コラム

2015-09-15

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「10年別居中、離婚できますか?」

2015/9/14(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「10年別居中、離婚できますか?」
別居 離婚

10年別居中、離婚できますか?

Q: 今月は、離婚や男女トラブルについて、みなさまから番組に寄せられました手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日のご相談は、52歳 男性からのメールです。

 「私は現在別居中で、市内にアパートを借りて一人で暮らしています。
 そもそも別居を切り出したのは妻の方で、その時、上の子どもが受験の年だったこともあり、勉強に集中させてあげたいから。という理由で、離婚をすることなく、別居を選択しました。
 子どもにまだ手が取られる時期だったので、母親が側に居た方がいいと判断し、やむなく私が家を出たという次第です。
 その後、受験も終わり、離婚の話を切り出そうとしたのですが、次から次へと言い訳をされ、ズルズルと現在まで別居が続いています。
 かれこれ10年が経とうとしています。
 妻の言い分としては、いつも子どものことを引き合いに出し、片親になっては子どもも辛いだろうとか、友達にいじめられたら困るから…というばかり。
 一向に話が進みません。
 友達に言わせれば、『気に入らない相手が家にいない、だけど生活費は入ってくる、離婚をしていないのだから体裁も悪くない、そりゃあ、このままが一番いいと思っとるよ。』とのことでした。
 確かに、妻にとってみれば、今のこの状態が都合がいいのでしょう。
 しかし、私も50歳を過ぎ、今後の身の振り方を考える時がきているように思います。そろそろきちんとした答えを出すべきだと。
 子どもも大きくなり、話をすれば理解できる年頃です。
 この機会に離婚に向けて話をしたいと思っていますが、妻が同意するかどうか…。
 私は離婚、できるでしょうか?」

という、ご相談内容です。
 10年もの別居生活…これは長いですね。
 江さん、10年も別居をしていたのですから、これはもう法的にも、離婚できますよね。

A: そうですね、可能性は高いとは思いますが・・・

Q: 今回のご相談は、もともと奥様が別居を言い出され、旦那様が家を出られたということで、それから10年。
 現在は、旦那様が離婚を考えられているようですが、奥様は、このまま別居状態でも良いと思っている節がある。ということのようですね。
 このような場合は、離婚をするにも、揉める可能性がありそうですね。

A: はい、お互いが納得していれば、離婚は問題なく成立しますが、夫、妻のどちらかが離婚したくない場合、あるいは離婚には同意しているが、その条件、例えば財産分与や慰謝料、子どもの親権などで合意できない場合は、協議離婚は難しくなります。
 その場合には、調停での離婚、それでも合意できない場合は、裁判離婚となります。
 裁判を通して離婚判決をもらうということです。

Q: 江さん、確か、裁判で離婚判決を得るために必要な理由が民法に定められていましたよね。

A: はい。
 民法770条1項に、離婚原因となる理由について、5つを規定しています。
 ①配偶者に不貞行為があったとき。
 ②配偶者から悪意で遺棄されたとき。
 ③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
 ④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
 ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
 この5つの理由のどれかに当てはまれば、離婚が認められる可能性があるということです。

Q: ちなみに、今回のご相談だと…どうでしょう?
 別居して年数が経っていることについては、どの理由に該当しますか。

A: 5番目に申し上げた「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。」という項目に該当する可能性があります。
 別居生活を何年か続けているというだけで離婚できるという決まりはありません。
 ですが、10年もの間、離れて暮らしているわけですから、夫婦関係は修復不可能なまでに破綻している、もはや夫婦として円満な関係を維持することが困難な状態と判断される可能性はありますね。

Q: 離婚裁判になった場合、おおよそ何年くらい別居生活を続けていると、先ほど江さんがおっしゃられた理由で、離婚が認められたりするのでしょうか?

A: そうですねぇ。
 はっきり何年と決まっていませんが、おおよそ5年程度の別居生活が続いていれば、離婚を認めてもらえる場合があります。
 しかし、単身赴任などの理由があれば、離婚の原因にはなりません。
 他にも、別居の原因や別居中の行き来の程度など、他の要素との関連にもよるということを覚えておいてください。
 また、子どもがいるかいないかでも、状況が変わってきます。
 ようするに、5年以上別居したから離婚ができるというわけではないのです。

Q: そうなんですか?
 長く別居をしていれば離婚できると判断されるだろうと思っていました。

A: 実際の裁判では、別居期間だけでなく、未成年の子の有無。
 離婚後の片方の配偶者の経済力など、様々な条件や状態によって判断が違ってきますので注意が必要です。

Q: これはやはり、弁護士に相談をされた方がよさそうですね。
 奥様に対して離婚請求できる権利はあるようですが、一筋縄にはいかないかもしれませんからね。

A: そうですね。
 おそらく夫婦間で話をしても、時間ばかりがかかることが予測できますね。
 相談者の旦那様もメールの中でもらしていた通り、これから先のご自分のことも考えておきたいという気持ちは、よく分かります。
 是非一度、事務所のドアをノックしていただきたいですね。

Q: 離婚問題は一人の思いではどうにもなりませんからね。
 ここは、プロの力を借りましょう!
 今日は「10年別居している夫婦、離婚はできますか?」という質問に答えていただきました。
 離婚問題に悩まれている方、どうぞ、一人で悩まず、地元広島の山下江法律事務所へお電話ください。
 現在、無料相談も実施しています。
 相談予約のフリーダイヤルを申し上げます。
 0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家を捜せるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ
「離婚は弁護士に依頼した方が良い?」について
2015/9/21 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■離婚問題専門サイト「男性のための離婚相談」

■バックナンバー(離婚・男女トラブル)
「家に金を入れない夫と離婚できるか」 2014/8/11OA
「夫の同性愛は不貞行為になりますか」  2014/2/25OA 
「夫と話すことなく離婚手続きを進めたい」  2014/2/17OA 
「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」  2014/02/10OA 
「暴力と浪費の夫と離婚したいが」  2014/2/3OA 
「熟年離婚,年金分割について知りたい…」  2013/9/30OA 
「宗教にはまった妻と離婚したい…」 2013/9/23O 
「婚約不履行、どこまで損害賠償できる?」  2013/9/16OA 
「セクハラ被害で訴えたいが、恥ずかしくて行動に移せない」  2013/9/9OA 
「金遣いの荒さが原因で離婚できるか?」  2013/9/2OA 
「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25O 
「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA 
「養育費の決め方」 2013/2/4OA 
「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA 
「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA 
「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA 
「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA 
「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA 
「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA 
「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA 
「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA 
「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA 
「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA 
『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA 
「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA 
「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA  
「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA 
「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「離婚したいと思っているのですが…」
イメージ

2016/9/26(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ