コラム

2014-01-28

弁護士・江さんの何でも法律相談「弁護士費用特約を使うと翌年保険料が上がる?」

広島 山下江法律事務所
2014/1/27(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「弁護士費用特約を使うと翌年保険料が上がる?」
弁護士費用特約 広島 相談

■弁護士費用特約を使うと翌年保険料が上がる?

Q: 今月は、交通事故の相談に答えています。
 早速、37歳女性からのご相談です。
 「先日、ショッピングセンターからの帰りのことですが、前の車が急に止まったので、急ブレーキをかけて停車したところ、後ろの車に追突されてしまいました。
 後ろの車もスピード出し過ぎだったようです。
 首が少し痛いのですが、我慢できないこともありません。
 私は、弁護士費用特約に加入しており、弁護士に依頼しても弁護士費用はそこから支払われるので、自分の負担はありません。
 ですから、弁護士費用特約を使って弁護士に依頼しようかと思っています。
 でも、弁護士費用特約を使うと翌年度の保険料があがってしまうのではと心配です。
 もし、保険料が上がってしまうのなら、首の痛いのは我慢してそのままにしておこうかと思っています。
 江さん、相談です。
 弁護士費用特約を使うと翌年の保険料は上がってしまうのでしょうか?」

というご質問です。
 江さん、よろしくお願いします。

A: そうですね。
 私の知っている限りでは、交通事故にあって弁護士費用特約を使った場合に翌年からの保険料が増額になるという話しは、まだ、聞いたことがありません。
 ですから、相談者の方は、せっかく弁護士費用特約に加入されていていた訳ですから、これを利用すべきと思います。
 ここで、「弁護士費用特約」について、簡単に説明しておきましょう。
 このサービスは、交通事故に遭った場合にかかる弁護士や司法書士、行政書士への報酬や、訴訟に要する費用を支払ってくれるサービスです。
 被保険者一名あたり300万円という限度を付けている保険会社もあります。
 自己負担ゼロで弁護士に依頼ができるのです。
 また、自分で選んだ弁護士に依頼ができるというメリットもあります。
 最近では、多くの方がこの弁護士費用特約に加入されているようです。

Q: 弁護士費用特約は、弁護士への報酬などを自分に代わって支払ってもらえるとのことですが、他になにか利点はありますか。

A: そうですね。
 交通事故の過失割合について、当方がゼロのときの問題があります。
 当方にいくらかでも過失がある場合は、当方が加入している保険会社は、当方の代理人として相手方(とその加入している保険会社)と交渉をしてもらえるのですが、当方の過失割合がゼロだと、当方の保険会社は動けません。
 自分が直接相手方(とその保険会社)に対して交渉をせざるを得なくなってしまいますが、弁護士費用特約を使うことにより、自分の代わりに弁護士に交渉ごとを頼むことができるということです。
 もうちょっと詳しく説明します。
 交通事故の場合、加害者と被害者の間で、その事故の状況から判断し、過失割合が決まるというのは何度もお話ししてきましたが、被害者に落ち度が全く無い、過失割合が0:10の場合は、ゼロである被害者が加入している保険は使えないのです。
 あなたが一切悪くないものについては、あなたの保険は使えません。ということです。

Q: これはちょっと、驚きです。どのような場合でも守ってもらえると思っていましたから…。

A: 自動車保険というのは基本的に、事故相手(加害者)が支払わなければならない賠償に備えるためのもの。という考え方で成り立っています。
 過失がゼロだと、相手に対して賠償はしなくていいですよね。
 ですから、相手への賠償が発生しない0:10の事故だと、自分の加入している保険会社は関与できないのです。

Q: では、誰が、何が守ってくれるのでしょう?

A: 結論から言うと、誰も、何も守ってくれないということになります。
 過失がゼロの場合には、示談交渉などは全て被害者である、本人がしなければならないのです。

Q: 何も悪くないのに、その後の処理を自分でしなくてはならないなんて、矛盾していますね。
 番組の中でも出てきましたが、相手方の保険会社と交渉するのは、至難の業ですよね。

A: 相手は交通事故のプロですからね。
 多くの被害者が泣き寝入りするか、低い賠償金額を提示されても、それに気付かずに納得して示談に応じてしまう…というパターンに陥ります。

Q: 悔しいですね。 
 泣き寝入りしないための方法って、ないのでしょうか?

A: そんな時にこそ、法律のプロ我々弁護士を頼っていただきたいということです。

Q: そうですね。
 弁護士の先生に味方になっていただきたいのですが、でも、保険が使えないかもしれない…という状況で、弁護士費用を払ってまでも…と躊躇してしまいます。

A: ここで役立つのが、先ほど述べました「弁護士費用特約」です。
 これに加入していれば、当方の過失がゼロの場合でも、自分が加入している保険会社から支払われる弁護士費用によって、自分の代理人として弁護士を利用することができるということです。

Q: なるほど、便利ですね。

A: はい。
 弁護士費用特約というのは、先ほど説明しましたようないわゆる「もらい事故」の場合でも、被害者が困った状態に陥らないようにということで、保険会社が付けているサービスでもあるのです。

Q: とても便利な手続ですね。
 しかも、これを利用したからといって、保険料が増額となることもないと言うことでしたね。

A: はい、そういうことです。

Q: それなら安心して利用できますね。
 最近の保険には、全て付いているサービスなんですか?

A: 詳細は保険会社によって違いますから、まず、加入している保険の約款を確認するか、保険会社に問い合わせてみてください。
 保険会社によっては、交通事故だけでなく、日常生活の被害事故も補償してくれるところもあるようです。
 保険は、入っていることだけで安心してしまい、その特約などのサービスをしっかり把握してなかったということもよくあるようです。
 何か起こってからだと、落ち着いて約款を読んだりなんてできませんから、何も起こっていない時こそ、保険の内容、それに付帯するサービスを、しっかり確認しておくことが大切ですね。

Q: 私たちの生活においてなくてはならない存在の保険にも弁護士費用特約などのサービスが付く時代…本当に弁護士との距離が近くなったよう思いますね。

A: 何か、交通事故でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。
 山下江法律事務所では、交通事故に関するご相談については、被害者救済の観点から、無料としております。
 また、着手金も無料です。
 なお、弁護士費用特約がある場合は、加入している保険会社から着手金が弁護士に支払われます。

Q: 相談も着手金も、無料なんですね。
 しかも地元広島の法律事務所で相談できると身近で安心ですね。
 ひとりで悩まず、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
 本日は自動車保険の弁護士費用特約について詳しく教えていただきました。


■次回のテーマ
「暴力と浪費を繰り返す夫と離婚したいが」について
2014/2/3 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■交通事故問題「弁護士費用」についてはコチラ↓↓↓
http://www.hiroshima-jiko.com/150/

■バックナンバー(交通事故)
・「交通事故で請求できる損害について教えて」  2014/1/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7601/
・「高次脳機能障害とはなんですか?」  2014/1/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7578/
・「交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来る?」  2014/1/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7558/
・「交通事故、弁護士に依頼した時の費用は?」 2013/7/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7053/ 
・「相手の保険会社と交渉したくない場合」 2013/7/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7019/
・「後遺障害認定に異議がある時はどうすればいい?」 2013/7/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6991/
・「交通事故紛争処理センターについて」 2013/7/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6938/ 
・「交通事故保険金の計算方法に二重基準がある?」 2013/7/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6908/ 
・「整骨院での治療費は認められるか」 2013/4/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6611/
・「元々持病があった場合の損害減額」 2013/4/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6612/
・「顔に傷が残った場合の損害(後遺症)」 2013/4/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6577/
・「後遺障害における逸失利益の計算方法」 2013/4/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6563/
・「後遺障害の認定手続き」 2013/4/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6537/
・「便利な弁護士費用特約」 2012/10/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5746/
・「事故後、夫がいらいらして怒りっぽくなったのですが。」 2012/10/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5724/
・「新車がぶつけられた。買換費用を請求できるか。」 2012/10/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5700/
・「交通事故の相談手続き その②」 2012/10/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5667/
・「交通事故の相談手続き その①」 2012/10/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5615/
・「交通事故、弁護士に依頼した場合の事例」 2012/2/27OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4108/ 
・「交通事故の相談は、誰にすべきか?」 2012/2/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4065/
・「交通事故の責任は自分にあるが、賠償金をもらえるか」 2012/2/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4006/
・「従業員が交通事故でけが、会社に損害が出たが…」 2012/2/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3955/
・「バイクに乗せてもらった娘が事故で大けがを…」 2011/8/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2776/
・「病院の駐車場で当て逃げされた」 2011/8/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2681/
・「息子が私の車を無断運転で事故。私の責任は?」 2011/8/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2611/
・「保険金請求権の時効は」 2011/8/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2550/
・「自損交通事故に保険は出ますか」 2011/8/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2491/

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「離婚したいと思っているのですが…」
イメージ

2016/9/26(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ