コラム

 公開日: 2011-07-08  最終更新日: 2014-07-04

弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 4』「文書の種類と内容証明郵便について」

広島 弁護士 顧問


文書の種類
「注文書」・「注文請書」
 日常の取引では,契約書を作成しないこともあり,その代わりに,これらで契約書の代わりとすることがあります。注文請書は,注文書の写しの末尾に「上記注文を承諾しました」の文言を付加すれば足ります。
上記事案の例で,Y社が注文請書を出さない場合には,注文書の写しに相手方の署名だけでももらっておくべきです。注文書の存在だけでは相手方がそれを了解したことを立証することが困難な場合もあるからです。
「請求書」「催告書」「内容証明郵便」
 請求書には原則「いつまでに」(支払期限)を記載すべきです。相手方が支払わなかった(履行しなかった)場合には,その履行を催促する催告書を送付します。それでも支払(履行)がなかったときには,配達証明付内容証明郵便を送付すべきでしょう。相手方の態度如何では,請求書からいきなり内容証明郵便ということもあります。

内容証明郵便について
 様式が決まっております。A4版横書きのときは,1行26字以内,20行以内です。句読点やハイフンはすべて1字に数えます。2枚以上になるときは,契印を押し,同じものを3通作成し,封筒を1通持参して,郵便局で手続きをしてください。
用紙は文具店に売っており自分でもできますが,弁護士に依頼することも出来ます。弁護士名が入る場合と入らない場合で弁護士手数料が異なるのが普通です。弁護士名が入った場合は,もし相手方が履行しなかった場合は弁護士を代理人として法的手続きが取られることが多いことから,相手方は内容証明郵便を読んで履行することも結構あります。
「報告書」
業務に関する報告書は,後日争いになったときに,重要な証拠となる場合があります。
その他「委任状」「領収書」などの文書があります。

 次回,7月22日には「印章の種類と意義」について説明します。

◆広島で企業法務の事なら山下江法律事務所へご相談ください。
 相談予約専用フリーダイヤル 0120-783409(なやみよまるく)
企業法務専用サイトあります↓↓↓
 http://www.hiroshima-kigyo.com/


弁護士・江さんの『企業法務基礎講座』バックナンバー

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 1』
「法律は常識を文章化したもの」はコチラ↓↓↓
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1032

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 2』
「契約書はなぜ必要か」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1172

・弁護士・江さんの『企業法務基礎講座 3』
「文書作成のポイント(重要な4W)」はコチラ↓↓↓
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/2149

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.139 「訴えたい相手が認知症の場合は?」 柴橋 修
イメージ

 訴えたい相手が認知症の場合は?  例えば,お金をある人に貸していたが返してくれないので,この人に対し...

[ 弁護士コラム ]

広島の弁護士・江さんの『「トナカイ」ならぬ「トナ改バイク」 』ほか
イメージ

 「トナカイ」ならぬ「トナ改バイク」  街のあちこちでクリスマスの雰囲気が広がっている。クリスマスといえ...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「相続税対策だけが相続対策ではない理由」ほか
イメージ

 相続税対策だけが相続対策ではない理由 さて、今日のお話。相続対策って、特に相続税対策が必要な方は熱心...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「カープ優勝で拒否しているのに胴上げされた」
イメージ

2016/12/5(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの『「karoshi」が国際共通語に。不名誉! 』ほか
イメージ

 「karoshi」が国際共通語に。不名誉!  11月29日付け中国新聞セレクト版によると、大変不名誉なこ...

[ ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ