コラム

 公開日: 2011-09-30  最終更新日: 2014-07-04

弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 10』「貸借契約」

広島 企業法務 顧問弁護士


契約の種類とその効果(4)


貸借契約

貸借契約とは,物の使用価値を一時的に相手方に委譲する契約で,消費貸借・使用貸借・賃貸借の3種類の典型契約があります。
消費貸借とは,借主は目的物の所有権を取得し,これを消費したうえで,同種・同等・同量の別の物を返還する契約です。
使用貸借・賃貸借とは,目的物の所有権が貸主に保留され,借主は目的物を処分しないで借りた物を返還する契約ですが,無償のものが使用貸借,有償のものが賃貸借です。

消費貸借

もっとも普通のものは金銭の消費貸借です。

利息。
借主の利息支払義務は特約によって生じます。ただし,商人間の金銭消費貸借は当然に利息付きとなります。利息は数値の約定がなければ,民事5%,商事6%となります。
貸金の返還時期の定めがない場合には,貸主はいつでも,相当の期間を定めて返還の催告をすることができます。借主はいつでも,返還することができます。

貸す場合の注意点

①当然のことながら,借主が返済できるかどうか,その信用状態を確かめなければなりません。
②後で争いにならないように,必ず書面化すべきです。金額,利息,遅延損害金,返済期限,期限の利益喪失約款(分割支払のとき)など,明記するべきです。
③担保や保証人など,返済確実化の手段を講ずべきでしょう。


準消費貸借

当事者間に売買代金等の金銭債権があるときに,これを貸金に切り替える契約です。メリットは次の4点です。
①新たに利息を決めることができます。当事者の同意があれば,当初の利息より高い利息を決めることもできます。
②新たに連帯保証人を付け,また,物的担保を付けることもできます。
③時効を延長できます。すなわち,売買であれば代金請求権の時効は2年と短いのですが,これを貸金契約に切り替えれば,5年(商事債権)か10年(民事債権)に延長できます。
④切り替える際に,公正証書を作成することができます。公正証書は公証役場にて公証人が作成する公文書です。公正証書には高い証明力がある他,執行認諾文言(債務不履行の場合直ちに強制執行に服する旨の記載)があれば,裁判所の判決無しに強制執行ができます。

次回,10月14日には「使用貸借契約と賃貸借契約」について説明します。

◆広島で企業法務の事なら山下江法律事務所へご相談ください。
 相談予約専用フリーダイヤル 0120-783409(なやみよまるく)
企業法務専用サイトあります↓↓↓
 http://www.hiroshima-kigyo.com/


弁護士・江さんの『企業法務基礎講座』バックナンバー

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 9』
「売買契約について」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2965/

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 8』
「売買契約について」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2821/

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 7』
「なぜ,契約の種類の検討が必要か」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2641/

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 6』
「印影の種類、署名と記名押印」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2515/

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 5』
「印章の種類と意義」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2393

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 4』
「文書の種類と内容証明郵便について」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2262

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 3』
「文書作成のポイント(重要な4W)」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2149

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 2』
「契約書はなぜ必要か」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1172

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 1』
「法律は常識を文章化したもの」はコチラ↓↓↓
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1032

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

■解決事例はこちら■お客様の声はこちら

相談料

無料相談についてはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■相続問題専門サイト■離婚・男女トラブル問題専門サイト■借金・過払い専門サイト■不動産トラブ...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

「親切な相談」と「適切な解決」がモットー。「依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします」(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江法律事務所代表弁護士の山下江さんです。 山下江法律事務所は、弁護士16人・秘書23人を擁する中四国最大級の法律事務所。広島本部に加え、呉...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.176 「近所間の騒音トラブル」 久井 春樹
イメージ

 近所間の騒音トラブル 1 昨今、騒音をめぐってご近所同士でトラブルになるケースが散見されます。言う...

[ 弁護士コラム/いろいろ ]

広島の弁護士・江さんの「とうかさん(6月1,2、3日)に今年も協賛」ほか
イメージ

 とうかさん(6月1,2、3日)に今年も協賛 もう少しで、広島に夏の到来をつげる「とうかさん」(浴衣祭り)...

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「浮気は結婚前と結婚後とでは違うのか」
イメージ

2018/5/21(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「ネパール小中学校のトイレ修繕工事@広島北RC 」ほか
イメージ

 ネパール小中学校のトイレ修繕工事@広島北RC  5月17日(木)の広島北ロータリークラブ例会では、国際...

[ 代表/山下江のブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「広島本部の受付をリニューアル☆」
イメージ

このたび山下江法律事務所の広島本部の受付をリニューアルしました☆エレベーターを降りて事務所の扉を開けて中に...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ