コラム

2014-01-07

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来る?」

山下江法律事務所 広島
2014/1/6(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来る?」
交通事故 損害賠償 相談

■交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来る?

Q: 明けましておめでとうございます。
 2014年平成26年の1月6日【なやみよまるく~江さんのなんでも法律相談~】も、今日が新年1回目の放送です。
 今年も地元広島の山下江法律事務所 代表 山下江弁護士が、皆様からいただいた様々な悩みを法律的に解説し解決へと導いて下さいます。
 江さん、今年もどうぞよろしくお願いします。

A: 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

Q: 今月は、「交通事故」をテーマにご相談を受け付けております。
 相談のメールをご紹介します。
 今日は、28歳、女性の方からのご相談です。

 「江先生、丸子さん、はじめまして。
 私は数ヶ月前、交通事故に遭いました。
 私の乗った車が赤信号で止まっていた時、後ろから来た車に追突されました。
 その日は小雨が降っていて、道路が濡れていてスリップして止まれなかったらしいのですが、さほどの衝撃はありませんでしたし、私の体もその時は特にどこかを打って、痛みがあったわけではなかったのです。
 ただ、衝突事故では後から痛みがでてくる場合も…という話を聞いて、一応、警察の現場検証後、近くの病院に行きました。
 診断の結果、外傷性頸部症候群 いわゆるむち打ち症の診断を受け、通院していました。
 相手方の保険会社からは後遺障害について申請しても、等級は認定されないと言われ治療を終え、約70万円で示談にという申し入れがありました。
 本当に後遺障害等級認定を申請することなく示談にしてしまっていいのか…
 ここにきてとても不安になり、メールを送りました。
 私は保険会社からのこの申し入れに応じるべきなのでしょうか?」

という内容です。
 江さん、どうなのでしょう?
 このメールを読んでいると、なんとか早いうちに示談にしてしまいたいという保険会社の思いも…伝わってきたりしますが、これは妥当なのでしょうか?

A: う~ん、丸子さんの言う通り、ちょっと一方的にことを進めたいという気持ちが見え隠れしますね。
 弁護士の立場でお答えすると、まず、交通事故に遭った場合、ご自分で対応するのではなく、弁護士を頼っていただきたい!ということですね。

Q: これは、この番組でも何回もお話してきましたよね。
 交通事故の相談を弁護士に?と思われる方もいらっしゃると思いますので、この機会にもう一度、交通事故の相談を弁護士に依頼するメリットを、お話していただけますか?

A: はい。
 では一番のメリットをお話しましょう。
 簡単に言いますと、「交通事故の賠償金額・保険金額については、弁護士を介することで、保険会社からの提示より、賠償金が多くなることが、ほとんどであり、弁護士報酬を差し引いても、ほとんどがプラスになる。」ということでしょうね。

Q: 「適正な賠償を受けることができる」ということでしたよね。
 この方のご相談のように、保険会社などと個人で交渉することになると、保険会社から提示のあった補償内容が妥当かどうかの判断がなかなかできない。というのが普通だと思います。
 そして最後には保険会社の提案する内容で示談に応じてしまう場合が多いということですが、保険会社のいい分通りになるのは、どうなんですかね。

A: そうですね。
 保険会社も仕事なわけですから、自らの支払額をできるだけ少なくしようとするのは、ある意味、当たり前のことなんです。
 保険会社は保険のプロ、その相手と交渉するというのは、そんなに簡単な話ではありません。
 そんな時、我々弁護士を上手く役立てて欲しいということです。

Q: 保険会社との交渉に、弁護士が介入するとどのような点で違いが出てくるのでしょうか?

A: 交通事故の損害賠償の基準には、任意保険基準と裁判基準の2つがあります。
 任意保険基準とは、保険会社が、弁護士が介入する前の示談の際に被害者に補償額の提示をする基準です。
 一方、裁判基準とは、裁判所の判決や和解に関しての基準となります。
 このように賠償金額の計算には2つの基準があるということです。
 そして、場合によっては、2つの基準の差が倍にもなることもあるくらい大きく違うと言うことです。

Q: 同じ事故なのに、損害賠償額はそんなに違うものなのですか?

A: そうです。
 ちなみに、今回のご相談者の内容を例にとってみますと、まず、保険会社が後遺障害に認定されないだろうと判断した、「外傷性頸部症候群」。
 これについては申請をすれば14級9号の後遺障害等級が認められる可能性があります。
 この場合だと、後遺障害の慰謝料や逸失利益が加算されることになり、賠償金額は2~300万円になる可能性もあります。

Q: 70万円とは大きな差がありますね。

A: まぁ、これはあくまでも、このご相談のメールにある内容から考えられる一つの可能性ですが、弁護士が介入することにより、賠償金が増額することがほとんど全てと言って良いと思います。
 要は、弁護士は保険会社が提示してきた損害賠償額の検証をして、妥当な損害賠償額を算定します。
 法律的な根拠によって、慰謝料の損害賠償請求額の算出を裁判基準で行いますから、任意保険基準額より高い金額で損害賠償の請求を行うことができるのです。

Q: なるほど…。
 任意保険基準と裁判基準。
 詳細については我々素人では知りえないこともいっぱいなのでしょうが、交通事故に遭った場合の損害賠償については、自分で保険会社と対応するより、弁護士に相談して介入してもらうことで、良い結果を生むことが多い。ということだけでも覚えておくといいですね。

A: その通りです。
 交通事故で被害者になり、保険金の請求も思い通りにいかなければ、つらい思いをするばかりです。
 弁護士は、そんな被害者の為に、少しでも力になれるよう交渉を行います。
 弁護士費用が掛かるだろうと、敬遠される方もいらっしゃると思いますが、当、山下江法律事務所では、相談料無料、着手金無料となっていますので、とりあえず一度、相談してみていただきたいですね。

Q: 相談も着手金も無料なんですね。
 しかも地元広島の法律事務所で相談できると身近で安心ですね。 
 ひとりで悩まず、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
 本日は交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来るのかという質問について教えていただきました


■次回のテーマ
「高次脳機能障害とはなんですか?」について
2014/1/13 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■交通事故問題「損害賠償額の計算方法」についてはコチラ↓↓↓
http://www.hiroshima-jiko.com/110/

■バックナンバー(交通事故)
・「交通事故、弁護士に依頼した時の費用は?」 2013/7/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7053/ 
・「相手の保険会社と交渉したくない場合」 2013/7/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7019/
・「後遺障害認定に異議がある時はどうすればいい?」 2013/7/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6991/
・「交通事故紛争処理センターについて」 2013/7/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6938/ 
・「交通事故保険金の計算方法に二重基準がある?」 2013/7/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6908/ 
・「整骨院での治療費は認められるか」 2013/4/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6611/
・「元々持病があった場合の損害減額」 2013/4/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6612/
・「顔に傷が残った場合の損害(後遺症)」 2013/4/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6577/
・「後遺障害における逸失利益の計算方法」 2013/4/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6563/
・「後遺障害の認定手続き」 2013/4/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6537/
・「便利な弁護士費用特約」 2012/10/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5746/
・「事故後、夫がいらいらして怒りっぽくなったのですが。」 2012/10/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5724/
・「新車がぶつけられた。買換費用を請求できるか。」 2012/10/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5700/
・「交通事故の相談手続き その②」 2012/10/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5667/
・「交通事故の相談手続き その①」 2012/10/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5615/
・「交通事故、弁護士に依頼した場合の事例」 2012/2/27OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4108/ 
・「交通事故の相談は、誰にすべきか?」 2012/2/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4065/
・「交通事故の責任は自分にあるが、賠償金をもらえるか」 2012/2/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4006/
・「従業員が交通事故でけが、会社に損害が出たが…」 2012/2/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3955/
・「バイクに乗せてもらった娘が事故で大けがを…」 2011/8/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2776/
・「病院の駐車場で当て逃げされた」 2011/8/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2681/
・「息子が私の車を無断運転で事故。私の責任は?」 2011/8/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2611/
・「保険金請求権の時効は」 2011/8/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2550/
・「自損交通事故に保険は出ますか」 2011/8/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2491/

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.134 「インターネット上で誹謗中傷された時の対策」 久井 春樹
イメージ

 インターネット上で誹謗中傷された時の対策  不特定多数の人が閲覧できるインターネット上の掲示板に、自...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「きらり創立5周年記念講演会」ほか
イメージ

 きらり創立5周年記念講演会  きらり(一般社団法人人生安心サポートセンターきらり)の創立5周年記念講演会...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの『「超☆ドンブリ相続対策」のすすめ』ほか
イメージ

 事業承継士資格取得講座☆ 先週のブログ →弾丸☆インド旅行 でも少し触れたのですが東京滞在5泊6日で講習...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「離婚したいと思っているのですが…」
イメージ

2016/9/26(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ