コラム

2013-08-27

弁護士・江さんの何でも法律相談「境界をはっきりさせたい」

山下江法律事務所
2013/8/26(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「境界をはっきりさせたい」
境界線 相談 広島

■境界をはっきりさせたい

Q: 今日は、62歳男性からの相談です。
 次のようなメールが来ております。

 「江さん、丸子さん、いつも番組を聞かせてもらっています。
 ためになることが多く、楽しみの一つとなっています。
 さて、今日は私自身のことで相談のメールを送らせていただきました。
 このお盆に、実家に親族が集まりました。
 実家には87歳になる母1人が住んでいるのですが、この度、私が引き取って面倒を見ることになりました。
 また、実家の家ですが、母も未練がないようで、売却しようと言うことになりました。
 しかし、母によると、隣家との境界がはっきりしていないところがあるとのことでした。境界が曖昧なママでは売却もできないのではと思います。
 そこで、江さん、境界をはっきりさせるにはどうしたら良いか、その当たりを教えていただきたいのですが。」

 ということです。
 江さん、相談の男性の方は、隣家との境界をはっきりさせる方法を知りたいということのようです。
 よろしくお願いします。

A: はい、了解しました。
 境界をはっきりさせる方法ですが、隣家の人と境界について合意ができるかどうかで異なります。
 まず、合意ができる場合について説明しましょう。
 隣接する土地の所有者全員の同意が必要です。
 土地家屋調査士や測量士に来てもらい、関係者全員が集まって、測量に立ち会います。
 そこでの話し合いによって境界点を決めて、境界を標示する境界標を設置することになります。
 境界標には、境界石という石や金属標、金属鋲、赤いペンキなどが用いられます。
 そして、境界点に基づいて測量を行い、後日測量図を作成し、関係者が、この測量図のとおりで間違いないことを確認し、確認書に関係者全員が署名・押印するのが一般的なやり方です。

Q: 関係者全員が集まって合意ができれば、それで境界を決めることができるのですね。
 ただ、土地家屋調査士や測量士にも来てもらう必要があるということですね。
 よく分かりました。
 江さん、では、隣地の所有者との合意ができない場合はどうすればいいんでしょうか?

A: その場合には、少し時間がかかるかも知れませんが、次のような3つの方法があります。
 まず、端的に、裁判、すなわち訴訟を提起して、裁判所を通して境界を確定してもらうことです。
 2番目に、裁判所に調停申し立てを行うことです。
 調停は裁判所を通した話し合いの場ですから、ここで合意できなければ、本裁判で解決するしかないということになります。
 そして、3番目が、土地家屋調査士会の調停センターに申立を行う方法です。
 これも土地家屋調査士会を通した話し合いですから、合意に至らなければ、やはり、裁判を提起して解決するしかないということになります。

Q: なるほど、3つというのは、訴訟提起、調停申立、土地家屋調査士会の調停センター、ということですね。

A: はい、そのとおりです。
 この3つ、順番に、その内容を少し説明しましょう。
 まず、訴訟提起ですが、管轄の地方裁判所に申し立てます。
 「境界確定の訴え」というものと「所有権の範囲の確認の訴え」の2つの方法があります。

Q: えっ、裁判にも2つの方法があるのですか?

A: はい、そうなんです。
 まず、「境界確定の訴え」ですが、これは、裁判所の判断で公的な境界を確定するものです。
 当事者の主張に拘束されず、裁判所自身の判断によって境界線が決められます。
 そのため、不動産登記法17条が求めるような精密な図面の作成が必要であり、また、証拠や資料も膨大なものが必要となるのが一般的です。
 従って、余り利用されていません。
 通常よく利用されているのは、もう一つの方法、すなわち、「所有権の範囲の確認の訴え」です。
 これは、「境界確定の訴え」のように公的な境界を確定するものではなく、争いのある当事者間において、それぞれの所有権の範囲がどこまでかの確認を求めて、境界を決めるものです。
 公的な境界というものではなく、両者間で所有権の範囲を確認するものですから、「境界確定の訴え」に比べて、煩雑さは少ないと言えます。

Q: 通常利用されるという「所有権の範囲確認の訴え」ですが、訴訟提起する場合に準備しなければならないものは何がありますか?

A: そうですね。
 やはり、測量図は必要ですね。
 そこに当方が主張する境界線はこれだというように、具体的に示さなければなりません。
 それから、裁判官に状況を理解してもらうために、現場の写真や昔の写真、さらには、売買契約書、登記簿謄本、場合によっては、堀や屋根の現状などを示す資料など、当方が主張する境界の証拠となるような書類・写真が必要になるかと思います。
 裁判では、相手方から、相手方の主張する境界線の図面やそれを証明する証拠資料等が提出されることになります。
 裁判所は双方の主張や証拠を元にして、どちらの主張が事実かを認定することになります。
 場合によっては、裁判官が、現場検証をすることもあります。

Q: 裁判所が判決をして境界が確定するということになるのですね。

A: はい、そういうことです。
 ただし、裁判の進行過程において、双方が歩み寄って、和解が成立してそれにより境界が確定するということもあります。
 裁判になっても最後は和解が成立したという終わり方が良いかと思います。
 というのは、ご相談の場合は土地を売却してお隣さんとのつきあいはそれ以降なくなるわけですから問題はないのですが、ずっと住み続ける場合は、将来にわたってお隣さん同士という関係が続きますので、なるべくなら良好な関係に戻れるようにすべきだからです。

Q: そうですよね。
 お隣さん同士は、できれば仲良くした方が良いですよね。

A: 2番目の方法、調停ですが、これは、相手方の住所などを管轄する簡易裁判所に申し立てることになります。
 調停においては、2名の調停委員が当事者双方から主張を聞き、また証拠等を検討して、妥当な調停案を双方に示し解決を図ろうとします。
 しかし、当事者は、これに応じる義務はなく、話し合いが付かなければ、調停は不成立に終わります。
 双方が調停案に納得すれば、そこで調停が成立し、境界が確定することになります。

Q: 調停が不成立の場合は、やはり、もう裁判しかないのでしょうか。

A: そうですね。
 通常は地方裁判所に、裁判を起こすことになると思います。

Q: 3番目の方法は何でしたっけ?

A: はい。
 土地家屋調査士会の調停センターです。
 広島では、広島弁護士会の協力の下、広島県土地家屋調査士会が「境界問題相談センターひろしま」という組織を作っています。
 東区二葉の里にある広島県土地家屋調査士会館の3階に、センターがあります。
 相談には、弁護士1名と土地家屋調査士1名で対応します。
 相談によって解決することもありますが、そうでない場合は、同センターに調停を申し立てることになります。
 調停では、弁護士1名と土地家屋調査士2名が同席し、合意を図るようにします。
 電話番号は、082-506-1171です。
 電話受付時間は、月水金の10時~16時(12時~13時は除く)です。

Q: このセンターの調停で合意が出来ない場合は、やはり、裁判しかないのでしょうか。

A: 残念ですが、裁判を起こすしかないと思います。


■次回のテーマ
「金遣いの荒いのが原因で離婚できるか?」について
2013/9/2(月)15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)

■『広島の社長.tv』にて、所長・山下江が「成長の根源となる言葉」「社会の役に立つために」「理想の事務所像」「弁護士の目指す先」について語っています。↓↓↓
 http://www.law-yamashita.com/985/#0213

■バックナンバー
・「頼まれて預かった子どもがケガ」 2013/8/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7120/
・「子どもが親のカードでネットショッピング」  2013/8/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7141/
・「借家の屋根に雨漏りが…」  2013/8/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7076/
・「交通事故、弁護士に依頼した時の費用は?」 2013/7/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7053/ 
・「相手の保険会社と交渉したくない場合」 2013/7/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/7019/
・「後遺障害認定に異議がある時はどうすればいい?」 2013/7/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6991/
・「交通事故紛争処理センターについて」 2013/7/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6938/ 
・「交通事故保険金の計算方法に二重基準がある?」 2013/7/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6908/ 
・「過払い金返還、弁護士と司法書士の違い」 2913/6/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6876/ 
・「自己破産のメリットとデメリット」 2013/6/17OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6852/
・「数年前に完済していても、過払い金返還請求は可能か?」 2013/6/10OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6771/
・「過払い金返還請求するとブラックリストに載る?」  2013/6/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6765/
・「ママが巻き込まれる相続トラブル」  2013/5/27OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6744/
・「資産と借金・・・相続を迷っている」 2013/5/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6720/
・「父親に買って貰ったマンションの相続」 2013/5/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6672/
・「遺言書のつくり方について」 2013/5/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6659/
・「整骨院での治療費は認められるか」 2013/4/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6611/
・「元々持病があった場合の損害減額」 2013/4/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6612/
・「顔に傷が残った場合の損害(後遺症)」 2013/4/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6577/
・「後遺障害における逸失利益の計算方法」 2013/4/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6563/
・「後遺障害の認定手続き」 2013/4/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6537/
・「労働災害と認めて欲しい」 2013/3/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6503/
・「うつ病と会社の責任」 2013/3/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6422/
・「懲戒解雇とは?」 2013/3/11OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6391/
・「整理解雇が行われそうです・・」 2013/3/4OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6361/
・「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6330/
・「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6293/
・「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6274/
・「養育費の決め方」 2013/2/4OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6205/
・「教えて!裁判の傍聴の方法」 2013/1/28OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6175/
・「姉が認知症の親の金を勝手に使う」 2013/1/21OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6136/
・「職場のタバコの煙…どうにかして欲しい」 2013/1/14OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6114/
・「連帯保証人を頼まれ、困っている」 2013/1/7OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6075/
・「自転車事故でもめている」 2013/1/4OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6041/
・「みなし残業制と残業手当」 2012/12/24OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6032/
・「会社倒産の場合の賃金の支払い」 2012/12/17OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/6000/
・「会社の民事再生について聞きたい」 2012/12/10OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5979/
・「会社の倒産に伴う手続が聞きたい」 2012/12/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5951/
・「エンディングノートについて」 2012/11/26OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5892/
・「遺言の内容を変更したい」 2012/11/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5860/
・「株式を相続したのですが…」 2012/11/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5824/
・「未成年者への相続」 2012/11/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5789/
・「便利な弁護士費用特約」 2012/10/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5746/
・「事故後、夫がいらいらして怒りっぽくなったのですが。」 2012/10/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5724/
・「新車がぶつけられた。買換費用を請求できるか。」 2012/10/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5700/
・「交通事故の相談手続き その②」 2012/10/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5667/
・「交通事故の相談手続き その①」 2012/10/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5615/
・「借家の一部を間貸しできるか?」 2012/9/24OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5569/
・「立ち退き料の計算の仕方」 2012/9/17OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5527/
・「家を購入したが近くの採石場の砂塵で困っている」 2012/9/10OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5494/
・「家賃を滞納されて困っている」 2012/9/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5460/
・「井戸端会議って、罪になる?」 2012/8/27OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5411/
・「家の修繕のため隣地を使用したいが…」 2012/8/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5374/
・「子どもがショッピングモールの遊び場でケガをした…」 2012/8/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5263/
・「いじめに対する学校の責任は?」 2012/8/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5261/
・「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5217/
・「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5158/
・「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5126/
・「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5084/
・「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/5040/
・「自宅前のゴミ集積場、何とかならない?」 2012/6/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4983/
・「車屋から高額の違約金を請求された」 2012/6/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4945/
・「画数が悪いので、子どもの名前を変えたい」 2012/6/11OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4909/
・「子どもが先生に殴られケガをした」 2012/6/4OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4848/
・「倒産した会社から退職金はもらえるか?」 2012/5/28OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4768/
・「上司の部下へのセクハラにつき会社は責任を負うか?」 2012/5/21OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4730/
・「勤務中の頻繁な私的メールを理由に解雇できるか?」 2012/5/14OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4700/
・「内容証明郵便とはどのようなものですか?」 2012/5/7OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4639/
・「紙切れに書かれた遺言書」 2012/4/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4612/
・「生命保険金は遺産分割の対象となりますか?」 2012/4/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4565/
・「どこの家庭でも起こりうる相続問題」 2012/4/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4501/
・「相続アドバイザーって何?」 2012/4/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4446/
・「初めての相続~流れの説明~」 2012/4/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4395/
・「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4344/
・「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4289/
・「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4236/
・「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4172/
・「交通事故、弁護士に依頼した場合の事例」 2012/2/27OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4108/ 
・「交通事故の相談は、誰にすべきか?」 2012/2/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4065/
・「交通事故の責任は自分にあるが、賠償金をもらえるか」 2012/2/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/4006/
・「従業員が交通事故でけが、会社に損害が出たが…」 2012/2/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3955/
・「江さんに、質問!」 2012/1/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3912/
・「家を守りながら借金を整理したい」 2012/1/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3852/
・「法テラスの利用法」 2012/1/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3810/
・「完済後でも消費者金融からお金を取り戻せますか?」 2012/1/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3751/
・「過払いについて」 2012/1/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3733/
・「預金通帳が盗まれたときの対処は」 2011/12/26OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3667/
・「公園の遊具で子どもが大ケガ」 2011/12/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3641/
・「共有物の分割の仕方は?」 2011/12/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3600/
・「借家明け渡しの際、敷金を返してもらえない」 2011/12/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3558/
・「支払延期を求められたらどうすべきか?」 2011/11/28OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3526/
・「取引先から突然の「破産申立通知」が…」 2011/11/21OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3496/
・「契約解除はどのような場合にできますか?」 2011/11/14OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3463/
・「印鑑の押していない契約書は有効ですか?」 2011/11/7OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3429/
・「胎児は相続できますか?」 2011/10/31OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3346/
・「遺留分を放棄させることは可能?」 2011/10/24OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3290/
・「弟から遺留分の請求が…」 2011/10/17OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3243/
・「死亡した父の借金取り立てが来た」 2011/10/10OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3205/ 
・「夫が別の女性との間でつくった子に相続させたくないが…」 2011/10/3OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3116/
・「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3086/
・『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3008/
・「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2926/
・「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2847/ 
・「バイクに乗せてもらった娘が事故で大けがを…」 2011/8/29OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2776/
・「病院の駐車場で当て逃げされた」 2011/8/22OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2681/
・「息子が私の車を無断運転で事故。私の責任は?」 2011/8/15OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2611/
・「保険金請求権の時効は」 2011/8/8OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2550/
・「自損交通事故に保険は出ますか」 2011/8/1OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2491/
・「弁護士と司法書士って何がちがうの?」 2011/7/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2422/
・「認知症になった父が女性に金を・・・」 2011/7/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2365
・「愛犬が他人の飼い犬にかみついた」 2011/7/11OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2308
・「契約書なしで貸した金は返してもらえるか」 2011/7/4OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2241
・「スーパーの床が濡れていて滑って右腕を骨折した」 2011/6/27OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2177
・「入したマンションに雨漏り」 2011/6/20OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2082
・「消費者金融からお金を取り戻せますか」 2011/6/13OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2016
・「裁判をせずに早期解決したい」 2011/6/6OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1961
・「請求書発送と時効の中断」 2011/5/30OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1908
・「契約書の必要性」 2011/5/23OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1811
・「再建か倒産か」 2011/5/16OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1779
・「出資金の返還」 2011/5/9OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1739
・「残業代の不払い」 2011/5/2OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1717
・「子どもがいない夫婦の相続はどうなるの?」 2011/4/25OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1602
・「放蕩息子に相続させたくない」 2011/4/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1457
・「家業手伝いと療養看護…相続はどうなる」 2011/4/11OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1397
・「内縁の妻は相続できる?」 2011/4/4OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1308
・「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1205
・「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1170
・「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1211
・「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1213
・「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1229

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「もしかしてうちの相続揉めるかも・・・」ほか
イメージ

 法人会全国青年の集い北海道大会 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です☆遂に...

[ 相続アドバイザー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ