コラム

2014-06-10

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「自己破産しようにも費用がないのですが・・・。」

広島 山下江法律事務所
2014/6/9(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「自己破産しようにも費用がないのですが・・・。」
自己破産 相談 広島

■自己破産しようにも費用がないのですが・・・。

Q: 今月は、「債務整理」をテーマに、番組に寄せられましたお手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。
 
A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は、39歳、男性からのご相談です。

 「私はストレスを、ギャンブルで発散してきました。
 仕事の悩みがあったり、友人関係に困ったりすると、どこにも気持ちをぶつけられず、ギャンブルをして気持ちを紛らわせていました。
 一応、正社員として働いているのですが、給料はさほど多くありません。
 そんな時、友人の勧めでカードローンを利用するようになりました。
 当初は必要なとき借りて、給料日にすぐ返していましたが、段々返済が遅れるようになり、その返済にまた別のカードローンを使ったりして、気付けばかなりの額に借金が膨らんでしまいました。
 誰にも相談することも出来ず、弁護士にお願いするお金もなく、先生、私はどうしたらいいのでしょう?」

という、深刻な相談が来ているのですが、
 江さん、アドバイスいただけますでしょうか?

A: う~ん、これは困りましたね。
 正直、39歳の社会人としては、金銭感覚と言いますか、認識が甘いのではと申し上げたいのですが、まあ現実問題として困っているという現状ですからね。
 とはいえ、今、気付いてよかった!と考えましょう。
 なんとか、なりますよ。
 自己破産手続きがお勧めですが、この方の場合ギャンブルが借金増大の原因の一つのようですね。
 ギャンブルなど浪費は免責決定の不許可事由となっていますので、問題はありますが、一定金額を積み立てて支払えば免責されるということも十分あり得ます。
 この方のような借金問題のお悩みというのは、実際、少なくないんです。
 借金問題で困っている。
 弁護士を頼りたいのに、お金がかかるだろうかと、相談できずにいる。
 こんな方のために、今日は「法テラス」の案内をしようと思います。

Q: 「法テラス」。
 以前番組でもご紹介したことがありますね。

A: そうでしたね。
 「法テラス」の正式名称は、日本司法支援センターで、平成18年4月10日に設立された法務省所管の公的な法人です。
 様々な法的トラブルを抱えてしまった時、「誰に相談すればいいのか」「どんな解決法があるのか」など、分からないことや問題を、解決に導いてくれる国の機関です。
 ちなみに、「法テラス」というのは、法で道を「照らす」という意味と、テラスという場所的イメージを重ねた愛称として決まったようです。
 この相談者の今後の行く道も明るく照らされるといいですね。

Q: 本当ですね。
 この「法テラス」は、今回の相談者のように、弁護士にお願いする費用がない、という方なども利用できる機関でしたよね。

A: そうなんです。
 「民事法律扶助」と言って、簡単に言うと、経済的に余裕のない方が法的トラブルに出会ったとき、無料で法律相談を行い、必要な場合には、法律の専門家を紹介し、裁判費用や弁護士・司法書士の費用、代理援助や書面作成援助の立替えを行ってくれるという制度です。

Q: お困りの方には非常に助かる制度ですね。
 広島にもありましたよね。

A: はい。
 「法テラス広島」は広島市中区八丁堀にあります。

Q: 広島市内中心部にあるなんて便利ですね。
 「法テラス」は誰でも利用できるのでしょうか?

A: 法テラスは、法によって解決できる問題の相談窓口です。
 もちろん広く一般に門戸を開いています。
 但し、「費用の立替制度」を利用できるのは、先ほど申しましたように経済的に余裕のないということが要件となります。
 では、どれだけの収入だったら「費用の立替」を受けられるのかという収入要件の判断ですが、原則として、申込者及び配偶者双方の手取り月収額(賞与を含む)を足したものを、規定の基準にあてはめて行います。
 仮に、申込者が配偶者との離婚を申し込んだ場合は、相手方(配偶者)でも家族の人数には含めますが、その収入については、申込者の収入に加算しません。
 また、申込者等の収入が資力基準を上回る場合であっても、医療費、教育費、職業上やむを得ない出費等の負担により、生計が困難であると認められたときは、収入から控除できる場合があります。
 具体的には、法テラスのホームページから、住所や家族構成など、自分の条件を入れて確認できます。
 そちらもご確認してみてください。

Q: 裁判費用や弁護士・司法書士の費用、代理援助や書面作成援助の立替えをして貰った金額は、どのように返済することになるのでしょうか。

A: はい。
 法テラスが立て替えた費用については、援助開始決定後、原則として毎月5000円~10,000円を返済いただきます。
ただし、事情によっては、償還金額を減額又は増額する場合があります。
また、生活保護を受けている方又は特別の事情のある方については、事件進行中の償還を猶予する場合があります。

Q: 実際に返済が始まるのはいつからですか?

A: 通常、契約締結後の2ヵ月後より開始されます。
 但し、決定時又はその後において、生活保護法の適用を受けるようになったとか、それに準ずる程度に生計が困難であり、将来もその資力を回復する見込みに乏しいと認められるときは、立替金の全部又は一部の償還を免除する場合があります。
 生活が厳しく償還が困難な場合は、法テラスの地方事務所までご相談ください。

Q: なるほど、今日の相談者のように弁護士費用が払えないということで悩んでおられる方も、「法テラス」で相談という手段があることが良くわかりました。
 では具体的に、「法テラス」の利用方法を教えていただけますか?

A: はい、法テラス広島に電話をして、相談申込や依頼申込をすることになります。
 電話番号は、0570-078374です。
 他の方法は、法テラスに登録している弁護士の事務所に相談に行くことです。
 私の主宰する山下江法律事務所では、所属弁護士15名全員が法テラスの登録弁護士です。
 当事務所にお電話いただければ、法テラスの説明や申込などすべてを行うことが可能です。
 当事務所は「親切な相談」「適切な解決」をモットーとしております。
 お気軽にご相談ください。

Q: どうぞ、ひとりで悩まず、地元広島の山下江法律事務所に、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
 フリーダイヤルをお伝えしておきます。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは 0120-7834-09 0120-7834-09 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 今日は、自己破産をしようにも弁護士費用が払えない。という方からの相談にお答えいただきました。
 江さん、今日もありがとうございました。


■次回のテーマ
「自己破産すると自分の家に住めなくなりますか?」について
2014/6/16 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■山下江法律事務所
債務整理・自己破産の料金表

■バックナンバー(債務整理)
「今からでも過払い請求できますか?」 2014/6/2OA
「個人再生手続きについて教えてください」  2013/12/16OA
「自己破産すべきかどうか悩んでいます」  2013/12/9OA
「過払い金返還請求には時効があるのですか?」  2013/12/2OA
「過払い金返還、弁護士と司法書士の違い」 2913/6/25OA  
「自己破産のメリットとデメリット」 2013/6/17OA 
「数年前に完済していても、過払い金返還請求は可能か?」 2013/6/10OA
「過払い金返還請求するとブラックリストに載る?」  2013/6/3OA
「江さんに、質問!」 2012/1/30OA 
「家を守りながら借金を整理したい」 2012/1/23OA
「法テラスの利用法」 2012/1/16OA
「完済後でも消費者金融からお金を取り戻せますか?」 2012/1/9OA 
「過払いについて」 2012/1/5OA 
「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
「消費者金融からお金を取り戻せますか」 2011/6/13OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ