コラム

 公開日: 2011-04-26  最終更新日: 2014-07-04

弁護士・江さんの何でも法律相談「子どもがいない夫婦の相続はどうなるの?」

■2011/4/25(月)15:30頃~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。
今回のテーマは、
「子どもがいない夫婦の相続はどうなるの?」について
FMちゅーピー「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」

■子どもがいない夫婦の相続はどうなるの?
相談者 81歳/男性

Q:私には60歳になる妻がいるのみで、子どもはいません。
 兄弟は7人いましたが、みんな亡くなっており、その子どもたちが合計18人います。
 財産は、約4000万円程度の私名義の自宅があるのみですが、妻に残すために、今から何かしておくべきでしょうか?

A:まず、前提として、相続人は誰になるかの一般的な原則・順番を確認しておきましょう。

 誰が相続人になるかは2つの系列があります。
 1つめの系列は、配偶者であり、これは常に1番目の相続人です。
 2つめの系列は、子でありこれが1番目。子がいなければ、その方の親、これが2番目、そして、親もすでに死亡していればその方の兄弟姉妹、これが3番目という順番になります。

 なお、子どもについては、死亡していればさらにその子ども(孫)が相続人となります。これを代襲相続といいます。
 さらにその孫も死亡していれば、さらにその子(ひ孫)が相続人となります。これを再代襲相続といいます。
 また、兄弟姉妹については、その兄弟姉妹がすでに死亡していれば、その子ども(甥、姪)が相続人となります。兄弟姉妹については、代襲相続のみで再代襲相続はありません。

 ちなみに、それぞれの場合の相続分は、
 相続人が、配偶者と子どもの場合、2分の1ずつ、
 相続人が、配偶者と親の場合は、配偶者3分の2、親3分の1、
 相続人が、配偶者と兄弟姉妹の場合は、配偶者4分の3、兄弟4分の1、
 となります。

Q:権利を持っている人たちそれぞれに順番があって、なおかつそれぞれの立場によって割合も変わってくるんですね。

A:そうなんです。
 今回の場合は、奥さんと、兄弟姉妹の子どもですよね。
 1つめの系列として、奥さん。
 そして2つめの系列として、兄弟姉妹が亡くなられているので、代襲相続により兄弟姉妹の子どもになります。
 今回この方が何もしないで奥さんより先に死亡した場合には、奥様が4分の3を、そして兄弟姉妹の子どもたち18人が4分の1を取得することになります。

 4000万の財産的価値のある自宅、これしか財産がないわけですから、その兄弟姉妹の子ども18人が自分たちの相続分を主張すると、その4分の1である1000万円ものお金を、兄弟姉妹の子どもに支払わなくてはならなくなる可能性があります。

Q:では、4000万の自宅を売って現金にして、ほかの相続人のために1000万円つくらないといけない・・・それは困りますね。
 奥様にすべてを取得させるという手段はないのでしょうか?

A:やはり遺言書を作成することでしょうね。
 遺言書には実はいろいろ種類があり、大きく分けて、普通方式と特別方式があります。
 特別方式というのは、あまり使いませんので、普通方式について、説明します。

 普通方式には3種類の遺言があります。
 一般的によく使われるのは自筆証書遺言と公正証書遺言です。
 それと秘密証書遺言というものがありますが、時間がないためここでの説明はしません。

Q:ではまず「自筆証書遺言」についてお願いします。

A:自筆証書遺言とは、遺言する人が遺言書の全文、日付及び氏名を自書し、これに押印することによって、成立するものです。遺言書を書くのはややこしいから誰かに書いてもらうのでは成立しません。すべて自書でなければ、有効とはなりません。

 もう1つよく使われるのが公正証書遺言ですね。
 これはまず2人以上の証人の立ち会いが必要です。そして遺言者が公証人に遺言の趣旨を口授し、公証人がこれを筆記して、遺言者および証人に読み聞かせ、遺言者および証人が筆記の正確なことを承認した後、各自署名押印し、公証人が方式に従って作成された旨を付記して、署名押印する方式です。
 非常に正確な厳しい形式をとってつくられたものです。

Q:公正証書遺言を利用される方が多いのでしょうか。

A:どちらが多いかはわかりませんが、やはりお勧めは、公正証書遺言です。

Q:この方が、4000万の自宅を全て奥様に渡したいという遺言を残したい場合、どこに行って、どのくらいの費用がかかるのか教えてもらえますか。

A:公正証書遺言は、公証人役場で作成します。
 自筆証書遺言の場合は、滅失や偽造のおそれもあり、公正証書遺言に比べて,後に争いになる可能性が高いし、遺言者死亡後に家庭裁判所に対して、検認という手続きをする必要があります。
公正証書遺言は,公証人役場で作成するので若干の費用はかかりますが,一番安心できるものです。
 広島の場合は、中区中町に旧日本銀行の南側の建物の中に公証人役場があります。
本件のような4000万円程度のものであれば、費用は5~6万円くらいだとは思いますが、正確な金額は公証人役場に問い合わせていただければよいと思います。

Q:遺言書はどのように書けばよいのでしょうか?

A:この場合は、「該当する不動産を妻に取得させる」あるいは「すべての財産を妻に取得させる」と書いておけば良いです。

Q:ところで、先週の話にでてきました、相続人が一定の権利を主張できる「遺留分」というものがありましたよね?
 18人の兄弟姉妹の子どもたちが、ここで権利を主張してくる、ということも考えられませんか?

A:兄弟姉妹の子どもたちは相続人になる立場ではありますが、兄弟姉妹の子どもたちには、遺留分がありません。
 ですから、兄弟姉妹の子どもたちが遺留分請求権を行使してくる可能性はありませんので、その心配はないということになります。


■次回のテーマ
「夫への残業代が支払われておらず、不満です」について
2011/5/2(月)15:30頃~ FMちゅーピー(76.6MHz)


■バックナンバー
・「放蕩息子に相続させたくない」 2011/4/18OA
 http://mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1457
・「家業手伝いと療養看護…相続はどうなる」 2011/4/11OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1397
・「内縁の妻は相続できる?」 2011/4/4OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1308
・「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1205
・「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1170
・「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1211
・「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1213
・「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
 http://pro.mbp-hiroshima.com/law-yamashita/column/1229

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「カープ優勝で拒否しているのに胴上げされた」
イメージ

2016/12/5(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの『「karoshi」が国際共通語に。不名誉! 』ほか
イメージ

 「karoshi」が国際共通語に。不名誉!  11月29日付け中国新聞セレクト版によると、大変不名誉なこ...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「空き家、相続・贈与税対策 無料セミナー」
イメージ

専門家が教える<不動産>のアレコレが満載!マエダハウジング不動産と山下江法律事務所が共同開催する、今年...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの『「卍(まんじ)じゃね」 ?!?!』ほか
イメージ

 「卍(まんじ)じゃね」 ?!?! 昨日(30日)朝の「めざましテレビ」(フジテレビ)で、女子高生流行語...

[ ブログ ]

相続アドバイザーの「平成27事務年度における相続税の調査の状況」ほか
イメージ

 弾丸トラベル国内篇 こんにちは。相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です。先週末は、大移動...

[ 相続アドバイザー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ