コラム

 公開日: 2014-08-12 

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「家に金を入れない夫と離婚できるか」

2014/8/11(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「家に金を入れない夫と離婚できるか」
離婚 相談 広島

■家に金を入れない夫と離婚できるか

Q: 今月は、「男女の問題・離婚について」をテーマに、番組に寄せられましたお手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: そんな中、35歳女性の方から、このようなメールが来ましたので紹介します。

 「私は一昨年、7つ年下の夫と知人の紹介で知り合い結婚。
 それを機につとめていた通信機器販売の会社を退職し、広島市内のアパートで二人暮らしをしています。
 夫は自分が稼ぐから私は主婦でということでした。
 しかし、夫は結婚後、家計にお金を入れてくれません。
 毎晩、仕事だなんだといって遅くまで帰って来ず、休日も付き合いだと出かけることが多く、給料の大半を使ってしまっています。
 私は大学を出てから10年あまり勤めている間に貯めたお金を取り崩して生活費に入れてなんとか家計を維持しています。
 実家の母親にも相談してみたら、結婚してまだ2年だからもう少し辛抱してみろとは言いますが、給料も入れず、家にも夜中に帰って朝でていくだけ、しかも週末も家にいないような夫とはっきり言って結婚同居している意味合いを感じません。
 すぐにでも離婚したいのですが、そういったことはできないのでしょうか?
 教えてください。」

という内容です。
 江さん、この相談の女性は、家計にお金を入れてくれない夫と離婚することができるのか、お聞きしたいようですよ。

A: そうですね。
 まったく困ったご主人ですね。
 結婚するときに、二人で幸せな家庭を築いていこうと誓ったのではないんですかね。
 さて、ご相談ですが、まず離婚出来るのかできないのか、ということでいえば、相談者が夫に対して、離婚を申し入れて夫が了解すれば、すぐに離婚できます。
 すなわち、離婚できるかどうかは、まずは夫妻の間で離婚するという合意ができるかということですね。

Q: なるほど、この相談者の夫が離婚に同意すれば、それで即離婚ができるわけですね。

A: はい、そういうことです。
 問題は、夫が離婚に反対して離婚の合意が得られない場合ということになります。
 その場合は、まず両者間で協議をします。
 それを繰り返し、それでも合意出来ない場合は家庭裁判所に離婚調停の申立をします。
 家庭裁判所の調停で離婚の合意ができれば離婚できます。
 調停が成立しない場合には、家庭裁判所に離婚裁判を提起することとなります。
 裁判になっても両者の意見が対立したままのとき、最終的に裁判所が離婚について、認められるか否かの判決を下すことになります。

Q: この相談のように、夫が家計にお金を入れてくれないということで、裁判で争っても離婚出来るのでしょうか?

A: そうですね、離婚出来るかできないかについてですが、民法は、離婚できる場合、すなわち権利として離婚を相手方に請求することができる原因となるものは何かということを定めているんですね。
 民法770条は、裁判上の離婚について次の5つを規定しています。
 ①配偶者に不貞な行為があったとき。
 ②配偶者から悪意で遺棄されたとき。
 ③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
 ④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
 ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
 この5つの条件のどれかに当てはまれば、離婚が認められる可能性はありますね。

Q: この相談者の場合は、どうなりますか。

A: この5つの原因のうち、2番目の「悪意の遺棄」か5番目の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があります。
 まず、「悪意の遺棄」についてご説明しましょう。
 民法の752条は、夫婦の同居義務・協力義務・扶養義務を、民法760条は婚姻費用の分担義務を定めています。
 すなわち夫婦は、互いに同居をして、協力し扶助する義務があり、婚姻費用もお互い分担する義務があります。
 悪意の遺棄とは、このような義務を社会的倫理的に許されない程度に履行しないことです。
 具体的には、
・正当な理由も無く、同居する家を勝手に出ていき帰ってこない
・生活費を渡さない
・配偶者を同居する家から追い出すような行為
・別居自体は合意していたが、約束した生活費を渡さない
・単身赴任をした配偶者が、生活費を送金してこない
などの理由が挙げられます。

Q: ご相談者の場合にも当てはまりそうですね。

A: その可能性もあると思います。
 ただ、夫の行為が社会的倫理的に許されない程度か疑問の余地もあるかも知れません。
 そうした場合は、5番目の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当する可能性があります。

Q: 「その他婚姻を継続し難い重大な事由」ですね。
 以前の番組でも教えてもらいましたが、これは、具体的にどういうことなのでしょうか?

A: そうですね。
 ほかの4つと比べて範囲が広いですね。
 「婚姻を継続し難い重大な事由」とは、性格の不一致・暴力沙汰を起こす・性的異常・両親親族との不和・嫁姑の問題・宗教上の対立・ギャンブルに生活できないほどお金を使う・犯罪を犯して服役している・家事や育児に協力しないというような場合であって、婚姻を継続することがとても困難と思われるような場合ですね。
 すなわち、相手方の言動が原因で、夫婦関係が修復不可能なまでに破綻し、もはや夫婦として円満な関係を維持することが困難な状態になっていることです。

Q: ご相談者の場合はどうでしょうか。

A: 生活費をご主人がまったく入れてくれない、ご相談者は貯金を崩して家計に入れてきた、ご主人は家にもほとんどおらず、相談者は婚姻生活をしている意味を感じなくなってきているというのですから、この5番目の「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当する可能性が高いと思われます。

Q: よく分かりました。
 相談者は夫に対して離婚請求できる権利がありそうですね。
 離婚問題に悩まれている方、どうぞ、ひとりで悩まず、地元広島の山下江法律事務所に、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
 フリーダイヤルをお伝えしておきます。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは 0120-7834-09 0120-7834-09 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 今日は、「家にお金を入れない夫と離婚出来るか」という質問について、法律の専門家のお立場から詳しく教えていただきました。
 江さん、ありがとうございました。


■次回のテーマ
「子の親権をどうしてもとりたい」について
2014/8/18 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■離婚相談専門サイト「裁判離婚の5つの離婚事由」について

■バックナンバー(その他)
「議会でのセクハラ発言に法的追及はできるか」 2014/8/11OA
「身元保証人の責任は?」 2014/5/19OA
「高額の違約金を請求されている。」 2014/5/12OA
「内縁関係について」 2014/5/5OA
「内定取消は違法ですか?」 2014/4/7OA
「境界をはっきりさせたい」 2013/8/26OA
「頼まれて預かった子どもがケガ」 2013/8/19OA
「子どもが親のカードでネットショッピング」  2013/8/12OA
「教えて!裁判の傍聴の方法」 2013/1/28OA
「職場のタバコの煙…どうにかして欲しい」 2013/1/14OA
「連帯保証人を頼まれ、困っている」 2013/1/7OA
「自転車事故でもめている」 2013/1/4OA
「井戸端会議って、罪になる?」 2012/8/27OA
「家の修繕のため隣地を使用したいが…」 2012/8/20OA
「子どもがショッピングモールの遊び場でケガをした…」 2012/8/13OA
「いじめに対する学校の責任は?」 2012/8/6OA
「自宅前のゴミ集積場、何とかならない?」 2012/6/25OA
「車屋から高額の違約金を請求された」 2012/6/18OA
「画数が悪いので、子どもの名前を変えたい」 2012/6/11OA
「子どもが先生に殴られケガをした」 2012/6/4OA
「預金通帳が盗まれたときの対処は」 2011/12/26OA
「公園の遊具で子どもが大ケガ」 2011/12/19OA
「共有物の分割の仕方は?」 2011/12/12OA
「弁護士と司法書士って何がちがうの?」 2011/7/25OA
「認知症になった父が女性に金を・・・」 2011/7/18OA
「愛犬が他人の飼い犬にかみついた」 2011/7/11OA
「契約書なしで貸した金は返してもらえるか」 2011/7/4OA
「スーパーの床が濡れていて滑って右腕を骨折した」 2011/6/27OA
「裁判をせずに早期解決したい」 2011/6/6OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんのお知らせ「空き家、相続・贈与税対策 無料セミナー」
イメージ

専門家が教える<不動産>のアレコレが満載!マエダハウジング不動産と山下江法律事務所が共同開催する、今年...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの『「卍(まんじ)じゃね」 ?!?!』ほか
イメージ

 「卍(まんじ)じゃね」 ?!?! 昨日(30日)朝の「めざましテレビ」(フジテレビ)で、女子高生流行語...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「平成27事務年度における相続税の調査の状況」ほか
イメージ

 弾丸トラベル国内篇 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です。先週末は、大移動...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「個人再生なら家を残せますか?」
イメージ

2016/11/28(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの『企業法務セミナーで「金コイン」プレゼント(堤田貴金属工業株式会社様』ほか
イメージ

 企業法務セミナーで「金コイン」プレゼント(堤田貴金属工業株式会社様提 11月25日(金)夜、当事務所横...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ