コラム

2015-10-06

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「企業法務チームがあると聞いたのですが」

2015/10/5(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「企業法務チームがあると聞いたのですが」
山下江法律事務所 企業法務チーム

企業法務チームがあると聞いたのですが

Q: 今月は、「企業法務・労働」をテーマに、番組に寄せられました手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 いつもは山下江さんにお話しいただくのですが、今日は山下江法律事務所・企業法務チームのリーダー田中伸弁護士にお話しいただきます。
 田中さん、今日はよろしくお願いします。 

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は、60代、会社を経営している男性から、こんなメールをいただいています。

 「私は、現在、飲食業を営む会社の代表取締役を務めています。
 うちの会社では、たまに取引先やお客様との間で法的なトラブルやクレームが発生することがあります。
 また、従業員との労使トラブルもあります。
 弁護士に相談したいと思うこともあるのですが、知り合いの弁護士もおらず、また、法律事務所は敷居が高いように感じて、なかなか相談できずにいます。
 そんな折、インターネットで検索していたところ、山下江法律事務所の企業法務サイトがヒットし、「企業法務チーム」が結成されていると書かれていました。
 この企業法務チームでは、どのような取り組みをされているのでしょうか?」 

というご質問です。
 田中さんは企業法務チームのリーダーということですが、どうしてチームを結成することになったのですか。

A: はい。
 山下江法律事務所の企業法務チームは、昨年7月に結成されました。所属メンバーは、私を含めて弁護士が4名、秘書は3名です。
 当事務所では、以前から、企業の経営者の方々に対して「弁護士との顧問契約」の重要性を訴えてきました。
 実は、昨年11月にも、「顧問契約」をテーマに、この「なやみよまるく」でお話しさせていただいたんですよ。

Q: そうでしたね。
 たしか、「社内で法的トラブルに対応する手間暇や、さまざまなコストを考えると、法的トラブルの発生を未然に防ぐという『予防法務』の観点が重要になる。
 したがって、弁護士と顧問契約を結んでおくのが賢明ですよ」というお話でしたね。

A: はい、そうです。
 おかげさまで、当事務所は、現在、約70の法人・個人の方々からご依頼を受けて、顧問契約を締結しております。
 しかし、広島県内の企業数は平成23年のデータで8万9千社余りなんですが、その数と比較すると、弁護士と顧問契約を締結している企業は、残念ながらほんの一部に過ぎないと思われます。
 そこで、当事務所では、企業の経営者の方々に、顧問契約の重要性をもっと知っていただくため、企業法務チームを結成して、チームのメンバーが中心となって取り組むことにしました。

Q: そうなんですね。
 その他に、企業法務チームを結成した目的はありますか。

A: はい。
 企業にまつわる法的トラブルは、個人の方と比較して、複雑で規模の大きなものが多い印象があります。
 そこで、当事務所でお受けした企業法務案件に関する情報や知識を、企業法務チームで蓄積・集約し、それらを当事務所全体で共有することによって、企業法務案件をより良く解決できればと考えて、企業法務チームを結成しました。

Q: なるほど、それは心強いですね。
 顧問契約や企業法務案件について、企業法務チームのメンバーが中心となり、力を注いで対応していこうということですね。

A: はい、そうです。

Q: 企業法務チームでの取り組みについて、具体的に教えていただきたいのですが。

A: はい。
 まず、顧問契約のメリットや重要性を知っていただくために、当事務所では「顧問契約のご案内」というリーフレットを作成・配付しています。
 このリーフレットですが、より分かりやすくするために、企業法務チームのメンバーで協議して、今年の6月に内容を全面的にリニューアルしたんですよ。

Q: そうなんですね。
 今、手元にそのリーフレットがありますが、顧問契約のポイントを簡潔にまとめてあり、読みやすくなっていますね。

A: ありがとうございます。

Q: その他、企業法務チームでは、どのような取り組みをされていますか。

A: はい。
 企業法務に関する情報誌「KAIRO FOR BUSINESS」を、年3回発行しています。
 この情報誌は、当事務所と関わりのある企業の皆様に無料配布しております。
 また、企業にまつわる法的なトピックをテーマにした「企業法務セミナー」を、年3回開催しております。
 ここ最近は、セミナー終了後に懇親会も開催しているのですが、参加者の皆様からは、当事務所の弁護士や秘書、参加者同士の懇親も深まることから、好評をいただいております。
 ちなみに、次回の企業法務セミナーは、11月26日(木曜日)の午後6時30分から、「パート、派遣等非正規社員の雇用の注意点」と題して開催する予定です。
 講師は、企業法務チームの笠原輔弁護士です。
 次回のセミナーも、終了後に懇親会を開催いたしますので、興味がおありの方は、当事務所までお問い合わせください。

Q: 今回メールをいただいた男性も、企業法務セミナーに参加すれば、弁護士とも知り合いになれますよね。

A: はい。
 是非、セミナーにご参加いただければと思います。
 先ほどお話しした企業法務案件に関する情報や知識の蓄積・集約、事務所内での共有化も順次行っていきますので、ご期待ください。

Q: 山下江法律事務所では、企業法務に関するご相談は10月末日までは無料となっております。
 弁護士との顧問契約、企業法務セミナーについて関心がおありの方、企業にまつわる法的トラブルでお困りの方は、どうぞ、地元広島の山下江法律事務所に、まずはお電話されてみてはいかがでしょうか?
 フリーダイヤルをお伝えしておきます。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、山下江法律事務所の「企業法務チーム」について、お話しいただきました。
 田中さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ
「マイナンバー制度について教えて」について
2015/10/12 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■企業法務専門サイト「顧問契約とは」

■バックナンバー(企業法務・会社破産整理)
「契約は口約束でも大丈夫?」  2015/4/21OA
「従業員のメンタル面への会社の責任」  2015/4/13OA
「セクハラ最高裁判決について」  2015/4/6OA
「顧問契約について教えて」  2014/11/24OA
「残業代の不払い」  2013/10/28OA
「リストラされそうです」  2013/10/21OA
「労働時間について教えて下さい」  2013/10/14OA
「有給休暇が取れない・・」 2013/10/7OA
「労働災害と認めて欲しい」 2013/3/25OA
「うつ病と会社の責任」 2013/3/18OA
「懲戒解雇とは?」 2013/3/11OA
「整理解雇が行われそうです・・」 2013/3/4OA
「みなし残業制と残業手当」 2012/12/24OA
「会社倒産の場合の賃金の支払い」 2012/12/17OA
「会社の民事再生について聞きたい」 2012/12/10OA
「会社の倒産に伴う手続が聞きたい」 2012/12/3OA 
「倒産した会社から退職金はもらえるか?」 2012/5/28OA 
「上司の部下へのセクハラにつき会社は責任を負うか?」 2012/5/21OA 
「勤務中の頻繁な私的メールを理由に解雇できるか?」 2012/5/14OA 
「内容証明郵便とはどのようなものですか?」 2012/5/7OA 
「支払延期を求められたらどうすべきか?」 2011/11/28OA 
「取引先から突然の「破産申立通知」が…」 2011/11/21OA 
「契約解除はどのような場合にできますか?」 2011/11/14OA 
「印鑑の押していない契約書は有効ですか?」 2011/11/7OA
「請求書発送と時効の中断」 2011/5/30OA
「契約書の必要性」 2011/5/23OA 
「再建か倒産か」 2011/5/16OA 
「出資金の返還」 2011/5/9OA
「残業代の不払い」 2011/5/2OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.134 「インターネット上で誹謗中傷された時の対策」 久井 春樹
イメージ

 インターネット上で誹謗中傷された時の対策  不特定多数の人が閲覧できるインターネット上の掲示板に、自...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「きらり創立5周年記念講演会」ほか
イメージ

 きらり創立5周年記念講演会  きらり(一般社団法人人生安心サポートセンターきらり)の創立5周年記念講演会...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの『「超☆ドンブリ相続対策」のすすめ』ほか
イメージ

 事業承継士資格取得講座☆ 先週のブログ →弾丸☆インド旅行 でも少し触れたのですが東京滞在5泊6日で講習...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「離婚したいと思っているのですが…」
イメージ

2016/9/26(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ