コラム

 公開日: 2014-08-22  最終更新日: 2014-12-10

弁護士コラムvol.80 「法律上の父子関係について」 副所長・田中伸

山下江法律事務所 副所長・弁護士 田中伸

法律上の父子関係について

 最高裁判所は,本年7月17日,DNA鑑定で生物学上の父子関係がないことが明らかになったとしても,法律上の父子関係を否定することはできないとする判決を言い渡しました。
 この最高裁判決は,新聞等でも報道されましたので,ご存じの方も多いと思いますが,今回のコラムで解説したいと思います。

1 嫡出推定制度
 今回の最高裁判決を理解するためには,まず「嫡出推定制度」を理解していただく必要があります。
 民法772条は,妻が婚姻中に懐胎(妊娠)した子は夫の子と推定するとともに(同条1項),婚姻成立の日から200日経過後に生まれた子,また,婚姻解消の日から300日以内に生まれた子は,婚姻中に懐胎したものと推定しています(同条2項)。
 そして,同条により嫡出推定を受ける子について,嫡出であることを争うためには,夫が子の出生を知った時から1年以内に,夫から嫡出否認の訴えを提起しなければなりません(民法774条~777条)。
 これが嫡出推定制度です。民法が制定されたのは明治時代であり,当時は生物学上の父子関係を確認することは極めて困難な状況でした。そこで,民法は,子の福祉のためには,早期に法律上の父子関係を確定し,子の身分を安定させることが重要であるとして,嫡出推定制度を設けたと考えられます。

2 民法772条の嫡出推定が及ばないケース
 民法772条2項の期間内に妻が子を出産しても,嫡出推定が及ばないケースがあります。それは,妻が子を懐胎すべき時期に,既に夫婦が事実上の離婚をして夫婦の実態が失われていたり,夫婦が遠隔地に居住して,夫婦間に性的関係を持つ機会がなかったことが明らかであるなどの事情がある場合です。例えば,夫の海外赴任中に妻が妊娠した場合などです。
 この場合は,民法772条の嫡出推定が及ばないため,親子関係不存在確認の訴えをもって夫と子の父子関係の存否を争うことができます。前記の嫡出否認の訴えとは異なり,夫だけでなく,子からも訴えることができますし,1年という期間制限もありません。

3 今回の最高裁判決の内容
 今回の最高裁判決のケースは,生物学上の父と一緒に暮らしている子と妻側が,生物学上の父子関係がない夫を相手に,親子(父子)関係不存在の確認を求めたものです。
 争点は,前記2のような事情がないものの,DNA鑑定により夫と子の生物学上の父子関係が否定された場合に,前記1の嫡出推定が働くのか否かでした。
 最高裁は,前記1の嫡出推定制度は,身分関係の法的安定を保持する上で合理性があり,今回のようなケースでも前記1の嫡出推定が働くと判断して,親子関係不存在確認の訴えをもって父子関係の存否を争うことはできないとし,生物学上の父子関係がない夫と子について,法律上の父子関係を維持しました。

4 今後について
 今回の最高裁判決では,5人の裁判官のうち3人は賛成しましたが,2人は反対意見を述べています。
 反対意見を述べた裁判官は,子が生物学上の父と一緒に生活しているなど,子が生物学上の父と法律上の父子関係を確保できる状況にある場合には,親子関係不存在確認の訴えを認めるべきであると述べています。また,判決に賛成した裁判官も,補足意見の中で,立法政策の問題として検討すべきだと指摘しています。 
 このように,この問題は,裁判手続での解決が困難さを増している状況にあり,法改正など,今後の動向が注目されます。

 嫡出推定制度など,法律上の父子関係について,お困りのことがありましたら,当事務所にご相談ください。

 執筆者:山下江法律事務所 副所長・弁護士 田中伸 (広島弁護士会所属)


副所長・弁護士 田中伸のプロフィール

■相続相談専門サイト 「遺産分割でお困りの方」

■弁護士コラムバックナンバー【相続】
・vol.71 「成年後見制度とは何ですか?」 新名内沙織 2014/7/18
・vol.71 「これからの信託」 加藤泰 2014/4/4
・vol.70 「将来認知症等になった場合に備える任意後見契約」 笠原輔 2014/3/20 
・vol.66 「エンディングノート」 副所長 田中 伸  2014/1/24
・vol.59 「非嫡出子の相続分」 城 昌志 2013/9/27 
・vol.58 「嫡出でない子」 齋村美由紀 2013/9/13
・vol.52 「相続(その4)」 副所長 田中伸 2013.6.21
・vol.46 「相続でトラブルになりやすいケースについて」 蔦尾健太郎 2013.3.22
・vol.43 「ペットに財産を残せるか」 山本淳哲 2013.2.8 
・vol.41 「身近な人の判断能力に衰えを感じたら」 片島由賀 2013.1.11
・vol.38 「遺産分割の対象となる財産の範囲」 山口卓 2012.11.22
・vol.35 「相続(その3)」 副所長 田中伸 2012.10.12 
・vol.28 「遺産相続でもめた場合には」 城昌志 2012.7.6 
・vol.26 「遺言書の方式」 山本淳哲 2012.6.8 
・vol.19 「成年後見制度について」 山口卓 2012.3.2
・vol.16 「相続(その2)」 副所長 田中伸 2012.1.20
・vol.9 「遺産相続でもめないために」 齋村美由紀 2011.10.7
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17

弁護士コラム一覧

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの『「karoshi」が国際共通語に。不名誉! 』ほか
イメージ

 「karoshi」が国際共通語に。不名誉!  11月29日付け中国新聞セレクト版によると、大変不名誉なこ...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「空き家、相続・贈与税対策 無料セミナー」
イメージ

専門家が教える<不動産>のアレコレが満載!マエダハウジング不動産と山下江法律事務所が共同開催する、今年...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの『「卍(まんじ)じゃね」 ?!?!』ほか
イメージ

 「卍(まんじ)じゃね」 ?!?! 昨日(30日)朝の「めざましテレビ」(フジテレビ)で、女子高生流行語...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「平成27事務年度における相続税の調査の状況」ほか
イメージ

 弾丸トラベル国内篇 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です。先週末は、大移動...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「個人再生なら家を残せますか?」
イメージ

2016/11/28(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお...

[ 法律相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ