コラム

2014-02-10

弁護士・江さんの何でも法律相談「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」

広島 山下江法律事務所
2014/2/10(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」
離婚 お金 相談 広島

■別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。

Q: 今月は、「離婚・男女トラブル」をテーマにご相談を受け付けております。
 相談のメールをご紹介します。
 今日のご相談は42歳の女性の方からです。
 
 「現在、夫と離婚に向けての話し合いをしており、昨年4月より子どもをつれて実家に帰り、別居しています。
 結婚を機に勤めていた会社を辞めて専業主婦になっていましたので、現在近所のスーパーマーケットでパートタイムで働いていますが、子育てにもお金がかかり、生活に全く余裕の無い状況です。
 離婚について友達に相談していた際、別居していても夫婦である以上は、夫から生活費がもらえる。ということを教えてもらいました。
 このことについて、もっと詳しく教えていただければと思いメールを送ります。
 よろしくお願い致します。」

という内容です。
 江さん、離婚に向けた別居の際にも、生活費が受け取れる、または支払わなければならないということが、あるのでしょうか?

A: そうですね。
 このお友達が教えてくれたことは正解です。
 民法760条は「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」と書かれています。
 「婚姻から生じる費用」とは、婚姻中の衣食住に関する費用や、子どもの教育費など夫婦が生活していくのに必要なお金をいいます。
 夫婦は「婚姻から生じる費用を分担する義務」があり、婚姻関係にある限りは、お互い同程度の生活を営む権利を持っており、収入の少ない方が、多い方に対し、双方が同程度の生活を営むことのできる限度で金銭を請求できるということです。

Q: 夫婦関係が破綻していてもですか?

A: はい。
 離婚するまでは、婚姻費用を収入に応じて負担し、繰り返しになりますが、双方が同じレベルの生活を続けていけるように助け合う「生活保持義務」があるわけです。

Q: 義務ということは、拒絶したり、渡さないなんてことはあってはならないことという風に考えていいのですか?

A: 原則として、そのとおりです。
 ただ、実際に別居に至ってしまうと、多くの人が相手の生活費まで払えない、と、支払いを拒絶するケースが多いのも事実です。
 しかし、たとえ別居をしていたとしても、離婚が成立していない限り、婚姻中であることに変わりはないので、婚姻費用の分担義務は避けられません。

Q: 今回の相談者の方は、専業主婦をしていて、別居後パートタイマーで働いているということですので、婚姻費用は請求できると思いますが、夫婦共に働いていて収入も大きく差がない場合は、どうなるのでしょうか? 
 それでも、夫が妻に支払うことになるのですか?

A: 婚姻費用の分担は、お互いの収入によりますので、例えば妻が十分に生活できるほどの収入があり、夫と同程度の生活水準を保持できるのであれば夫に対しては請求できない場合もあります。
 そして、常に妻が夫に対してということではなく、妻の方が収入が多い場合は、夫が妻に対して婚姻費用を請求できる場合もあります。
 また、その他に、婚姻費用の請求が認められないケースがありますので、ここで紹介しておきましょう。
 例えば正当な理由もなく、一方的に説明もなしに別居を強行した上、相手の同居請求を無視して、夫婦関係の回復に努力しない場合は、婚姻費用の請求はできないとされています。
 あと「自分が不倫相手と勝手に出て行って一緒に暮らし始めた」場合です。
 なぜなら別居になった原因は、自分にあるからです。

Q: それはそうでないと不公平ですよね。
 自分に非があるのにもかかわらず、生活費を請求するのはムシがよすぎますよね。

A: ただし、このような場合であっても、請求者が子どもを育てていれば、その子どもの生活費分は請求できることもあります。

Q: 離婚する、しないという親同士の問題がどうであれ、子どもは親と同レベルの生活を保証される権利がある。ということですか?

A: そういうことです。
 今回の相談者は、現在家計を助けるためのパート勤めをされている、ということですから、「夫婦間の協力扶助義務や婚姻費用分担義務」により、旦那さんに対して別居中の生活費を請求できることになるでしょうね。

Q: よかったですね。
 実際、婚姻分担費用の相場、なんてあるのでしょうか?

A: それぞれの家庭状況によって異なりますので、金額もまちまちですが、家庭裁判所が行う、客観的で合理的な婚姻費用の分担額算定基準などがあります。
 詳しくは法律の専門家である弁護士にご相談下さい。

Q: 一応の基準があるということですが、その基準のとおりに夫に請求しても、夫が応じない場合はどうすれば良いのでしょうか。

A: はい、その場合には、家庭裁判所に、婚姻費用分担請求の申立をすることになります。
 その場でも話し合いが行われますが、どうしても折り合いが付かない場合は、家庭裁判所は、双方の収入や生活状況などを考慮して、相手方が申立人に支払うべき婚姻費用の金額を決定することになります。

Q: やはり、最後は裁判所なのですね。

A: はい、そのとおりです。

Q: 離婚に向けての別居ということなので、これからも色々と大変でしょうが、ひとりで悩まず、地元広島の山下江法律事務所にまずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
 今週は、別居中の夫から生活費を受け取れるのか?という相談に答えていただきました。


■次回のテーマ
「夫と話すことなく離婚手続きを進めたい」について
2014/2/17 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■離婚問題「離婚とお金の問題」についてはコチラ↓↓↓
http://www.hiroshima-rikon.com/105/

■バックナンバー(離婚・男女トラブル)
・「暴力と浪費の夫と離婚したいが」  2014/2/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7643/
・「熟年離婚,年金分割について知りたい…」  2013/9/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7258/
・「宗教にはまった妻と離婚したい…」 2013/9/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7238/
・「婚約不履行、どこまで損害賠償できる?」  2013/9/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7234/
・「セクハラ被害で訴えたいが、恥ずかしくて行動に移せない」  2013/9/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7192/
・「金遣いの荒さが原因で離婚できるか?」  2013/9/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7181/
・「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6330/
・「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6293/
・「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6274/
・「養育費の決め方」 2013/2/4OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6205/
・「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5217/
・「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5158/
・「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5126/
・「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5084/
・「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5040/
・「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4344/
・「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4289/
・「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4236/
・「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4172/
・「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3086/
・『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3008/
・「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2926/
・「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2847/ 
・「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1205
・「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1170
・「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1211
・「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1213

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ