コラム

 公開日: 2013-12-10  最終更新日: 2014-07-04

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「自己破産すべきかどうか悩んでいます」

広島 山下江法律事務所
2013/12/9(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「自己破産すべきかどうか悩んでいます」
自己破産 相談 広島

■自己破産すべきかどうか悩んでいます

Q: 今月は、債務整理をテーマに、皆様からの悩みに答えています。
 今日のご相談は33歳、男性の方からです。

 「私は、25歳の頃から借金を抱えています。
 その頃は特に結婚する気もなく楽しく暮らしていければいいや。という軽い考えを持っていたので、特に借金があっても気にもしていませんでした。
 そんな私も、昨年彼女ができ、最近は真剣に結婚を考えるようになりました。
 ただ、借金はまだまだ返済できておらず、貯金もゼロ。
 こんな状態では、彼女にプロポーズもできません。
 この際、結婚を目標に自己破産をしてもう一度、人生のスタートラインに立つべきだと友達にも言われ、自己破産について考え始めたところです。
 江さん、私のような状況で自己破産をするのはベターなのでしょうか?
 それとも何か他の方法があれば、教えてください。
 ちなみに彼女には借金の話はしていません。
 また自己破産をした場合、会社にバレてしまうなんてことはあるのでしょうか?」

という内容です。
 自己破産をするべきかどうか…悩まれているようですが、江さん、今日もよろしくお願い致します。

A: このご質問の男性は、25歳の頃から8年くらい借金生活をしてきたということですね。
 この方のように、借金をすることが、特に他人に迷惑をかけているわけでもないし、自分自身の生活がそれで楽しく廻っていればいいじゃない、という考えを持っている人、実は結構多いようですね。
 この方は、結婚を機にご自分の借金生活に区切りをつけようとしている…そのような気持ちにさせてくれた彼女に感謝しないといけませんね。
 さて、相談者が悩まれている自己破産について、まず説明しましょう。
 自己破産とは、経済的に破綻して、払わなければならない借金が払えなくなった状況の中で、自らが申し立てて借金をゼロにする手続です。
 もちろん資産は生活費程度しか残りません。
 自己破産申立は、地方裁判所に行います。
 多額の借金を抱えた人の自宅などの全財産を、法律にのっとって債権者全員に公平に分配すると同時に、自己破産者の借金をゼロにして、自己破産者に生活の再建・建て直しと、再出発の機会・チャンスを与えるという、国が法律で認めた救済手段です。
 なお、財産がほとんど無い場合は、今述べた公平に分配する手続はありません。

Q: 自己破産申立ができる条件というものはあるのでしょうか。

A: そうですね。
 「支払不能」であることが、法律上要件とされています。
 現在の収入・財産では、借金を返済することが著しく難しい状況であることが立証されれば自己破産の選択ができるというわけです。
 「支払不能」かどうかは、借入総額と収入・財産の相関関係で判断されます。
 収入が少なく、高価な財産も持ち合わせていないような場合には、100万円の借金であっても「支払不能」と判断される場合もあります。

Q: とはいえ、簡単に自己破産の選択をするのも、どうでしょう?

A: もちろん、自己破産を簡単に考えてはいけません。
 支払えない借金をゼロにする代わりに、様々な条件や制限を受ける場合があります。

Q: では、自己破産をした場合のメリットとデメリットを、教えていただけますか?

A: まずは、メリットからお話しましょう。
 自己破産の手続きを弁護士に依頼すると、弁護士が依頼者の代理人となりますので、貸金業者などからの取り立て行為が規制されます。
 返済に追われる生活から一息つくことができるということです。
 そして免責が確定すれば借金の支払義務がなくなります。
 ようするに、借金がゼロになるということです。
 自己破産のメリットとしては、ここが一番のメリットといえるでしょう。
 自己破産をして、借金がなくなり、取り立てもなくなると、平穏な生活を取り戻せますから、精神的にもかなり楽になります。

Q: そうですね。
 借金生活を送っている人にとっては、平穏無事な生活が戻ってくることが最も嬉しいことでしょうから、これは最大のメリットといえますね。
 では自己破産をした時のデメリットを教えてください。

A: はい。
 自己破産のデメリットとしては、まず一定の財産がある人は、それを失うことになります。
 例えば自宅を所有している場合はその所有権を失うことになるでしょう。
 債務者の必要最低限の生活費と財産以外は全て換価し、債権者に公平に配当する制度ですから、破産手続の開始が決定された後は、一定額以上の財産は処分されることになります。
 そして自己破産が確定すると、国が発行する機関紙である官報に、破産者の「氏名・住所・破産手続きをした日時・裁判所」などが記載されます。
 今回のご相談の最後に、会社に知られることはないか?という質問がありましたが、基本的には会社からお金を借りているなどの事実がない限り、知られることはないと思いますが、もし会社関係の方が、この官報を見ていれば、知られる可能性はあります。
 そういうことはほとんどないとは思います。
 というのは毎号非常にたくさんの方が記載されているので一々確認する人は金融機関以外にはほとんどいないと言ってよいからです。
 職業や資格についても、一定の制限がかかります。
 だいたい、金を扱う国の資格は免責決定が出るまでは失われると認識してください。
 すなわち、弁護士、税理士、司法書士、保険外交員などです。
 他方で、(特殊な職を除く)公務員、医師、一級建築士などの資格は失われません。
 更には、クレジットカードを作成したり、ローンを組むことが難しくなります。
 破産確定から、5年から7年間の間ですが。
 そして、破産手続中ですが、財産があってその換価手続などのために破産管財人が任命される場合は(管財事件といいます)、裁判所の許可を得なければ、居住地を離れることはできません。
 引越しや長期旅行にも制限がかかります。
 郵便物も管財人に管理されます。
 これらの制限は、破産申立人に財産がほとんど無くて、破産管財人を任命するまでも無い場合(同時廃止事件といいます)は、ありません。

Q: 借金ゼロというメリットに対し、デメリットもあるのですね。
 よく考えて自己破産の道を選択しなくてはいけませんね。

A: でも、重要なデメリットとしては資格制限くらいのものかと思います。
 というのは、自己破産しないでも、借金が返せなくなった場合は、クレジットカードの作成やローンを組むことは困難となるのですから。
 人によって状況が違いますから一概には言えませんが、借金で悩む毎日を送るよりも、一定のデメリットを受け入れて、心機一転、新しい生活をスタートさせた方が良い場合がほとんどと思います。 
 また、ご質問の自己破産以外の方法ですが、各債権者との交渉による任意整理という方法や自宅を守りながら債務整理手続を行う個人民事再生という方法もあります。
 それらが可能かどうかは、事情を詳しくお聞きしてみないと分かりません。

Q: 自己破産には、メリットもありデメリットもある。
 今の自分の置かれている状況が、自己破産を選ぶべきなのか、違う整理の仕方を考えてみるか…やはりこのようなことは自分ひとりで悩まずに、弁護士など、専門家に相談することが最善のような気がしますね。

A: そうですね。
 地元広島の山下江法律事務所に是非、ご相談いただければ、現状とこれからの生活を考慮した上で、ベストな方向性をアドバイスできると思います。

Q: 地元広島の法律事務所で相談できると身近で安心ですね。
 ひとりで悩まず、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?
 本日は「自己破産」について法律的に教えていただきました。
 江さん、ありがとうございました。


■次回のテーマ
「個人再生手続きについて教えてください」について
2013/12/16(月)15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■借金問題「自己破産とは」についてはコチラ↓↓↓
http://www.hiroshima-saimu.com/105/

■借金問題に関するバックナンバー
・「過払い金返還請求には時効があるのですか?」  2013/12/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7460/
・「過払い金返還、弁護士と司法書士の違い」 2013/6/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6876/ 
・「自己破産のメリットとデメリット」 2013/6/17OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6852/
・「数年前に完済していても、過払い金返還請求は可能か?」 2013/6/10OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6771/
・「過払い金返還請求するとブラックリストに載る?」  2013/6/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6765/
・「江さんに、質問!」 2012/1/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3912/
・「家を守りながら借金を整理したい」 2012/1/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3852/
・「法テラスの利用法」 2012/1/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3810/
・「完済後でも消費者金融からお金を取り戻せますか?」 2012/1/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3751/
・「過払いについて」 2012/1/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3733/
・「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1229
・「消費者金融からお金を取り戻せますか」 2011/6/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2016

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.139 「訴えたい相手が認知症の場合は?」 柴橋 修
イメージ

 訴えたい相手が認知症の場合は?  例えば,お金をある人に貸していたが返してくれないので,この人に対し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの『「トナカイ」ならぬ「トナ改バイク」 』ほか
イメージ

 「トナカイ」ならぬ「トナ改バイク」  街のあちこちでクリスマスの雰囲気が広がっている。クリスマスといえ...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「相続税対策だけが相続対策ではない理由」ほか
イメージ

 相続税対策だけが相続対策ではない理由 さて、今日のお話。相続対策って、特に相続税対策が必要な方は熱心...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「カープ優勝で拒否しているのに胴上げされた」
イメージ

2016/12/5(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの『「karoshi」が国際共通語に。不名誉! 』ほか
イメージ

 「karoshi」が国際共通語に。不名誉!  11月29日付け中国新聞セレクト版によると、大変不名誉なこ...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ