コラム

 公開日: 2013-12-24  最終更新日: 2014-07-04

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「ヤミ金融業者に手形をとられているのですが・・・」

広島 山下江法律事務所
2013/12/23(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「ヤミ金融業者に手形をとられているのですが・・・」
ヤミ金 相談 広島

■ヤミ金融業者に手形をとられているのですが・・・

Q: 今月は、債務整理をテーマに、皆様からの悩みに答えています。
 いよいよ年の瀬となってきましたが、今日のご相談は43歳、男性の方からです。

 「私は工作機械製造の小さな会社を営んでいます。
 経営状態が良くないので、銀行や商工ローンなどからはお金を借りることができません。
 ともかく当面の資金繰りを何とかしなければ会社がつぶれてしまうので、藁をもつかむ思いで、いわゆるヤミ金に手を出してしまいました。
 1か月後に100万円を返済するという手形を切らされ、80万円を受け取りました。
 その返済すべき100万円ですが、予定がはずれて返せそうにありません。
 このまま行くと、手形が不渡となり、倒産ということにもなりかねません。
 江さん、何とか助かる方法はないでしょうか?」

という質問です。
 この方、ヤミ金融業者に手形をとられてしまったようですね。
 不渡になると会社倒産になってしまうという大変な事態のようです。
 江さん、何とかできないようでしょうかね。
 良いアドバイスをお願いします。

A: これは大変なことになりましたね。
 うちの事務所にも、このような相談はときどきあり、うちの事務所が受任することにより、いずれも解決しています。
 ただし、必ずうまくいくかどうかややってみないと分からない面もありますので、約束はできませんが・・・

Q: それはそれは。
 希望が見えましたね。
 どのようなことになるのですか・・・

A: はい、まずヤミ金融業者、いわゆる「ヤミ金」ですが、法律で決められた利息の上限を超えて貸し付ける業者のことです。
 出資法には、「金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付を行う場合において、年20%の割合を超える利息の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」と規程されております。
 すなわち、貸金業者が年20%を超える利息でお金を貸し付けたときは、犯罪になるということです。
 今回の場合ですが、80万円を借りて1か月後に100万円を返すと言うことは、月20万円の利息、年にすると、12倍して、240万円ですよね。
 80万円が元本なので、利息は・・・  240÷80×100=300%。
 すなわち年300%の利息。これは、明らかに犯罪行為です。

Q: そうですか、犯罪行為なのですね。
 すると、この相談者の方ですが、いくら返せば良いと言うことになるのですか。
 返すのは、元本の80万円だけでよいとか・・・になるのですかね。

A: それは違います。

Q: どうなるのですか?

A: はい、結論から言いますと、相談者の方は一銭も返さなくて良いということになります。

Q: えっ! まったく返さなくて良いのですか。

A: はい、そうです。
 なぜかというと、ヤミ金が行う貸付は、犯罪行為であり、公序良俗に反する違法な行為です。
 ですから、ヤミ金の貸付自身が無効となります。
 そして、法律は、このような公序良俗に反する行為に対して協力しないということ、すなわち、貸付金額の元本の限度ですら、その元本の返還請求権というものを認めない、ということです。

Q: なるほど、違法な行為であり、公序良俗に反するから、ヤミ金の貸付自身が無効ということですね。

A: はい、そういうことです。

Q: ヤミ金の貸付が無効で、この相談者の方は一銭も返す必要がないということは分かりましたが、ヤミ金業者は相談者の方の手形を持っているということでしたよね。
 手形が振り込まれてしまったら、不渡ということになってしまいますよね。
 どうやったらこれを避けることができるのですか。

A: そこが一番重要なところです。
 ご本人が、今述べたような事情をヤミ金に話し、ヤミ金の理解を得ることは難しいと思います。
 ここはやはり、弁護士の登場する場面でしょうね。

Q: なるほど、弁護士の出番ですか。

A: はい、こうしたヤミ金被害者から依頼を受けた弁護士は、ヤミ金業者に対して、所持している手形を取り立てに回せば、刑事告訴・告発を行う旨の警告を発します。
 そして、その手形を返すように要求します。
 また、支払銀行に対して、その手形がヤミ金による違法な手形であることを説明し、協力を求めます。
 通常は協力を得られると思います。
 さらに、最悪の場合は、荒技でありますが、手形が取り立てに回される前に、当座取引口座を解約してしまうという方法もあります。

Q: ヤミ金業者は、弁護士からの警告に対して、どのように反応するものなのでしょうか。

A: そうですね。
 うちの事務所にて対処した事案では、いずれも手形の返却に応じております。
 やはり、ヤミ金業者は警察に逮捕され処罰されることを最も恐れているからでしょうね。
 ただし、必ず手形を返却されるという保障はありませんので、絶対とは言えないことに注意してください。

Q: 江さん、よく分かりました。
 相談者の方も、早急に弁護士に相談なり依頼なりをしていただけると良いですね。
 今日もありがとうございました。

A: はい、ありがとうございました。


■次回のテーマ
「借金の保証は口約束でも有効か?」について
2013/12/30 15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■借金問題「ヤミ金(闇金)とは」についてはコチラ↓↓↓
http://www.hiroshima-saimu.com/123/

■借金問題に関するバックナンバー
・「個人再生手続きについて教えてください」  2013/12/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7505/
・「自己破産すべきかどうか悩んでいます」  2013/12/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7480/
・「過払い金返還請求には時効があるのですか?」  2013/12/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7460/
・「過払い金返還、弁護士と司法書士の違い」 2013/6/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6876/ 
・「自己破産のメリットとデメリット」 2013/6/17OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6852/
・「数年前に完済していても、過払い金返還請求は可能か?」 2013/6/10OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6771/
・「過払い金返還請求するとブラックリストに載る?」  2013/6/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6765/
・「江さんに、質問!」 2012/1/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3912/
・「家を守りながら借金を整理したい」 2012/1/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3852/
・「法テラスの利用法」 2012/1/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3810/
・「完済後でも消費者金融からお金を取り戻せますか?」 2012/1/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3751/
・「過払いについて」 2012/1/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3733/
・「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1229
・「消費者金融からお金を取り戻せますか」 2011/6/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2016

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの『「karoshi」が国際共通語に。不名誉! 』ほか
イメージ

 「karoshi」が国際共通語に。不名誉!  11月29日付け中国新聞セレクト版によると、大変不名誉なこ...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「空き家、相続・贈与税対策 無料セミナー」
イメージ

専門家が教える<不動産>のアレコレが満載!マエダハウジング不動産と山下江法律事務所が共同開催する、今年...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの『「卍(まんじ)じゃね」 ?!?!』ほか
イメージ

 「卍(まんじ)じゃね」 ?!?! 昨日(30日)朝の「めざましテレビ」(フジテレビ)で、女子高生流行語...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「平成27事務年度における相続税の調査の状況」ほか
イメージ

 弾丸トラベル国内篇 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です。先週末は、大移動...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「個人再生なら家を残せますか?」
イメージ

2016/11/28(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお...

[ 法律相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ