コラム

 公開日: 2011-07-15  最終更新日: 2014-07-04

弁護士コラムvol.3 「不動産の二重譲渡と登記」 稲垣洋之

山下江法律事務所 弁護士 稲垣洋之
 山下江法律事務所の稲垣です。
 突然ですが,問題です。
 Aさんは,自分の所有する土地をBさんに売却し,Bさんは,Aさんに代金1000万円を支払いました。ところが,その後Aさんは同じ土地をCさんにも1000万円で売却し,土地の所有権登記をCさんに移転してしまいました。
 さて,この場合,その土地の所有権は誰が取得することになるでしょうか。①先に契約をして代金を支払ったBさんか,②契約をしたのは後でも所有権移転登記を受けたCさんか,はたまた③BさんでもCさんでもなくAさんのままか・・・。

 民法177条には次のように定められています。
 「不動産に関する物権の得喪及び変更は,不動産登記法(中略)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ,第三者に対抗することができない。」
 不動産に関する権利の変動については登記を対抗要件とする,つまり,不動産に関して,所有権などの権利を得たり,変更したりした場合,その登記をしておかなければ,第三者には対抗(=主張)できない,ということです。
 これを上記のケースにあてはめると,Bさんは,代金を支払ったものの登記手続をしていないため,土地の所有権をCさんに主張できないことになり,反対にCさんは登記を得ているため,土地の所有権をBさんに主張できることになります。したがって,問題の答えとしては②が正解です。
 ただし,民法177条の「第三者」の意味については,判例上「登記の欠缺を主張する正当な利益を有する者」に限られるという基準が確立されています。
 たとえば,Cさんが,AさんとBさんとの売買契約のことを知っていながら,登記移転が済んでいないことに乗じて,Bさんに高値で売りつける目的でAさんから土地を買い受けて登記を得たとします。このような場合,Cさんには「Bさんに登記がないことを主張する正当な利益がない」として「第三者」に当たらず,Bさんは登記なくしてCさんに土地の所有権を主張することができる可能性があります。

 実際の不動産売買では,契約と同時に登記移転手続もなされることが多いでしょうから,上記のようなケースは少ないと思われますが,不動産取引や登記に関してトラブルになった場合,トラブルになりそうな場合には,まずは当事務所にご相談ください。

 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 稲垣洋之 (広島弁護士会所属)
 

↓↓↓ 弁護士 稲垣洋之のプロフィールはコチラ
http://www.hiroshima-kigyo.com/150/#4

↓↓↓ 山下江法律事務所HP 不動産に関する情報はコチラ
http://www.law-yamashita.com/120/


■弁護士コラムバックナンバー
・vol.2 「不動産賃貸借トラブル」 柴橋修 2011.7.1
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2209
・vol.1 「相続」 副所長 田中伸 2011.6.17
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2051

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.139 「訴えたい相手が認知症の場合は?」 柴橋 修
イメージ

 訴えたい相手が認知症の場合は?  例えば,お金をある人に貸していたが返してくれないので,この人に対し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの『「トナカイ」ならぬ「トナ改バイク」 』ほか
イメージ

 「トナカイ」ならぬ「トナ改バイク」  街のあちこちでクリスマスの雰囲気が広がっている。クリスマスといえ...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「相続税対策だけが相続対策ではない理由」ほか
イメージ

 相続税対策だけが相続対策ではない理由 さて、今日のお話。相続対策って、特に相続税対策が必要な方は熱心...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「カープ優勝で拒否しているのに胴上げされた」
イメージ

2016/12/5(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの『「karoshi」が国際共通語に。不名誉! 』ほか
イメージ

 「karoshi」が国際共通語に。不名誉!  11月29日付け中国新聞セレクト版によると、大変不名誉なこ...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ