあり、心配です。
 ちなみに現在は、バイトを辞め、東京の家を引き払い、広島に帰ってきていますが、そのことは両親には内緒です。」

というご相談です。
 今は広島に帰って来られているとのことですが、住所が変わっても、借金の返済からは逃げられませんよね。
 かなり追い詰められているようにも思いますが、江さん、何か良いアドバイスをいただけますか?


A: 夢を追いかけたいという気持ちで、一人東京に行き、頑張っていただけに、悔しい思いもありますね。
 しかし、このようなケースは珍しくないと思います。
 さて今日は、相談を解決する前に、子を持つ親として一言言いたいことがあります。
 是非、ご両親に広島に帰って来たことを報告し、元気でいることを知らせて上げて欲しいですね。
 どんなに対立して離れたとしても、やはり親子は絶対的な愛情で結ばれているんです。子を心配しない親はいません。
 きっと、毎日気にかけていると思いますよ。

Q: そうですね。
 江さんも二人の娘さんをお持ちですから、ご両親の気持ちが分かる部分もあるでしょうね。

A: そうなんですよね。
 さて、ここからは弁護士としてお話しましょうかね。
 まず、自己破産を考えられているということでしたので、自己破産とはどういうものかについてお話しましょう。
 自己破産とは、経済的に破綻して、払わなければならい借金が払えなくなった状況の中で、自らが裁判所に申し立てて借金をゼロにする手続きです。
 もちろん、資産も生活費程度しか残りません。

Q: そうでしたね。
 借金をなくす代わりに資産もほとんど処分する必要があるということでしたね。
 自己破産は借金をゼロにすることだけを目的としているわけではなく、自己破産者に生活の再建・立て直しと、再出発の機会・チャンスを与えるという、国が法律で認めた救済手段だと、以前、番組でも紹介しました。

A: その通りです。
 自己破産申し立ては、地方裁判所に行います。
 多額の借金を抱えた人の自宅など全財産を、法律にのっとって債権者全員に公平に分配します。
 マイナスの資産をなくし、生活していくためのスタート地点に立つことができるようにすることを目的としています。
 相談者の方は、資産はないようですので、そういう意味では自己破産手続は、資産がある方に比べて、容易と言えます。

Q: 資産が無い方が簡単なんですね。
 たしか自己破産の申し立てができるのに、要件がありましたよね?

A: はい。
 「支払不能」であることが、法律上の要件とされています。

Q: そうでしたね。

A: この方の場合は、すでに、到底返せない金額になっているというのですから、自己破産申立の要件はあることになります。

Q: この方、自己破産の要件は満たしているとして、そのメリットとデメリットはなんでしょうか?

A: メリットとしては、自己破産申し立てて、免責が確定すれば、借金の支払い義務がなくなります。
 これで借金がゼロになり、取立てもなくなりますから、平穏な生活を取り戻せることになります。精神的にもかなり楽になりますね。
 デメリットですが、まず一定の財産がある人は、それを失うことになります。
 例えば自宅を所有している人が自己破産を申請すると、その所有権も失うこととなるでしょう。
 債務者の必要最低限の生活費と財産以外は全て換価し、債権者に公平に分配される制度ですから、破産手続きの開始が決定された後は、一定額以上の財産は処分されることになります。
 また、自己破産が確定すると、国が発行する機関紙「官報」に、破産者の「氏名・住所・破産手続きをした日時・裁判所」などが記載されます。

Q: 今回のご相談にもあったように、自己破産をした旨が、戸籍に載ってしまうのでは…と言う点はいかがでしょう?

A: そのようなことはありませんので安心してください。
 結婚の際にバレたら…ということを気にされているようですが、戸籍謄本にも住民票にも記載されません。
 番組の冒頭にもお話しましたが、自己破産は借金を整理して人生の再出発を図る制度です。
 ですから極力、再出発の妨げになるようなことはないように、配慮されていると思ってください。
 ただ、官報を見てしまえば、自己破産の事実を知ることになりますが、これを一般の人がわざわざ見ることは、まず無いと思います。

Q: ひとまずは、安心できそうですね。
 ただ、私がひとつ気になるのは、まだご結婚もされていないようですし、例えば、相談者が自己破産することで、ご両親をはじめ、家族になんらかの影響がでたりするのではないでしょうか?

A: 法律上では、ご両親などが本人の保証人になっていない限り、債務者に代わって支払う義務はありません。
 わが子の借金だから、債権者に請求されたら支払わなければならないと支払ってしまう方もいるようですが、自己破産は、借金をしている本人だけの問題ですから、家族に影響することはありません。
 もちろん、親が自己破産をした場合も同じです。
 保証人になってさえいなければ、子どもが借金を負う事もありませんし、受験や就職、結婚の際に、影響を与える可能性はほとんどないと思っていただいていいと思います。

Q: 自己破産の手段は、あくまでも個人で完結できるものなのですね。
 こう考えると、借金をするのはいいことだとは思いませんが、それ以上に、保証人になることの方が、問題が多そうですね。
 安易に保証人にならないようにしなければ…と思いました。

A: そうですね。
 気をつけていただきたいですね。
 さて、今日は、自己破産についていろいろとお話しましたが、全てをお話できているわけではありません。
 自己破産のメリット、そしてデメリットもまだまだあるのです。
 ですから、自己破産をする場合にも、一度、弁護士に相談をしてみていただければと思います。
 債務整理には、自己破産の他にも、先週お話した個人再生という手続きもあります。
 現状を教えていただいて、その方にあった解決方法をご提案するのも、弁護士の役目です。

Q: そうですね。
 なんでも自分で決めてしまう前に、一度、プロの意見を聞いた方がいいですね。
 ご相談いただいた方も、広島に帰って来ているということですから、山下江法律事務所へ相談に行ってみてはいかがでしょうかね?
 山下江法律事務所では、債務整理の相談については、無料で相談できます。
 ではここで、地元広島の山下江法律事務所のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「自己破産をすると戸籍にのるのでは?」というお悩みに答えていただきました。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ
「過払い請求できるかどうか知りたい」について
2015/11/30 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■借金問題サイト「自己破産とは」

■バックナンバー(債務整理)
「家を残して借金整理する方法は?」 2015/11/16OA
「もうすぐ過払い金請求ができなくなるのですか?」 2015/11/2OA
「いわゆる『ブラックリスト』について教えて!」 2015/5/25OA
「過払い金について、司法書士も広告をしているが…」 2015/5/18OA
「手元に資料がなくても過払い金返還請求はできる?」 2015/5/11OA
「自己破産と個人民事再生の違いを教えて?」 2015/5/4OA
「自宅を守る借金整理法は?」 2014/10/20OA
「自己破産しないで借金整理できますか」 2014/10/13OA
「過払い請求できるかどうか知りたいのですが」 2014/10/6OA
「特定調停手続について教えて下さい。」 2014/6/30OA
「自己破産しようにも費用がないのですが・・・。」 2014/6/9OA
「今からでも過払い請求できますか?」 2014/6/2OA
「個人再生手続きについて教えてください」  2013/12/16OA
「自己破産すべきかどうか悩んでいます」  2013/12/9OA
「過払い金返還請求には時効があるのですか?」  2013/12/2OA
「過払い金返還、弁護士と司法書士の違い」 2913/6/25OA  
「自己破産のメリットとデメリット」 2013/6/17OA 
「数年前に完済していても、過払い金返還請求は可能か?」 2013/6/10OA
「過払い金返還請求するとブラックリストに載る?」  2013/6/3OA
「江さんに、質問!」 2012/1/30OA 
「家を守りながら借金を整理したい」 2012/1/23OA
「法テラスの利用法」 2012/1/16OA
「完済後でも消費者金融からお金を取り戻せますか?」 2012/1/9OA 
「過払いについて」 2012/1/5OA 
「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
「消費者金融からお金を取り戻せますか」 2011/6/13OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.134 「インターネット上で誹謗中傷された時の対策」 久井 春樹
イメージ

 インターネット上で誹謗中傷された時の対策  不特定多数の人が閲覧できるインターネット上の掲示板に、自...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「きらり創立5周年記念講演会」ほか
イメージ

 きらり創立5周年記念講演会  きらり(一般社団法人人生安心サポートセンターきらり)の創立5周年記念講演会...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの『「超☆ドンブリ相続対策」のすすめ』ほか
イメージ

 事業承継士資格取得講座☆ 先週のブログ →弾丸☆インド旅行 でも少し触れたのですが東京滞在5泊6日で講習...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「離婚したいと思っているのですが…」
イメージ

2016/9/26(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ