コラム

2011-11-18

弁護士コラムvol.12 「身近な人が突然逮捕されてしまったら」 城昌志

山下江法律事務所 弁護士 城昌志
 今回は刑事事件についてお話しさせていただきます。
 普段、みなさんは刑事事件なんて自分には関係ないと思って生活しているかもしれません。しかし、数は少ないものの全く身に覚えがない事実により逮捕されてしまうケースが残念ながら存在します。自分にとって身近な人がもし無実の罪で突然逮捕されてしまったらどのように対処すればよいでしょうか。
 逮捕が行われると、無事に釈放される場合を除いて、逮捕から72時間以内に「勾留」という手続きがとられます。この「勾留」は最長20日間(一部の犯罪は更に5日)も身体の拘束が続くことになります。この23日の間に、警察・検察は被疑者を有罪にするために必要な証拠を集めて起訴(被疑者を刑事裁判にかけること)を目指すことになります。証拠には被疑者の自白も含まれるため、特に身に覚えがないとして否認している被疑者に対しては自白をとるために厳しい取調べが行われることがあります。厳しい取調べに根負けして一度でも虚偽の自白をしてしまうと、後に裁判でそれを覆すことは非常に困難なのが現状です。間違った自白をとられないようにするためには少しでも早い弁護人の選任により適切な助言を受けることが非常に有益です。
 また、否認している被疑者は犯罪の証拠を隠そうとしているのだと疑われて弁護士以外との面会を一切受け付けてもらえない「接見禁止」という措置がとられることもあります。ただでさえ突然の逮捕に動揺している被疑者にとって、家族との交流も一切行うことができないという極限状態の中で毎日厳しい取調を受けるということは普通の神経では到底耐えられないことでしょう。
 このようなときに、被疑者を励まし、家族との架け橋になってあげられるのは弁護士だけなのです。たとえ「接見禁止」が付けられていたとしても、弁護人であれば被疑者と二人きりで面会を行うことができ、家族からの励ましの言葉を届けたり、家族の様子を伝えることができます。
 被疑者本人が弁護人を選任できるのは当然ですが、配偶者や兄弟姉妹、直系の親族等も弁護人を選任することができます。あってはならないことですが、身近な人が突然逮捕されてしまったような場合には当事務所にご相談下さい。

 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 城昌志 (広島弁護士会所属)


↓↓↓ 弁護士 城昌志プロフィールはコチラ
http://www.hiroshima-kigyo.com/150/#14

↓↓↓ 事務所サイトの刑事ページはコチラ
http://www.law-yamashita.com/130/


■弁護士コラムバックナンバー
・vol.11 「日常生活におけるトラブル(交通事故)」 上土井幸始 2011.11.4
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3374/
・vol.10 「ペットのトラブル」 山本淳哲 2011.10.21
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3258/
・vol.9 「遺産相続でもめないために」 齋村美由紀 2011.10.7
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3174/
・vol.8 「働いた分ちゃんと給料は払われているの」 西丸洋平 2011.9.22
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/3018/
・vol.7 「離婚に伴う養育費の問題」 片島由賀 2011.9.9
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2881/
・vol.6 「刑事裁判に被害者の参加や意見陳述を認める被害者参加制度」 加藤泰 2011.8.26
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2730/
・vol.5 「インターネット上で名誉を毀損されたら・・・」 笠原輔 2011.8.12
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2592/
・vol.4 「不貞行為と離婚理由」 山口卓 2011.7.29
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2447/
・vol.3 「不動産の二重譲渡と登記」 稲垣洋之 2011.7.15
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2325/
・vol.2 「不動産賃貸借トラブル」 柴橋修 2011.7.1
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2209
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2051

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの「砂浴に挑戦 」ほか
イメージ

 砂浴に挑戦  先の土曜日(9月10日)、砂浴という健康法があるというので、知人が持っている東広島市安芸津の...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ